「韓国の青年に人気」北は宣伝するが…韓国の20代「金正恩に好感持てない」71%(中央日報)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に対する好感度が2回目の南北首脳会談直後の5月末より7ポイント下落した。

特に20代の場合、金委員長に対する好感度が13%となり年齢別で最も低かった。

14日に発表された韓国ギャラップの世論調査結果で、全回答者1003人のうち24%(95%信頼水準に標本誤差±3.1ポイント)が金委員長に「好感を持てる」と答えた。

金委員長の好感度は3月の調査では10%にすぎなかったが、南北首脳のサプライズ会談があった5月末には31%まで上がった。

金委員長に「好感を持てない」と答えた割合も59%で5月の調査より4ポイント上昇した。

年齢別では20代で非好感が71%と最も高く、50代が63%、30代が56%、40代と60代以上が55%の順となった。
(引用ここまで)

 5月の歴史的な南北会談のあとには「キム・ジョンウンに好感を持てる」とした韓国人が31%にまで上昇したのですね。
 この数字、韓国の保守派にはかなりのショックを与えたという話です。
 その後、人気を当てこんで公共放送の子会社がキム・ジョンウングッズを販売しようとして糾弾されるなんてこともありましたっけ。

金正恩氏グッズ販売中止に 韓国「美化し過ぎ」と批判(産経新聞)

 けっきょく、販売中止になって子会社、親会社ともに社長が辞任に追いこまれたとのこと。

 この不人気化、北朝鮮が口だけ非核化に対応していない云々とかそういう話ではないのですね。
 単純に南北融和を推し進めようとするムン・ジェインへの支持率が低下していることが主因。

 20代からの好感度が特に落ちこんでいるのは、経済的な問題も大きいのでしょうね。

 ムン・ジェインはキム・ジョンウンを「若く礼儀正しい、誠実な指導者だ」というように演出し、なんとかして北朝鮮を「普通の国」であるかのように見せようとしているのですが。
 南北会談のどさくさで上昇させた支持率とともに、キム・ジョンウンの好感度も下落。
 経済政策の失敗がこんな風に外交にも影響してしまうのだから、政治というのは難しいものです。