米豪尼比は好印象、しかし韓国は嫌悪…諸外国の日本への印象をさぐる(Yahoo!ニュース)
Despite Rising Economic Confidence, Japanese See Best Days Behind Them and Say Children Face a Bleak Future(Pew Research Center・英語)
 Pew Research Centerは楽韓Webでも何度か取り上げている調査会社。
 今回は日本人に対するさまざまな聞き取り調査をしているのです。けっこう面白い数字がいろいろと出てますね。
 その中でも海外からの日本への視線と、日本から海外への視線を記事として取り上げたのがYahoo!ニュースのそれ。

 今回はフィリピン、オーストラリア、アメリカ、インドネシア、そして韓国の5カ国に日本に対する印象と、それとは別に中国に対する印象を尋ねてます(元記事5ページ目)。  日本に対する印象はフィリピン、オーストラリア、アメリカ、インドネシアではほとんどが良好といっていいものになっています。
 「強い好印象+好印象」がどの国でも68%以上。一方で「強い悪印象+悪印象」は16%以下。

・フィリピン   好印象 83% 悪印象 11% その他・無回答 6%
・オーストラリア 好印象 81% 悪印象 11% その他・無回答 9%
・アメリカ    好印象 68% 悪印象 16% その他・無回答 16%
・インドネシア  好印象 68% 悪印象 16% その他・無回答 16%


 韓国は「強い好印象+好印象」が35%。「強い悪印象+悪印象」が63%となっています。
 他の4カ国とは完全に真逆。
 オマケに「その他・無回答」も5%だけ。「日本に対する印象」というものが強くあることが分かります。

 BBC POLLでも同じような傾向が出てますが、日本への視点は韓国・中国だけが異常なのですよ。
 こういう数値を見せると「日本の真実を知っているのが韓国だけだからだ」という斜め上からの返答が来て唖然としたりするのですけどね。