日本の映像活用して「再打撃」... 軍積極的に反撃、勝負を投げた(SBS・朝鮮語)
ほぼすべての画面は日本がすでに公開したものであり、私たちの立場と解説をよくつけて日本の主張がいかに一方的で歪曲されたかどうかを反論しました。

説得力を増すために勇壮で重厚な音楽をつけた。

チャ・ドンギル/檀国大学教授「日本が提示した動画データをもとに、韓国軍の再打撃戦略が成功したと思われます。映像を見ても日本の脅威論理ではなく、韓国軍の脅威論理がより説得力があると考えられます」

国防部は、英語字幕の動画も作って、YouTubeにあげたのに続いて日本語と中国語など他の国の言語でも動画を作成する方針です。

日本の奇襲的な動画公開でしばらく守勢に追い込まれた軍が積極的な反撃に出て、国際世論の前に勝負を投げたと思われます。
(引用ここまで)

 記事タイトルの「再打撃」はこう、もうちょっと意味が異なっているのは分かるのですが、なんともこう翻訳しづらいので「再打撃」にしておきましょう。

 さて、韓国では「国際世論戦が云々」みたいな話が盛んに出ていて、若干苦笑しているのですが。
 「説得力を増すために勇壮で重厚な音楽をつけた」んですって(笑)。
 BGMとSEをマシマシでつけて、サムネイルはコラージュの偽画像。
 そんなもので誰を説得するんだか……まあ韓国人は「これで勝った」みたいな気持ちになっているようですけども。

 そもそも国際世論で戦う……っていうか、こんな話は日韓以外の世界の誰も気にしないでしょうよ。
 軍オタや軍事関係者であれば別でしょうけども、日韓の勝敗とかまったく気にしていないでしょうね。

 自衛隊としてもやってほしいのは「再発防止策」であって、勝敗ではないはずです。
 再発を防ぎたいからこそ、「こういうことをやめろ」と言っているわけですよ。
 哨戒機が日本海を飛ぶなんてことは日常茶飯事なのですが、近くに韓国艦船がいたら「いつ火器管制レーダーを照射されるかわからない」という緊張感の中で飛ばざるを得なくなるのです。
 どうもそのあたりを理解できていない人が日韓共にいて、かつ韓国側に圧倒的に多いという感じですかね。

 しかし、「説得力を増すために」BGMなぁ……。
 文化がちが〜う、ってヤツですね。

ヒストリエ(5) (アフタヌーンコミックス)
岩明均
講談社
2009/2/23