防衛省、レーダー照射の実態を10カ国語で発信へ(産経新聞)
 防衛省は、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射の実態を、10カ国程度の言語で発信する検討に入った。韓国がレーダー照射の事実を認めず、日本に非があるとの虚偽の発信を続けていることから、国際社会に日本の哨戒活動の正当性を訴える必要があると判断した。政府関係者が20日、明らかにした。

 防衛省は週内にも、哨戒機内で記録した電波信号音をレーダー照射の証拠として公開する方針だ。同時に、韓国側の不適切な対応に反論する声明文も発表する。 (中略)

 政府関係者は「韓国は論点をすり替え、誇大発信する情報戦を仕掛けている」と指摘。多くの言語で発信する理由について「どんなにでたらめな理屈でも国際社会では声が大きい方が勝つ。事実を基に日本の哨戒活動の正当性や韓国の虚偽を訴えていく必要がある」と語る。
(引用ここまで)

fnnprime

 韓国が8カ国語でゴミ映像を公開してきたので、防衛省もそれに対抗して反論を含めた当時なにがあったのかを10カ国語で発信。
 韓国が虚偽の主張をするのであれば、どこまででも追求するということですね。
 雉も鳴かずば撃たれまい……というか、雉のほうも国内事情があって鳴きたくて鳴いているわけでもない感じです。ま、そんなこた日本側にとっては知ったこっちゃない。
 おそらく韓国側が論点をすり替えようとしている「低空飛行云々」についても反論することになるのでしょう。
 韓国の哨戒機は当該艦船から3海里離れて哨戒活動をする、ということでしたからそのあたりを突くのかなぁ……。

 以前の政府であれば考えられない対応ですね。時代はここまできたか、と感慨深い。
 幸いなことに国民からの理解もあるし、政府、与党からのバックアップもある。
 この件についてはどうせ落としどころなんてないし、そもそも必要ないのですから行けるところまで行ってみるのがよいと思いますね。

 ただ、週明けにも電波音の公開ともあったのですが、もうちょっとかかりそうです(防衛省のお知らせをリロードしながら)。
 韓国側は「電波音では客観的な証拠にはならない」って必死の抗議をしていますが、RWR装置が動作している音を聞けば全世界の軍事関係者は明白に理解するでしょうよ。
 彼らの主観に働きかけるだけで充分なのです。
 海軍はその性格上、各国に派遣される任務が多いのですが、その先々で揶揄されたりするんでしょうねぇ。

上手に「自分を守る」技術―――迷惑・自己中心・鈍感な人から (三笠書房 電子書籍)
片田 珠美
三笠書房
2016/3/22