【主張】訪韓団「産経拒否」 一体何をしに行ったのか(産経新聞)
 日韓議連と韓日議連が14日にソウルの韓国国会で開いた合同総会の閉会式と記者会見について、本紙政治部記者の取材が許可されなかった。産経記者に手続き上の瑕疵(かし)があったためだという。

 到底、納得できない説明である。日韓議連側は7日に同行取材の募集を締め切ったというが、そもそも議連側は同行取材を募っていなかった。総会開催を日本の報道機関に告知したのも11日だ。

 産経ソウル支局長の取材は許されたが、これは言い訳にはならない。むしろ記者を露骨に選別する報道規制である。政治部記者に取材されると不都合なことがあったと思われても仕方あるまい。

 日韓関係は、いわゆる徴用工問題など韓国の執拗(しつよう)な反日姿勢で冷え込んでいる。だが、報道の自由をないがしろにしてまで訪韓する必要はあったのか。これでは日韓議連の存在意義が問われよう。 (中略)

 言うべきことを言えない国との友好はあり得ない。逆に、相手に誤ったメッセージを与えることを厳しく認識すべきである。
(引用ここまで)

 うわー……。
 韓国に一番厳しい話をするのが、産経新聞であるのは間違いないところ。
 つまり、日韓議員連盟が韓国側に対して突っこんだ議論ができなかった場合、もっとも厳しい意見を書くのは産経新聞であろうということが目に見えている。
 すでに「存在意義はあるのだろうか」ということも書かれてますしね。

 個人的にはパイプとして存在していてもよいとは思いますが。
 如何せん大所帯すぎるし、かつ自民党から共産党まで含めた超党派であることから党の姿勢によっては一貫した態度をとることもできない。
 ましてや本当に韓国のためになる諫言を出すこともできない。
 むしろ現状では日韓議員連盟はパイプとしての存在よりも、日韓関係をまともに構築することの邪魔にしかなっていない。

 今回、韓国のためを思うのであればむしろ強い意見を浴びせかけたほうがいい。
 それすらできずに「日韓友好」とか甘っちょろいのですよね。