日本哨戒機接近し撮影用光学カメラ稼働 ビーム放射はせず=韓国軍(聯合ニュース)
韓国海軍の艦艇が20日、東海上で日本の海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、艦艇は遭難した北朝鮮の漁船を捜索するため、接近していた哨戒機に向けて映像撮影用の光学カメラを使用していたことが23日、わかった。光学カメラを使う際、追跡レーダー(STIR)が共に作動されるが、哨戒機にビームは照射しなかったという。

 複数の韓国軍消息筋は当時の状況について、「東海で遭難したとの通報を受けて出動した駆逐艦『広開土大王』が船舶捜索のためのマニュアル通り、航海用レーダーと射撃統制レーダーをフル稼働していた」として、「その後、日本の哨戒機が艦艇の方向に接近し、光学カメラを運用した」と説明した。

 航海用レーダーは漁船や商船、軍艦などを確認する際に用いられる。射撃統制レーダーは遠距離にある海上の物体をより正確に識別できる。韓国海軍は当時、射撃統制レーダーは対空用ではなく、対艦用のモードで運用していたと説明した。

 韓国軍の消息筋は「追跡レーダーが(光学カメラと)共に稼働されたが、ビームは照射しなかった」として、「実際に日本の哨戒機を威嚇する行為はなかったことを明確にしたい」と強調した。 (中略)

 当時、日本の哨戒機は韓国艦艇の上空を飛行するなど、むしろ「威嚇飛行」を行っていたという。韓国軍関係者は「日本の哨戒機は艦艇が捜索救助作戦を始めてからしばらく後、接近してきた」として、「艦艇の上空を飛行するなど、むしろ威嚇的だった」と伝えた。

 日本側は哨戒機の乗組員が艦艇に対し、無線で火器管制レーダーを稼働させた意図を聞いたとしているが、哨戒機は国際商船共通網を利用したという。同共通網は漁船や商船も聞ける通信網だ。韓国軍関係者は「日本の哨戒機は国際商船共通網で海洋警察を呼び出し、通信感度も極めて低かった」として、「艦艇では海洋警察を呼んでいると認識した」と述べた。
(引用ここまで)

 「光学カメラは向けたけどもレーダー波は当てていない」「日本の哨戒機が韓国艦艇の上空を飛行するなど、むしろ威嚇的だった」……か。
 なんつーか、言い訳が中国めいてきましたね。
 まあ、この記事はあくまで「韓国軍関係者によると」とか「韓国軍消息筋」という話であって、韓国政府からの公式の返答ではないのでなんともいえないところ。

 以前、安倍総理がアメリカ議会での演説を行うという報道が出たことに対して、「阻止すべきだ」とか「少なくとも反省と謝罪を表明させるべき」という言論が韓国メディアから出ていたことがあります。韓国国民の世論も「阻止しろ」というものが多かったですね。
 国会議長が阻止のために渡米して、反日議員に面会していたりもしていました。
 ただ、延々と韓国政府からの公式な反応はなかったのですよ。
 最終的には国内の世論に突き上げられる形で「歴史に反省を示すべきだ」とコメントを出さざるを得なくなったという経緯があります。
 で、安倍総理はそんな話を組み入れるわけもなく、韓国は歴史的な敗残を遂げたわけですが。あそこで外交部報道官があんなコメントを出さなければ負け幅を減らせたのですけどね。

 というわけで今回の事態でも、もっとも大事になるのは韓国の公式反応。
 局長級会議で今度のレーダー照射についてどのような返答をしてくるか。
 ただまあ、今回の「悪いのは日本だ」という話で日本側の心証は最悪になっているでしょう。
 分析を主任務とする対潜哨戒機に火器管制レーダー当てておいて何を言ってんだか、としか思えませんね。
 正直、対外関係に慎重な自衛隊がここまで激昂しているのですから、間違いないと思うのです。
 あと「日本側からのVHFでの呼びかけを韓国側は無視した」っていう証言が取れたのも大きいか。

 今回、よかった探しをするのであればなおのこと日韓関係は悪くなっていく、ということですかね。
 それも日本側が疑念を持つ形で。これまでのような「一方的、片務的」な友好はもはやあり得ないところまできている、というのはいいことです。