BTS映画「チェチェン民族を侮辱」 脅迫受け公開中止(共同通信)
「BTSは同性愛者」非難に映画上映キャンセル(UPIニュース・朝鮮語)
ロシアのカフカス地方を中心としたニュースサイト「カフカススキー・ウゼル」は6日までに、韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」のツアーの様子を撮影したコンサート映画「LOVE YOURSELF」の南部チェチェン共和国首都グロズヌイでの公開が、イスラム教徒によるものとみられるネット上での脅迫を受け取りやめとなり、チケットの販売が中止されたと報じた。

 映画はグロズヌイの映画館「キノスタル」で公開される予定だったが、ロシアのSNS「フ コンタクテ」で「映画公開はチェチェン民族を侮辱するものだ」などとする書き込みが相次ぎ、同映画館は3日、インスタグラムでチケットの販売停止を公表した。 映画のどういう点を「侮辱」に当たるとしているのかなどについて記事は触れていない。

 同じカフカス地方のダゲスタン共和国首都マハチカラでも、同様の脅迫があり、1月に予定された同映画の公開が中止されている。
(引用ここまで)
ダゲスタン共和国の防弾少年団(BTS)を同性愛者だと非難するイスラム団体の圧力に屈し、BTS公演シーンを盛り込んだドキュメンタリー映画の上映を取り消した。 (中略)

自らを「道徳の守護者たち」と呼ばれるイスラム団体の会員たちがインスタグラムなどを通じて「BTSは同性愛者であり、彼らが出演する映画を見る人々を我々は放置しない」と威嚇することにより、映画の上映をキャンセルすることにしたと発表した。
(引用ここまで)

 原爆Tシャツでお馴染みのBTS(防弾少年団)主演のライブ映画が、チェチェン共和国、およびダゲスタン共和国で公開される予定だったそうです。
 ところが現地のイスラム団体から抗議があって公開中止。
 共同通信の記事ではどのような抗議が出ていたかは分かりませんが、韓国メディアによると 「BTSは同性愛者である」という非難が出て公開中止。
 チェチェン、ダゲスタン共にロシア連邦の西端にある北カフカース(コーカサス)連邦管区に属し、どちらもイスラム教スンニ派が多数で原理主義者も多いとのこと。

 ……まあ、そういう土地柄であればしかたがないかなぁ、という気もします。
 その原因が「同性愛者である」というレッテル張りであったということは比較文化論としてちょっと面白いかな、と感じます。
 そういえばサウジアラビアから韓流に憧れて家出して韓国にやってきた女子大生なんてのもいましたが、彼女たちはまだ生きているのかなぁ……。

 なお、公開中止に追い込まれた「LOVE YOURSELF」は日本でも公開されて、初週の興行収入が1億円以下だったとのことです。