韓国外交部 日本の「対抗措置」言及に失望=強制徴用判決で(聯合ニュース)
韓国大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された被害者らへの賠償を日本企業に命じた判決に日本側が反発していることについて、外交部当局者は4日、記者団に対し「日本側が韓日関係を重視するのであれば、責任ある姿勢として歴史問題に対して誠意を持って臨むことを期待する」とし、「日本側が、今回の事案を法的な問題とみなし、過去に両国間にあったが不幸な歴史に起因する問題に対して目を閉じてはならない」と指摘した。

 その上で、「特に日本側は今回の事案を過去の歴史問題から抜け出すための好機と考えてはならない」と強調した。

 また「法的問題はともかく、根本的に韓日関係は法だけでは解決できない道徳的、歴史的背景があるにもかかわらず、日本側が法的に全て終わったことであり責任を負うことではないというふうに問題の根源を度外視する態度をみせるのは両国関係にとって決して望ましくない」と批判した。 (中略)

 日本が対抗措置に言及したとする報道については、事実であれば、日本側に自制を促してきた韓国政府としては失望を禁じえないとし、「わが政府としても必要な場合、対抗措置に出るしかないという点を日本側が認識する必要がある」との見解を明らかにした。
(引用ここまで・太字引用者)

 前にもちらっと書きましたが、こうして「外交部当局者」という書きかたである場合、それなりに高い地位にある官僚によるコメントである場合がほとんど。
 下っ端の有象無象ではなく、次官級。そうでなければ報道官。まあ、どっちにしてもそれなりの地位にある人物であることは間違いありません。
 で、その「当局者」が今回の判決について「法律問題ではない」と断言。
 ……あれだな。
 ミルコとハルパゴスとポルナレフが軍隊でやってきてる感じだな。一個旅団くらいの規模で。
 言ってみれば日本は別のフィールドで戦っているのだと宣言されたってところですか。

 でも、そんなこた国際関係の中では考慮されないのですよね。
 かつての二国間関係がどうであったとか、そういった話をなくしたのが日韓基本条約であったはず。
 韓国はそれを守るつもりがないというのであれば、もう国際司法裁判所に出てきてもらうしかないのですよ。
 大勲位こと中曽根康弘あたりが現役の時、あるいは元老的な存在として充分な影響力を持っていたころまでであれば、こんな「道徳的問題、歴史問題である」という話に耳を傾けていたのでしょうけども。
 もはや、現在の日本はそうではない。

 「道徳的問題、歴史問題である」なんていう話が通用するのであれば、そもそも対抗措置に言及することすらありませんわ。
 第2次安倍政権成立以降、じわじわと韓国を切り離し続けてきた成果がついに出つつある、ということですね。
 基本的価値観を共有→重要な隣国適切にマネージすることが必要な相手と変遷してきましたが、それ以下の相手に成り下がったということなのです。

サイコパスの真実 (ちくま新書)
原田隆之
筑摩書房
2018/4/10