韓国ムン大統領 「徴用」めぐる裁判で「互いに知恵絞るべき」(NHK)
韓国のムン・ジェイン大統領は、10日午前、年頭の記者会見を開きました。
この中で、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる裁判で、日本企業の資産の差し押さえを韓国の裁判所が認め、日本政府が日韓請求権協定に基づく協議を韓国政府に要請したことに関するNHKの質問に対し、ムン大統領は協議に応じるかどうか、直接は言及しませんでした。

一方で、ムン大統領は「これは、韓国政府がつくり出した問題ではなく、不幸な歴史によってつくられた問題だ。日本政府はもう少し謙虚な立場をとり、政治の争点とすることなく、解決のために互いが知恵を絞るべきだ」と述べました。
そして「日本も韓国も三権分立の国だ。韓国政府は司法の判決を尊重しなければならない。日本政府も判決内容に不満はあっても、『どうすることもできない』という認識を持ってもらう必要がある。政治的な攻防のイシューとみなして未来志向的な関係まで損なうのは、非常に望ましくない」として、日本政府に冷静な対応を求めました。

一方、この裁判をめぐっては、原告側から日韓両政府と企業による財団を設立し、一括して補償を進めるべきだという主張が出ていて、ムン大統領は会見の中で「新たな財団や基金については状況が整理されるのを見守り判断しなければいけない」と触れました。

ムン大統領が財団設立という解決方法に言及したのは初めてで、韓国政府内で選択肢の1つとして検討対象になっていることを示唆しました。
(引用ここまで)

 この質疑応答、記者会見も最後になってから「外信の方々もなにか質問がありますか」という司会者の声に、NHKの高野洋ソウル支局長が半ば無理矢理に起立してムン・ジェインに質問したのですよ。
 マイクを握らされて「してやったり!」みたいな笑顔をしてましたね。

 で、ムン・ジェイン大統領側の答えというのが、中身は10月末に徴用工裁判判決が出た時からひとつも変化していない。
 修飾語はともかくとして、「日韓お互いが知恵を絞るべき」「三権分立で政府は司法の判断を尊重しなければならない」「政治問題化して未来志向的な関係を損なうのは望ましくない」という原則論だけ。
 質問後にはムン・ジェインから「あなたではなく、あなたの後ろの人を指名したのだけど」みたいな愚痴が出て、いいオチがついたのですが。

 おそらく、日本側の記者を指名するつもりはなかったのでしょう。
 そして、日韓関係について質問に答える予定もなかった。
 だからこそ、これまでの原則論を繰り返すしかなかったわけです。
 ただ、ややパニック気味になってしまったのか「日本政府は謙虚な立場になるべき」「日本政府はしかたがないと認識してもらわなければならない」というような言葉を引き出したのはよかったですね。
 うまいこと日本側の反感を買ってくれました。

 ムン・ジェインとしてはレーダー照射事件も徴用工裁判もなにもかも無視する予定だったのでしょうが、マスコミ人としての高野支局長の執念が勝ったというところでしょうか。
 立ってしまったものをあからさまに無視するわけにもいかないでしょうしね。
 完全スルーであっても、それはそれで面白かったとは思うのですが。