強制徴用:李首相「日本の指導者は反韓感情利用」、文大統領も日本批判(朝鮮日報)
 強制徴用問題をめぐる韓国政府の対応を総括する李洛淵(イ・ナクヨン)首相も同日、国政懸案点検会議で「日本の指導者たちが国内政治的な目的で自国民の反韓感情を刺激し、利用しようとしているとの見方が韓国にある」として「この事実を日本の指導者たちは知ってほしい」と述べた。大統領と首相が同じ日に日本批判を繰り出したのだ。外交関係者の間では「それだけ韓日の摩擦が深刻だという証だ」との声が聞かれた。
(引用ここまで)

 イ・ナギョンは韓国政府の意向を受けて徴用工裁判への対策をまとめる専門家からの意見聴取をしている主催者です。
 12月には「いま考え中です」と分からない問題を突きつけられた中学生のようなコメントをしてましたっけね。

 徴用工裁判についての韓国政府における対策室のようなものの最高責任者であり、最前線にいる人間からこういった発言が出てきたわけです。
 もはや日韓政府、および日韓企業が参加する「2+2」の財団・基金方式、あるいは韓国政府と企業、および日本企業が参加する「2+1」方式もやらないのではないかとすら感じますね。
 日本政府、企業がすべての責任をもって支払え、くらいのことを言ってきても不思議ではない。
 まあ、それ以外の韓国政府や企業が参加する形では、国内からの反感を買ってしまってもはや政権を支えられないというのも事実でしょうけども。
 もっとも、日本側も財団方式なんて受け入れられるわけがないのですが。和解・癒やし財団でなにが起きたかを見たら、次の政権でひっくり返されるのは確実ですし。

 今後は協議の呼びかけ、第三国の参加する仲裁委を経て、国際司法裁判所への提訴となるでしょう。
 協議は決裂が目に見えていますし、仲裁委は参加する第三国をどこにするかで揉めることが目に見えています。
 当初から楽韓Webでは「韓国が国内的に許容できる解決方法は国際司法裁判所への提訴を敢えて受けて立ち、敗訴する以外にない 」と語ってきましたが。
 それ以外にまともな結末を迎えられる方向はないんだよなぁ……。