フィリピンに設置の「慰安婦像」は撤去(産経新聞)
日本の顔色を見る... フィリピンの「平和の少女像」建立二日で撤去(聯合ニュース・朝鮮語)
 在フィリピン日本大使館は3日までに、フィリピン北部ルソン島中部のラグナ州サンペドロ市に設置された、慰安婦を象徴するとした「少女像」が、撤去されたことを確認した。また、同市の広報担当者は同日、カタキス市長が近く、像に関して声明を発表することを明らかにした。

 像の除幕式は昨年12月28日に行われ、日本大使館が比政府に「遺憾」を表明していた。
(引用ここまで)
除幕式には、イ前市長とキム・ソギョン、ウンソン夫婦など韓国代表団8人と、カタキス市長をはじめとする地元の代表100人余りが参加した。

しかし、今週になってフィリピン日本大使館が「今回の場合を含めて、他の国に慰安婦像を立てることは非常に残念であり、日本政府の立場とも配置されている」との声明を発表した昨年12月30日電撃撤去された。

カタキス市長は3日、声明で「平和と男女同権を願って韓国人とフィリピン国民の友情を表現するためのものであった韓国人たちが少女の横に、フィリピン女性像を置かない、元の概念が悪用された」と主張しした。

彼はまた、「フィリピンと日本の良好な関係を損なうことの意図がなかった『未完成』像にそのような懸念が提起されて、それ以上の議論を回避しようと撤去した」と述べた。 (中略)

イ・グンギュ前市長は聯合ニュースとの通話で「日本の強力なタックルで、フィリピンでの事情が生じたものと理解する」とし「日本が小児病的に少女像の妨害置くことは残念なことだ」と語った。
(引用ここまで)

 以前にもフィリピンではオリジナルの慰安婦像が設置され、去年の4月に撤去されました
 今回の慰安婦像は日本大使館前にある慰安婦像の制作者であるキム夫妻(例の慰安婦コインで一儲けを企んだものの失敗した人たちです)が参加して、巨大になったり手乗りになったりバスに乗ったりしているいつもの慰安婦像設置だったのですが、同様にフィリピン政府から撤去の命令が出たらしいとのこと。
 先月の28日に設置され、30日には撤去されたと。判断がより速くなりましたね。
 撤去された像は、設置された市の市長私宅に置かれているそうです。

 まあ、産経新聞の記事にある──
施設の女性は除幕式に参加したフィリピン人から「戦時中に虐待された19歳の韓国少女」と説明されたが、「それが一体何なのか、みな不思議に思っていた」という。
(引用ここまで)

 というのが、実際のところなのでしょう。
 フィリピンにかぎらず、海外に置かれている慰安婦像についてすべてで同じ事だと思いますね。
 正直なところ、日韓のこんな話に興味を持っている人なんて一握り以下。
 日本人の大半がキプロス問題やプレア・ビヒア寺院の帰属問題に興味がないのと同じことです。

 たとえば、2007年にはアメリカの下院で慰安婦についての謝罪要求決議が通って、当時は「外交敗北だ」だの「アピールの方法を考え直さなければならない」みたいな話になっていましたが。
 そのあとになんらかの影響があったかといえば……まあなかったと証明することは難しいですが、なかったと言っても過言ではないでしょう。
 二国間の論争に対する興味なんてそんなものなのですよ。
 大きなデメリットが生じないかぎり、あるていどは提唱した側の話を聞き入れるものなのです。

 海外の慰安婦像設置については、設置まではそれなりに反対すべきだとは思いますが。
 設置されたらされたで、放置しておくのがベターな選択肢ではないかなぁ……と思いますね。
 どうせあんなものに興味を持っている人間なんていませんから。