韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求=哨戒機レーダー照射問題(時事通信)
海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省報道官室は2日、声明を出し、哨戒機が「人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」として、謝罪を要求、実務協議の開催を呼び掛けた。

 また、「わが国の艦艇は哨戒機に(火器管制用)追跡レーダー(STIR)を照射しなかった」と重ねて否定。「日本はこれ以上、事実を歪曲(わいきょく)する行為を中止すべきだ」と主張した。韓国国防省が日本への謝罪要求という強硬対応に転じたことで、日韓間の対立が一層深刻化し、防衛協力全般に影響が及ぶ懸念も出てきた。
 声明は「日本側が公開した動画に見られるように、友好国の艦艇が公海上で遭難漁船を救助している状況で、日本の哨戒機が威嚇的な低空飛行をしたこと自体が非常に危険な行為だ」と指摘した。さらに、「韓日国防当局間で事実確認のため、実務協議を継続するという合意にもかかわらず、日本は動画を公開し、高官までテレビのインタビューで一方的な主張を繰り返している」と批判、「深い遺憾の意」を表明した。
(引用ここまで)

 韓国政府から正式なコメントとして、日本政府に謝罪を要求する事態になりました。

 ……完全に撤退の手段を間違いましたね。
 初手に嘘をつくと、その嘘をつくためにより大きな嘘をつき続かなくてはならない。
 スネ夫の「嘘がどんどんふくらんで手に負えなくなるんだ」ってアレ。
 現場で「ミスをした」って無線連絡をしておけばそれで終わった話。
 日本政府から内々に抗議が来たときに「遺憾です」くらい言っておけば終わった話だったのですが。

 悪天候だったっていう嘘をつき、漁船の捜索中だったという嘘をつき、STIR-180を使っていないという嘘をつく。
 それを糊塗するために「日本は低空飛行で接近してきた」と通常の哨戒飛行に文句をつけて謝罪要求までエスカレートしてきた。
 完全に双方ともに退けない状況になったわけですよ。

 ……というか、なにをここまで突っ張る必要があるんでしょうかね。
 全つっぱするような事案であるとはとても思えない。
 嘘に嘘を重ねて、日本に謝ったら政治的に死ぬっていう状況を自ら強めて、ついに政府からの謝罪要求にまでなったっていう。
 もはや防衛協力がどうこうというだけじゃなく、日韓関係そのものに影響するレベルになっている。

 いくら韓国政府が日韓関係を軽視しているとはいっても、やりすぎじゃないかと感じます。
 まあ、新年から日韓関係にとってはいいお知らせではありますね。