日本側の「レーダー」と主張に反論するための実験公開(YTN・朝鮮語)
韓国海軍艦艇の広開土大王艦が射撃統制レーダーを照射したという、日本の度重なる主張に韓国軍は2回に渡って、状況を直接再現しました。
軍は、同じ場所で天候や波の高さなど、複数の条件を合わせました。
北朝鮮の漁船救助作業に出た海洋警察のサムボンホも再び動員しました。
広開土大王艦とサムボンホは救助作業時と同じようレーダーを作動し、航跡もそのまま再現しました。
空は海軍哨戒機P-3Cを浮かべるなど、2回の模擬実験の結果、射撃統制レーダーはまったく捕捉されなかったと明らかにした。
(引用ここまで)

 ……いや。
 このニュース見たとき、目を疑いましたわ。
 要するに広開土大王、サンボンホを現場海域に並べて、捜索用レーダーを起動させる。
 で、韓国にはP-1はないから哨戒機であるP-3CKを飛ばして、火器管制レーダーによる電波を補足できたかどうかを実験したそうです。

 その結果、火器管制レーダーを捕捉することがなかったという結果が出たそうです。
 ちなみに広開土大王から火器管制レーダーをP-3Cに照射はしていないとのこと。

 火器管制レーダーを起動していないのだから、そりゃ補足しないでしょ。
 この茶番を「実験」とか「再現」とかって言い切る胆力に感心しましたわ。
 というか、わざわざ捜索レーダーと火器管制レーダーを混同することはないという証明をしてくれたっていう。
 わけがわからないよ……。なにが目的なの、これ。