海自機に射撃レーダー照射 「追跡の目的ではない」=韓国国防部(聯合ニュース)
韓国の艦艇が20日、能登半島沖海上で射撃する際に使う火器管制レーダーを海上自衛隊のP1哨戒機に照射したことについて、韓国国防部は21日、記者団に「わが軍は正常的な作戦活動中だった。作戦活動の際にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」と明らかにした。日本側の誤解との説明だ。
(引用ここまで)

 韓国の情報筋の話として「北朝鮮の遭難船舶の探索をしていた」というものが出ています。
 あり得ない話ですね。
 火器管制レーダーと海上を捜索するレーダーでは種類も異なりますし、運用方法も異なります。
 火器管制レーダーはパラボラアンテナで目標を追尾するもの。
 言い訳をするにしても、もうちょっとうまいごまかしようがありそうなもんです。

 昨日も書いたように火器管制レーダーを照射するということは、照射した側に撃墜、撃沈の意志があるということに他なりません。
 これがどのような経緯で照射されたのか、きっちりとした説明なしでは日韓関係は破滅します。
 少なくとも中国に対する印象とほぼ同じになるでしょう。
 まあ説明があったところでさほど変わらない気もしますけどね。

 昨日書いたように韓国政府からの命令によって行動に出ていたというのであれば仮想敵国化。
 現場の暴走ならムン・ジェイン政権のシビリアンコントロールが効いていない証拠。今後も同じことが起きないと言えなくなります。
 なんでしょうね「覆水盆に返らず」っていうのはこういうことを言うのだなぁ……としみじみと感じます。