韓国「事実確認せずレーダー主張」 日本「再発防止を要求」(中央日報)
韓日関係が強制徴用判決に続いて韓国軍の日本哨戒機レーダー照射問題で悪化の一途をたどる中、24日に開かれた両国外交局長協議でも認識の違いを埋めることができなかった。

日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長はこの日、韓国外交部を訪問し、金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長に日本政府の遺憾の意を表明した。韓国政府も遺憾を表した。

金局長は日本側に「事実関係の明確な確認なく自分たちの主張だけをメディアに公開したことについて遺憾を表明した」と、外交部当局者は伝えた。この当局者によると、金杉局長は「韓国側の立場は聞いた。不必要な誤解がないようにうまく疎通していこう」と答えた。

金容吉局長は協議後、記者にレーダー照射問題について「わが政府の立場と把握した事実関係を詳細に日本側に説明した。国防当局を含め、両政府間に必要な意思疎通を続けることにした」と説明した。

外交部当局者は「(24日の協議で)互いに説明が異なる部分もあった」とし「その部分では必要なら両国国防当局間で今後も疎通が必要だということに共感した」と伝えた。説明が異なった部分は韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」が日本の哨戒機に火器管制レーダーのSTIR180を照射したと日本側は主張するが、韓国側は「STIR180のアンテナが動いたが、レーダーの電波は出ていない」と話している点だ。国防部は24日にも「日本哨戒機追跡目的でレーダーを運用した事実はないということをはっきりと伝える」と述べた。

金杉局長は協議後、日本の記者らに「韓国側に改めて強く遺憾の意を伝え、再発防止を要求した」と述べ、レーダーの事実関係については「技術的な問題でもあり、ここで議論するのは適切でないというのが韓国側の答弁だった」と伝えた。

外交部当局者は「(日本側は)非常に真摯な姿勢で応じた」とし「日本側からも韓日関係をうまく運営していこうという意志を十分に感じることができた」と述べた。これに関し、申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は「双方がお互いの意見の隔たりを確認し、平行線をたどったという意味」と解釈した。
(引用ここまで・太字引用者)

 今回の局長級協議でもっとも大事なのは、太字部分ですね。
 不同意の同意。
 不合意の合意。
 少なくとも二国間での戦闘行為は望んでいないという前提の下、同意できないことに同意した。
 両者の言い分に違いがあることを認識した、ということ。
 最低限、協議は続けるということですね。

 ただ、Cバンドを使うMW-08とX/Kバンドを使うSTIR-180の取り違えなんてあり得るわけがない。
 ましてやレーダー照射されたのは解析を主任務とする対潜哨戒機P-1。
 さらに自衛隊がここまで強硬な態度に出ている。
 防衛大臣が緊急記者会見を行うレベルで。
 結論は出ていると思いますけどね。

 というか、徴用工裁判やら慰安婦合意の事実上の破棄といった日韓関係が最悪に向かっている中、「最高のタイミングで横合いから殴りつける」ような真似をしてくれてどうもありがとうとしか言いようがない。
 「そろそろ最悪期も底かなぁ」とか思っていたら、まだまだ2番底3番底がありえることを教えてくれた。韓国さんすごい……。

HELLSING(8) (ヤングキングコミックス)
平野耕太
少年画報社
2006/7/26