日韓レーダー問題にまどわされるな(Yahoo!ニュース個人)
通常、このような場合には、日韓の軍事当局間で解決するのが優先されるべきではないか。だが、今回の場合には防衛省が日本のマスメディアにリークすることにより、大きな騒ぎとなった。

しかし、冷静になって欲しい。日本のメディア従事者、特にテレビメディア従事者ならば分かっているはずだ。

今回のレーダー事件が、徴用工判決問題が下火のなか、新たに表れた「格好の視聴率メーカー」であり、これをプッシュする指示が本社から出ていることに。正直に認めたらどうか。
(引用ここまで)

 ひどいコラムだなぁ……。

 「軍事当局間で解決するのが優先されるべきではないか」
 「防衛省が日本のマスメディアにリークしたから大騒ぎになっている」
 「視聴率稼ぎの一環だ」

 当局間で解決ができなかったから防衛大臣が自ら「記者会見」を開いて情報を開示したんだよ。
   リークっていうのは「情報漏れ」だろうに。どこがスクープしたったんだろ。
 先日の報道にあったように「一言謝れば済んでいた話」なのに、韓国側がそうしなかったからこじれているだけ。
 最後の追記前部分とか、もうホントひどい。
日本防衛省と韓国国防部についてこう質問するべきだろう。

「日韓は敵なのか」と。
(引用ここまで)

 ドヤ顔が透けて見えてきてますが。
   これ、旧来の日韓関係を取り戻そうと必死なのでしょうね。
 こういう「敵か味方か」なんていう二元論にだまされる時代じゃないのですよ。

 敵から味方までの間にはグレーゾーンが延々と続いていて、選択肢は「敵」「味方」ふたつだけではない。
 楽韓Webがかねてから述べている「フラットな二国間関係」はグレーの真ん中であってもいい。なんだったら中国寄りになってもらって黒目のグレーであってもいい、というくらいの話。
 ましてや日韓はアメリカをはさんだ疑似三角同盟国であるというだけで、直接的には同盟関係にない。
 価値観を共有すらしていない。
 多数の問題点をマネージするという関係に過ぎない。

 「日韓友好」なんてものを個人単位で目指すのは構いやしませんが、それを国や自治体などに強いる時代ではすでになくなったということですね。
 「友好関係を築く」というのは美名なので、だまされがちなのですが。
 隣国だからって無理に友好関係を築く必要なんてどこにもない。

 さて。
 今回の話、どこかに既視感があるなぁ……と延々と感じていたのですよ。
 もちろん、南スーダンでの5.56ミリ弾の貸し出しの一件もあるのですが。
 それよりも感じるのは古田博司教授が述べていた日韓歴史共同研究の一幕ですね。

 日本側「では資料をごらんください」
 韓国側「韓国に対する愛情はないのかーっ!」
 日本側「資料をごらんください」
 韓国側「資料はそうなっているけども……」「研究者としての良心はあるのかーっ!」

 ってアレ。
 もうそんなものに付きあう謂われはないってことですわ。
 日韓関係は特別でもなければ特殊でもない、ただの二国間関係を目指すしかないのです。
 韓国がどう言おうとね。

「統一朝鮮」は日本の災難
古田博司
飛鳥新社
2018/9/7