「韓半島ドライバー」ムン大統領……乗客はなぜ下車したのか(デイリーアン・朝鮮語)
今年初めムン・ジェイン大統領は、韓半島の非核化の局面で積極的な仲裁の役割を担って非核化を牽引するという「韓半島運転論」を打ち出した。

平昌冬季オリンピックと南北首脳会談を足場に成功した、シンガポールにおける北米サミットは朝鮮半島運転論に力を与えることもした。

しかし、米朝対話の停滞が半年ほど持続し、政府の仲裁の役割の懐疑論が浮上している。

北朝鮮と国際社会の相互不信が根強い状況で、政府は、バランスのとれた仲裁により両方の誤解を減らしていかねばならなかったが、北側に偏向した態度を相次いで見せて「仲介」としての信頼を失ったという指摘が提起される。

国際社会が北米核交渉で韓国の仲裁の役割に期待をかけないようにされた兆候はあちこちで捕捉された。日本の産経新聞は、昨年10月「文政権は北朝鮮のスポークスマンなのか」というタイトルの論評で「北米会談の仲裁役を自任したムン大統領は南北首脳会談を経て、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長の保護者の役割により集まっている」と批判した。

また、米国ブルームバーグ通信は「ムン大統領が国連でキム・ジョンウンのシニアスポークスマンとなった」は、タイトルの記事で、「ムン大統領は国際社会の懐疑を狙って北朝鮮が本当に核兵器を放棄しようとしていると確信を植えこもうとする」と批判した。仲裁外交を標榜した韓国政府の期待外の行動に少なからぬ寂しさがにじみ出てくる部分である。
(引用ここまで)

 今年も残すところあと10日。
 年末になったということもあって、今年のムン・ジェイン政権による外交、経済等の政策を総ざらいしてみようという企画がいくつか出ています。
 こちらの記事は対北外交のそれ。

 平昌冬季オリンピックをきっかけに一気に南北融和が進んで、4月には11年ぶりの南北首脳会談が行われ、さらに6月の米朝首脳会談が行われることを主導した。
 この頃のムン・ジェインはまさに「朝鮮半島事態の運転手は韓国だ」というものにふさわしい働きをしていましたね。
 まあ、それでもそれは早晩、行き詰まることは目に見えていたのですが。

 で、今年の後半は延々と対米で「制裁緩和を」と叫び続けることしかしていない。
 ヨーロッパに行っても「制裁緩和を」と叫んで「いや、非核化が先でしょ」ってにべもなく断られる。
 ASEANでも同様でした。
 「もう北朝鮮は非核化をはじめているのだから、段階的に制裁緩和をするしかない」とひとりだけ叫び続けて、中露だけがそれに乗ろうとしている。
 自由主義陣営はあくまでも「非核化が先」を譲ろうとしない。

 北朝鮮には非核化の意思がない、ということが今年を通じて理解されてしまったというべきか。
 もっとも近いはずのムン・ジェインも、北に対して「非核化を」という説得するわけでもない。
 「ムン・ジェインは北朝鮮のスポークスマンだ」と喝破されて終わり。
 見せかけの南北融和があっただけで、非核化の行動としてあったのはプンゲリの核実験施設での爆破ショーだけ。しかも、その実験施設の再稼働すら噂されている。
 けっきょく、年明けから事態はミリほども動いていない。
 「ムン・ジェインは運転席にいるけど、乗客はキム・ジョンウンも含めて誰もいない」というのが実際なのでしょうね。