韓国の汚職清潔度、180カ国中45位で前年比6ランク↑…日本は?(中央日報)
世界各国の汚職清潔度をランキング化した腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index、CPI)の2018年版で、韓国が180カ国中45位を記録した。2017年51位から6ランクアップした。

反腐敗運動団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」は先月29日、2018年国別腐敗認識指数を発表し、韓国が57点で調査対象国180国中45位を記録したと明らかにした。前年54点、全体51位に比べると順位が大幅に上昇した。

しかし、経済協力開発機構(OECD)内では36カ国中30位、前年35カ国中29位とほぼ同じで、アジア太平洋圏でも9位にとどまった。文在寅(ムン・ジェイン)政府は2017年7月に発表した国政課題で、5カ年計画でCPI20位圏入りを目標として掲げていた。

腐敗認識指数は公務員と政治家の間で汚職がどの程度存在するのかに対する認識の程度を調べて比較したものだ。公共部門の腐敗を対象に専門家の認識を反映し、最も清潔な場合を100点満点としている。

トランスペアレンシー・コリアは「細部指標別に分析したところ、公職者の私的利益を目的とした地位乱用の可能性と公職社会の腐敗程度がかなり改善された。企業活動に関連したものでは腐敗慣行も改善される傾向が現れた」とし「ろうそく以降の新政府の発足で、政府の積弊清算作業をはじめとする請託禁止法施行など反腐敗政策の効果が現れているとみられる」と評価した。

しかし「政治と企業の間の関係に対する評価では点数は低いままで変化がなく、全般的に腐敗水準指標でも改善傾向は確認されないでいる」と指摘した。
(引用ここまで)

 毎年報告書が出ている腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index, CPI)が今年も出ました。
 日本は73点で18位。おおよそ75点前後となっています。
 1〜3位はデンマーク(88点)、ニュージーランド(87点)、フィンランド、シンガポール、スウェーデン、スイス(86点)。ざっくり見ると金融国家と呼ばれている国が多いようですね。
 韓国は57点で45位。
 周辺の先進国がスペイン(58点)、イタリア(52点)ってところでだいたいの位置を理解できるのではないでしょうか。スペインより下かぁ……。

 記事中にあるように韓国ではムン・ジェイン政権が20位圏内(要するに30位以内)に入ることを目標として清廉度を高めるようにという働きかけをしています。
 ただ、贈収賄を防止するかなり厳しめの法律となるいわゆるキム・ヨンラン法が2016年9月に施行されてからもほとんどといっていいくらいにランキングは上がっていません。
 2012年からの点数は56、55、55、54、53、54、57。だいたい、55点前後を行ったり来たり。

 ま、政権が変わったからといって国民や国民の指向性がごっそりと入れ替わるわけではない、ということですね。

全47都道府県幸福度ランキング2018年版
(一財)日本総合研究所
東洋経済新報社
2018/5/25