菅官房長官「いちいちコメントしない」 韓国の文大統領「未来志向」発言に(産経新聞)
 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、韓国の文在寅大統領が、いわゆる徴用工問題など日韓の歴史問題を経済など他の分野と切り離し、未来志向の協力を呼び掛けたことについて「発言の一つ一つに政府としてコメントすることは控えたい」と述べた。
(引用ここまで)

 昨日のムン・ジェインによる「日本とは未来志向的な協力をすべきだ」とかいう薄ら甘いちょっとおかしいコメントに対する菅官房長官の定期記者会見でのコメント。
 ニコニコ生放送の中継では14分45秒くらいから。



 「大統領が韓国内記者向けに話した発言ののひとつひとつに政府としてコメントすることは控えたい」とのこと。
 それ以外はこれまでのコピペですね。

 どうしたって現在のところ、ボールは韓国側にある。
 一ヶ月以上、韓国側が持ち続けてますけども。
 ボールを持っているというか、持て余しているというか。
 持ったまま何をすればいいのか理解できていないというか。

 日本側としては正式な対応策をすぐにでも持ってこいとしか言いようがないのですよね。
 それ以外に執れる手段と言っても年内に持ってこなかったら国際司法裁判所への単独提訴か、日韓基本条約に基づく紛争解決のための協議を開始するって話をリークするくらいのものでしょう。
 伝えるほうとしてもミリほども動きがないのでなんともしづらいのですよね。
 そんな中、昨日のムン・ジェインのコメントはなかなかのヒット作ではありましたけども。