韓国高速鉄道KTXが脱線、乗客7人けが(朝鮮日報)

 KTX江陵線が脱線事故を起こしました。
 KTX江陵線ということは、今年の平昌オリンピックのために敷設された新規路線。
 最高時速は250kmに制限されているあの路線ですね。試運転でATSが作動せずに死亡事故を起こしたアレです。
 ざっくり見てみると機関車である先頭車両は完全に脱線して上下線をふさいでいます。
 ニュース動画がありましたのでどうぞ。


 乗客198名のうち、14名が負傷。幸いなことに死者はなし。
 KTX山川(KTX-II)なので定員は363名。およそ半数が乗車していたということですね。
 江陵からソウルに向かう途中での事故ということなので、この週末にソウルに遊びに向かう人なんかがけっこう多く乗っていたという感じでしょうか。

 江陵線の試運転の事故の時に「明らかに突貫工事が過ぎる。ひとつひとつなら見逃せる危険性でも重なると指数関数的に事故の確率が上昇するので平昌オリンピックにはいかない」という話をしました。
 まあ……残念なことにその指摘が的中したように思えますね。

 2011年2013年2016年の脱線事故に続いて4回目の脱線事故。構造的になんらかの問題があるのは間違いないでしょ、これ。