「現場の嫌がらせ」では済まないレーダー事件(日経ビジネスオンライン)
──韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に対し「攻撃寸前の態勢」をとりました。

鈴置:防衛省の発表によると12月20日、海上自衛隊の哨戒機P1が日本海の日本のEEZ(経済的排他水域)を飛行中に、韓国海軍の駆逐艦、広開土大王(クァンゲト・デワン)から火器管制レーダーの照射を受けました。

 弾の入った銃を他人に向けたのも同然で、平時にはあり得ない行動です。岩屋毅防衛相は12月21日「攻撃直前の行為だ。不測の事態を招きかねない。韓国は説明すべきだ」と語りました。

 共同通信の「レーダー照射『攻撃直前の行為』と防衛相」(12月21日)などが報じました。

──韓国政府は事件を否認しています。

鈴置:初めは堂々と認めたうえ「大した話ではない」と言っていました。それが日本政府に追い詰められると説明を変え「レーダーを照射したことはない」と言い出したのです。
(引用ここまで)

 鈴置さんのいつものコラム。
 時系列で解説されているので、どのような経緯があったのか。
 そして韓国の言い分がどのように変化したのかが書かれています。

 昨日のエントリもちらっと書きましたが、韓国の読者コメントでも「韓国政府の言っていることがおかしい」とする書きこみがあるという話も出てますね。
 あるていどの常識と頭があれば、韓国側の言い訳が揺れすぎているということくらいは分かるのでしょう。
 なにしろあの東京新聞が社説で「韓国の言っていることがおかしい」って言い出すレベルですからねぇ……。

 鈴置さんの見解も現場の嫌がらせが発端であろうとのこと。
 ただ、言い訳がふらふらしているのは「いまの韓国は日本を軽く見ている。なにもできないと思っている」ということで。
 まさかこうして日本側がトップとなる防衛大臣が記者会見を行い、かつ防衛省から複数回の反論がくるとは思っていなかったのでしょうね。

 さらにいうのであれば、韓国政府と日本との間に存在したパイプが、現在では完全に断絶しているということも今回の出来事から推し量ることができます。
 かつてであれば親韓とされていた国会議員から圧力があってもおかしくないパターンの事件です。
 それが今回は防衛省側がやりたいようにやっている。
 もちろん、官邸からもそしてアメリカ側もそれにOKを出しているということなのでしょう。
 いやぁ、時代は変わったなぁ。

米韓同盟消滅(新潮新書)
鈴置高史
新潮社
2018/10/17