韓国ボランティア団が作った昼食を食べたカンボジア児童140人が食中毒症状(中央日報)
韓国のある慈善団体が提供した昼食を食べたカンボジアの小学生およそ140人が集団食中毒を発症し、現地保健当局が原因調査に着手した。

14日(現地時間)、日刊紙「クメールタイムズ(Khmer Times)」によると、今月11日にカンボジア北西部のバンテイメンチェイ州にある小学校で、韓国の大学生と現地慈善団体で構成されたボランティア団が児童287人に昼食として豚肉丼などを提供した。

この昼食はボランティア団がこの日午前に現地で調達した食材で調理したものだという。小学校内のトイレ設置工事を支援するためにカンボジアを訪れた同慈善団体のボランティア団は、この日トイレの竣工式を行った後で昼食を提供した。

しかし、同日午後8時ごろ、児童140人が腹痛を訴え、下痢や嘔吐の症状が現れて病院を訪れた。このうち50人ほどが入院治療を受けた後に退院した。現在、6人を除いて残りの児童は退院し、幸い死亡者は発生しなかった。 (中略)

 当日同じものを食べたボランティア団は健康に異常がないことが分かった。
(引用ここまで)

 韓国はカンボジアでろくなことやってないなぁ……。
 「逃げない花嫁」を「結婚相談所」でやりとりするというほぼほぼ人身売買と同等の所業をしていたためにカンボジアでは主として韓国人男性との結婚は禁止になりました。
 その後、国際結婚全般の手続きを厳格にするという法制度が固まったので、この韓国人狙い撃ちの暫定措置はなくなったとのことなのですけどね。

 あとカンボジアからアジア象を寄贈してもらうお礼に韓国から中古の消防車を贈るというような事業もあったのですが。
 この消防車のギアが壊れて寄贈式に到着できず、かつその後に修理して国会で「これが韓国から送られた消防車です!」って散水のデモンストレーションをしようとしたら水が出なかったっていうオチ。
 象の寄贈は取りやめになったそうです(笑)。

 今回はボランティアで現地の小学校で287人の小学生を相手に昼食を振る舞って、140人を食中毒にさせてしまう。
 しかも、韓国のボランティア団は無事。
 免疫力の違いか、それとも分担で半分を受け持っていた側の食材が汚染されていたか。食材は現地で調達したものだそうです。
 O-157による食中毒だと脳にまで障害が残ることもあるので、そういう類いのものでないといいですけどね。

 政治関連だけでなくてこんなニュースもちらほら取り上げていくペースにしたいところだな……。

体の中の異物「毒」の科学 ふつうの食べものに含まれる危ない物質 (ブルーバックス)
小城勝相
講談社
2016/12/13