レーダー照射「証拠に自信」=韓国側否定に、公表どこまで−長期化懸念も・防衛省(時事通信)
レーダー照射 危険性認識し、冷静に(東京新聞)
 P1は照射された電波を収集・記録しており、同省幹部は「困るのは韓国側になる」と証拠に自信を示す。ただ、証拠にはP1の監視能力に関わる情報が含まれており、全て公表するわけにはいかない事情もある。
 厚木航空基地(神奈川県)を離陸した海自P1が、石川県・能登半島沖で火器管制レーダーの照射を受けたのは20日午後3時ごろ。射撃目標としてレーダーに追尾される「ロックオン」状態を機体のセンサーが感知した。
 防衛省によると、問題の韓国駆逐艦には2基の火器管制レーダーが艦上の前後にあり、P1の乗員は後部のレーダーの方位盤が動作していることを目視でも確認した。 (中略)

 政府関係者は「P1は火器管制レーダーが発した電磁波の周波数帯を記録した。動画を含め、順次公表すれば韓国側は窮地に追い込まれるが、P1の情報収集能力が知られることにもなる」と指摘。
(引用ここまで)
 火器管制レーダーは警戒監視レーダーと違い、攻撃のため対象に電波を当てる。「攻撃の前段階」であり、極めて危険な行為だ。 (中略)

 日本と協力関係にある韓国の艦船が、このような危険な行動を取ったとしたら、日本の防衛当局の驚きと反発は十分理解できよう。

 さらに韓国側の説明は揺れており、あいまいな点も少なくない。納得できる証拠を示してほしい。
(引用ここまで)

 時事通信の描写で決定的ですかね。
 ロックオン状態をセンサーが感知し、なおかつレドームが機体に向いていることをも目視確認している。
 防衛省がリリースで出している画像でもレドームがこちらを向いていることは確認できます。

kdx-1
画像は防衛省提供のものをトリミング・拡大したもの 

 韓国側が頑なにウソを認めないのは、記事後半の「P-1の情報収集能力が知られることになる」という部分があることを分かっているからかもしれませんね。
 決定的な証拠が提出されることはない、と踏んでいる可能性もある。

 ただ、いつもであれば韓国側につく東京新聞も社説(≒社の意見)として今回の事態を危惧している。
 東京新聞は全国紙の中でももっとも左側に位置しており、安倍政権の動きすべてが気に入らないといった人々です。
 そういった政治的指向性を持っている人間であってですら「韓国の説明は揺れている」と指摘せざるを得ない状況。
 要するに「韓国の言っていることが信頼できない」と率直に語ってしまっているわけです。

 日本に韓国政府の所業に対しての不信感がどれだけたまっているのか、よく分かる事例ではないでしょうかね。
 個人的にも「あの東京新聞がねぇ……」と感じます。
 ちなみに韓国のNAVERに掲載されるレーダー照射の関連ニュースでも、コメントに「韓国側の言い訳があっちこっち行き過ぎィ!」というものもじわじわ増えてます。
 まあ……普通の判断力があればそうなりますわな。

韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか (PHP新書)
櫻井 よしこ / 洪 ヒョン
PHP研究所
2018/12/14