有給休暇にも最低賃金適用…野党「文政権、また爆弾を投げた」(中央日報)
【社説】「初任給5000万ウォン」が最低賃金違反というコメディー=韓国(中央日報)
政府が前日に次官会議を開き、週休時間(勤務のない有給休暇)にも最低賃金を支払うべきという内容の最低賃金法施行令改正案を通過させたことに対する批判だ。改正案に基づくと、年俸5000万ウォン(約500万円)を超える大企業も最低賃金基準に達しない事態が発生し、財界が反対してきた。特に文在寅大統領が17日の経済長官会議で「最低賃金引き上げのような新しい経済政策は利害関係者の立場が調和するよう考慮して推進することが重要だ」と強調した3日後に出てきた決定であり、反発はさらに激しかった。
(引用ここまで)
現代モービスが最低賃金に達していないという理由で雇用労働部から是正の指示を受けた。一部の生産職・研究所勤労者の月の基本給が最低賃金の時給基準を満たしていなかったという。同社の最低賃金法違反は実際に給与が少なかったからではない。同社の大卒初年の年俸は5000万ウォン(約500万円)を超える。しかし基本給の750%にのぼる賞与金および成果給を除けば最低賃金基準を満たしていなかった。代表的な高年俸職場の現代モービスが最低賃金違反とはコメディーに近い。 現在、最低賃金の算入範囲には基本給・職務手当が入るが、賞与金・交通費などは含まれない。来年から最低賃金法の改正に基づくと毎月定期的に支給する賞与金は算入範囲に含まれる。しかし現代モービスは隔月で支給するため、支給方式を変えなければ来年も法を違反する。会社は賞与金を12等分して毎月支給するよう就業規則の変更に着手したが、今度は労働組合が「会社側が都合よくしている」と反対している。

こうした混乱が生じるのは、最低賃金を無理に引き上げる際に生じる問題点を十分に確認していなかったからだ。代表的な争点が有給休日を含めるかどうかだ。雇用労働部は現在、慣行的に最低賃金算定期間に週休時間を含めて現場指導をしている。今回の現代モービスの混乱も雇用労働部が週給休日と約定有給休日をすべて基準時間に含めたことで生じた。

1カ月間に平均35時間ほどの週休時間が含まれれば、それだけ企業の負担は増える。最近、最高裁は週給休日を除いて実際に働いた時間を計算すればよいという判決を出し、雇用労働部の慣行にブレーキをかけた。現場で混乱が生じると、雇用労働部は来年から週休時間を含めることを明文化する方向で最低賃金法施行令を改正すると明らかにした。
(引用ここまで)
 えーっと、ちょっと複雑な話なので「来年からは韓国の最低賃金騒動がまた大きくなる」と理解してもらえればOKです。

 かつて大法院は「定期的なボーナスは通常賃金に組み入れる」という判断を下したことがあるのです。
 まあ、企業にとってはこの「定期ボーナスは通常賃金」という判決のせいで、退職金が一気に跳ね上がるとかけっこうとんでもない状況になっていたりもするのですが。
 その一方で2年間で30%上昇するという最低賃金に対しての防御策としても働いていた一面があります。
 
 ところが、ムン・ジェイン政権は今回その「隔月定期ボーナス等を通常賃金には組み入れない(月毎のボーナスは組み入れてもOK)」「有給休暇(週休手当て)をもらっている日も最低賃金の労働時間対象である」と言い出したのですよ。
 韓国の大企業は固定給を低め、ボーナスを数百パーセントというような形で出していることが多く、ボーナスが通常賃金に組み込まれないと判断されると記事のように「年俸5000万ウォンでも最低賃金未達」という冗談のような状況になるわけです。
 で、有給休暇云々についてはなにを書いているか分からないですよね。
 えーっと、例を出しましょう。

 話を単純にするために最低賃金が1000円だとしましょうか。
 韓国では週に15時間以上働いた場合には、週1日分の賃金がもらえるというシステムになっています。
 これまでのシステムは週40時間働いて、かつ1日分の週休手当てをあわせて1週間に4万2000円もらえていたとしましょう。  でも、実働時間は40時間だから最低時給を上回っている1050円を支給しているという計算になります。
 でも、来年からは1日分の労働時間が足されて48時間労働したということになる。
 というわけで4万2000円では最低賃金を下回る875円となって、摘発対象になるというわけです。
 最近、大法院は週休手当てを実際に働いた時間だけを計算すればいいという判決を出しまして。
 司法側から最低賃金上昇を抑えるような働きかけがあったのです。

 でも、ムン・ジェイン政権は「労働者保護」を建前にそのあたりを全部無視してがんがん賃金を上げる方向に向かったわけですね。
 来年からは現場の混乱と摘発の混乱が面白いくらいに出るんじゃないかと思われます。
 そもそも韓国の賃金システムが複雑すぎるんだよな……。