韓国駆逐艦が火器レーダー照射(共同通信)
 岩屋毅防衛相は21日夜、記者会見し、韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろ、石川県・能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に対して火器管制レーダーを照射したと明らかにした。日本側は21日、不測の軍事衝突を招きかねない「極めて危険な行為」だとして韓国に強く抗議した。日韓関係の悪化は必至だ。

 岩屋氏は「極めて遺憾で、韓国側に再発防止を強く求める」と表明。日本外務省幹部は「友好国としてあり得ない。驚いている」と記者団に述べた。
(引用ここまで)

 このレーダー波照射という行為、なにがダメかというと「当方に戦闘の準備あり」という宣言も同然なのです。
 以前、海上自衛隊の艦艇が中国海軍から火器管制レーダーを照射されたことがありましたが。
 あれも同様のことで「その船はロックオンされているぞ」「誘導兵器(ミサイル)をぶち込む用意があるぞ」という宣言だったからなのですね。
 あと一歩……場合によっては半歩で戦闘行為がはじまります。

 これが韓国政府の指示によって行われたのか。
 あるいは現場の判断で行われたのか。
 そのあたりに言及が行くことになると思います。

 実際にはどちらにしろダメ、なのですけどね。
 政府の指示で行われたのであれば、韓国は疑似三角同盟の相手ではなく今日から仮想敵国です。
 現場の判断で行われたというのであれば、シビリアンコントロールが効いていない証拠。

 中国のそれはレーダー波照射に海自がどのように反応するかということをチェックするという目的だったのではないかと思われますが。
 韓国の場合はなんでしょうね……。一番考えられるのは「自衛隊とすら認識できなくて」というようなお笑い韓国軍ネタですが。