[単独]安倍にとっては東南アジアにも劣る韓国・・・安保協力5位に(中央日報・朝鮮語)
日本政府が日本の安全保障政策を盛る「2018年防衛大綱」で韓国を降格した。日本政府は、今月確定した今年の防衛大綱に安全保障協力の推進対象国を順番に明記し、韓国を米国、オーストラリア、インド、東南アジア諸国に続いて5番目に明記した。今年の防衛大綱は、5年ぶりに改正され、安倍晋三(安倍晋三)首相が主宰した日本の閣議(私たちの閣議に相当)で、過去18日に採択された。防衛大綱とは10年後を見通す日本の安全保障戦略の基本的な枠組みである。

2010年と2013年の防衛大綱に米国を除けば、韓国が一番最初に登場したものと比較すると安全保障協力パートナーとして韓国の重要性を3段階落としたわけだ。今後、韓国との安全保障協力は、東南アジア諸国にも押される劣後に扱うという対外軍事戦略が入れられたとの指摘が出ている。特に、今年の防衛大綱は、日本の軍事大国化を懸念する韓国との今後の軍事協力は縮小しながらの代わりに、中国牽制のためには、軍事強国日本が必要と認める国を優先に上げ協力するという戦略が敷かれたという観測もある。

2018年防衛大綱における「安全保障協力の強化」の項目で、最初に「米・日同盟を基軸に普遍的価値と安全保障上の利益を共有する国々と緊密に連携する」と規定した。続いて、オーストラリア及びインドは「自由で開かれたインドと太平洋の構築」のパートナーとして規定されて「外務及び防衛閣僚協議(2 + 2)の枠組みを活用した共同訓練と実践の拡充」を課題として規定した。東南アジア諸国は「中国牽制」のパートナーとして「防衛力の構築をサポート」を強調した。東南アジア諸国次に登場する韓国に対しては「幅広い分野で防衛協力を進展させつつ、(相互)連携の基盤確立に努める。地域における平和と安全維持のために、韓・米・日3カ国間の協力を強化する」とした。韓国以下の国は東アジア地域の安全保障とは別に関係のない英国、フランス、カナダなどである。
(引用ここまで)

 この防衛大綱は18日に発表されるものなので、火器管制レーダー照射事件については反映されていません。
 それでも日韓関係は防衛についていえばアメリカ、オーストラリア、インド、東南アジア諸国のうしろに位置するものであるという認識になっているというのは興味深いですね。
 日韓の実務者協議(テレビ会談)の事前から映像公開を予告しており、かつ映像を韓国政府にも渡すという軽やかな煽りが入っているのも、この序列に従って軍事的にな位置づけでは日韓関係が希薄であるという認識に基づいている行動であるのかもしれません。

 というか、現状で最大の懸案事項である対中国という面を考えれば、ダイヤモンド安保構想を構築する相手であるアメリカ、オーストラリア、インドが重要であることは間違いない。
 現在はまだ実力的に小さくても東南アジア諸国もその枠組みに入る国がある。
 ルトワックがいうところによればベトナムが主体となるであろうと考えられています。
 で、韓国が登場するのはその後ろになっている……というわけですが。

 まあ、韓国は対中国戦略についてはあっち側なのでカナダやイギリスといった国々と同列に語られることこそおかしいのではないかともいえます。
 一応、防衛大綱もリンクしておきますかね。

「平成31年度以降に係る防衛計画の大綱について」及び「中期防衛力整備計画(平成31年度〜平成35年度)について」(防衛省)

 火器管制レーダーを照射しておいて謝罪もせずに、日本側の序列にはメディアがブーブー言っているっていうのも不思議な話ですね。

この年末年始に中国4.0、戦争にチャンスを与えよ日本4.0と読むのもよいかもですね。
中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2016/3/18