日本前防衛相「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視を」(中央日報)
小野寺五典前防衛相が4日、日韓関係の悪化に関連し、「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」という趣旨の主張をした。

直前の防衛相であり自民党内安保調査会会長の小野寺氏は、この日衆議院予算委員会に出席し、安倍晋三首相をはじめ、閣僚に韓日関係に対する質問を投じた。

小野寺氏は、米国ジョージ・W・ブッシュ政府で大統領特別補佐官を務めたマイケル・グリーン氏が最近のメディア寄稿で「オーストラリアからシンガポールまでアジア国家のほとんどの政府は現在の日韓関係悪化の主要な原因は韓国にあるとみている」と指摘した部分を集中的に浮き彫りにし、韓国を相手にするよりも国際世論に訴える方がよいと主張した。

小野寺氏は「韓国に対して何か言うよりもむしろこのような国際社会の雰囲気が韓国には強力なメッセージになる」としながら「韓国とは同じ土俵に上がってさまざまにやり取りをしても仕方がない。むしろ国際世論に訴えていくことが大切」と述べた。

続いて「韓国にしなければならないことは、事実に基づいた冷静な抗議であり、(低空飛行をはじめとして)韓国側がいうさまざまな問題については、同じ土俵で戦わずに、むしろ『丁寧な無視』をするくらいの心構えが必要でないだろうかと思う」とした。

小野寺氏はレーダー照準問題を取り上げて「(日本だけでなく)北朝鮮の瀬取り監視活動に協力している米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど多く国があるが、このような国々も哨戒活動中に韓国からレーザーを照準されるのではないかという心配がある」としながら「このような国々と共に韓国に圧力を加えることが重要だ」とも主張した。
(引用ここまで)

 おや、これを政治家が言えるようになるとは。
 韓国との関係を修復するつもりがないのであれば、これが上策なのです。
 韓国の存在を無視して国際社会に向けて「ルールを守る大人」と「騒ぎ立てる子供」というシナリオを仕立てることができる。
 ただ、どうしても日本の足枷となってきたのが、これまでの「日米韓」という枠組み。
 この枠組みで対中戦略が進められる場合、日本が貧乏くじを引くしかなかったのですよ。

 ですが、どうやらアメリカは韓国を見限りつつある。
 もちろん、今日明日でどうにかなるというわけではないでしょうが、基本方針として日米韓の枠組みを諦める方向性であるのは間違いないところ。
 北朝鮮の非核化に手を貸そうとしないのはムン・ジェインだけでなく、それ以降も同じ傾向の国家元首になる可能性が高い。
 で、あれば一定の距離を保とうというのは当然のこと。
 韓国版の思いやり予算が1年更新になったことなんてその象徴的な話ですし、さらにムン・ジェイン政権が推し進めている統制権返還は米韓の別れ行きに拍車をかけることでしょう。2020年をお楽しみに、というところですかね。

 この方向性であれば、日本はこの「丁寧な無視」で戦いの枠組みを対国際社会に向けることができるのです。
 火器管制レーダー照射事件でも、嘘を垂れ流し続けて協議が成立すらしないような韓国を相手にせず、「あいつらはこんなことをしてきた」と諸外国にアピールするほうがよいわけです。
 500メートル離れた哨戒機をそこまで恐れるってどういうことだ、と各国に疑念を抱いてもらうべき案件ですからね。
 ついにはあの慰安婦合意における陰の立役者(であると楽韓Webが考えている)マイケル・グリーンですら「アジア近隣諸国はオーストラリアからシンガポールまでが日韓間の問題は韓国側に原因があると考えている」と言わざるを得ない状況なのですから。
 この状況を利用しない手はない。
 なんというか、かつてない自由を満喫できる環境になりつつあるってところですわ。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:世界はこう見る日韓不信」〈2019年1月29日号〉 [雑誌]
ニューズウィーク日本版編集部
CCCメディアハウス
2019/1/22