アメリカでヒュンダイ・キア自動車に対して集団訴訟... 「エンジンの欠陥で車火災の危険性」(聯合ニュース・朝鮮語)
米国でヒュンダイ・キア自動車のオーナーが複数車種のエンジン故障で深刻な火災の危険にさらされたと集団訴訟を出した。dpa通信が14日(現地時間)法律事務所ヘイガンズバーマンを引用して報道した。

これらの訴状の中で「現代と起亜は、カスタマーに対してエンジンの欠陥を積極的に知らせなかっただけではなく、その欠陥が重大な安全上のリスクを持っているという点を明らかにしなかった」と主張した。

ヒュンダイ自動車の広報担当者は、コメントの前にまずこのような疑惑を調べてみると述べており、キア自動車側は dpaのコメント要求にすぐに応答しなかった。

去る10月、米国の非営利消費者団体である自動車安全センター( CAS・ Center for Auto Safety)は、過去4ヶ月間に渡ってほぼ一日一件の割合でヒュンダイ・キア自動車が衝突していない状態からの火災報告があったとし、車両290万台への即時リコールが必要であると促していた。

これに関連車種は2011〜2014年式起亜ソレントとオプティマ、現代自動車のソナタとサンタフェ、2010〜2015年式起亜ソウルだ。
(引用ここまで)

 今年の10月にヒュンダイ・キア自動車のアメリカ支社におけるCEOが上院委員会の査問に召喚されている、というニュースがありました。
 なぜかこれはキャンセルになっています。
 予定は11月14日だったのですが、行われた形跡がないのでキャンセルになったのでしょう。
 車体炎上の件について上院で問い詰められると思っていたのですが拍子抜け。
 なにしろ確認されているだけで車体炎上は220件、電装系から煙が出る事故が200件以上起きているとのことでしたからね。

 その後、先月後半には連邦地検が「適切なリコールが行われたか否かの調査中である」というニュースがちらっと出ました。

米連邦地検、現代・起亜のリコールを調査=関係筋(ロイター)

 それ以降、まったく動きはありませんでした。
 で、昨日になっていきなり「じゃあ、集団訴訟な」ということで訴えられたとのこと。
 そもそも、上院の査問調査も記事中にある消費者団体からの訴えがあったために行われるというものでした。
 それをキャンセルしたので一足飛びに集団訴訟ということになったのでしょう。
 290万台規模のリコール+続出する車両火災、か。
 日本にはヒュンダイ自動車はほとんど入っていないので状況は把握できませんが、ちょっとアメリカ「hyundai catch fire」というくらいのフレーズで検索するとけっこうな量のニュース等を見ることができます。
 とりあえずABCニュースでもどうぞ。英語が聞き取れなくても映像だけでどうなっているのかが分かると思います。



 毎日1台がこうして燃えているとのこと。
 ……まあ、集団訴訟出るわな。

炎上上等 (扶桑社BOOKS新書)
高須克弥
扶桑社
2018/2/28