レーダー照射問題 日本の映像公開に「深い憂慮と遺憾」=韓国国防部(聯合ニュース)
 報道官は「(駆逐艦の)『広開土大王』は正常な救助活動中だった。わが軍が日本の哨戒機に追跡レーダーを運用しなかったという事実に変わりはない」と表明。「韓日の当事者間の速やかな協議を通じ、相互の誤解を払拭(ふっしょく)させ、国防分野の協力関係発展を模索する趣旨でテレビ会議を開いてからわずか1日後に映像を公開したことについて、深い憂慮と遺憾を表明する」とした。

 また、「むしろ人道主義的な救助活動に集中していたわが艦艇に日本の哨戒機が低空の威嚇飛行をしたことは、友好国として極めて失望的なこと」と指摘した。

 報道官は「日本側が公開した映像は哨戒機が海上で旋回する場面や操縦士の対話の場面だけが収められており、一般常識的な側面から追跡レーダーを照射したという日本側の主張に関する客観的な証拠とはみられない」と説明。「日本側は国際法や兵器体系に関する正確な理解に基づいて協議していくべきなのにもかかわらず、一方的な内容を収めた映像を公開して事実関係をごまかしていることについて、あらためて遺憾を表する」と強調した。
(引用ここまで)

 この遺憾表明もなにを言っているのかよく分からない状況。
 韓国側が言うように「なんら証拠能力を持たない」というのであれば、この映像公開はむしろ歓迎すべきものなのですよね。
 遺憾だの憂慮だの表明すべきではないでしょ。
 むしろ「日本の防衛省が墓穴を掘った!」くらいに喜んでもよい話。

 まあ、実際にこの映像が「火器管制レーダーを照射されたまごうことなき証拠」となるか、という話であればまた別なのですが。
 少なくとも現状で公開されているのはコクピット周囲の会話だけですからね。

 ですが、韓国がこれまで主張してきた状況の……

1)荒天だったのですべてのレーダーをフル稼働させていた → ベタ凪だった
2)北朝鮮の漁船を捜索中だった → すぐ隣にいた
3)荒天だったので無線は聞き取れなかった → 晴れており、海自は複数回線で複数問いかけをしていた

 この3つは完全に嘘であることが判明してしまっているわけですよ。
 それも完膚なきまでに。
 特に3に対して返答しなかったというのはだいぶ心証が悪い。

 さらにいえば防衛省側からは「韓国が事実を認めるまで証拠は小出しにする」という話すら出ている。
 ……この年末年始、まだまだ楽しめそうですね。動画を作る人は大変でしょうけども。

iMovieは意外なほど使えるのだった。
プロが教える!iPhone動画撮影&iMovie編集講座
月足 直人
ソーテック社
2018/12/22