[社説]韓日漁業協定漂流、済州漁民の被害深刻(漢拏日報・朝鮮語)
大型まき網業界、サバ漁今年から3ヶ月休む(国際新聞・朝鮮語)
韓日漁業協定が漂流して四年目を迎えており、済州漁民の被害が言葉にできないほどのものとなっている。漁業協定が決裂し、日本の排他的経済水域(EEZ)で操業ができなくているからだ。 (中略)

済州島によると、政府は日本との相互EEZ内の操業時期や漁獲量などを定める交渉を再開するために努力している。日韓両国は毎年このように協議しているが、2015年の協定終了後の交渉が難航して相互操業が中断された状態だ。 (中略)

このため、島内の漁民は冬のタチウオ漁ができずに遠い東シナ海に向かわざるを得ない。特に済州南1000厠イ譴娠鵑ち犇箸任六故に遭う懸念が少なくない。2017年には、済州漁民4人が遠距離操業をしている船が転覆事故を起こし、命を失った。島内の遠洋漁業船主の哀訴が実感できるようにと思う。現在東シナ海、台湾まで行ってタチウオ操業をするために往復時間だけでも6日がかかるということである。さらに網をかけると中国船がその上を通過することも日常茶飯事なので、韓日漁業協定の遅れで被害が最大化していると吐露する。

とにかく、日韓漁業協定が長年漂流しながら済州漁民の被害が深刻な状況である。時間的にも経済的に多大な代償を払っている。端的に韓日漁業協定が妥結できたなら、日本の対馬の近くでタチウオ操業が可能である。わずか200劼曚瀕イ譴親本のEEZでできた操業が、はるかに遠い東シナ海に追いやられている。命をかけた遠い操業に乗り出し、出漁経費はもちろん、事故のリスクなどを甘受しなければならないのが実情である。これまで済州島が漁民の漁業損失補償をしてほしいと政府に建議したが、これといった対策は出ていない。問題は、日韓漁業協定がいつ妥結されるか、まったく見積ることができない点である。ただでさえ強制徴用判決に加え、レーダー葛藤まで韓日関係がねじれた状況下で韓日漁業協定にも影響を与えるであろうことが懸念される。
(引用ここまで)
大型旋網漁業界は昨年の休漁期を2ヶ月に拡大したのに続いて、今年から3ヶ月(旧暦3月14日〜6月14日)に拡大施行する。

大型旋網水協の全国巻き網船員労働組合は7日、団体協約を通じて持続可能な漁業のための自助的な努力の一環として、休漁期を2ヶ月から3ヶ月に拡大することにした。 (中略)

旋網漁業界は、日韓漁業協定決裂長期化に伴う漁場縮小に未成魚が増加して、これによって水産業者が減少するなど、歴代最悪の状況を迎えている。
(引用ここまで)

 日韓漁業協定が妥結できないことで済州島のタチウオ漁、そして釜山のサバ漁が大きな被害を受けているとの記事。
 済州島の漁師はタチウオを獲るために東シナ海や台湾近海にまで出ていて経費が加算でしょうがない。
 釜山の漁師はロシアに期待を込めつつも、近海漁での休漁期を増やすことでなんとか漁場再生を狙っているとのこと。
 去年の段階で2ヶ月の休漁期にしていたものを、3ヶ月にするそうです。
 すでに釜山の水産業者には倒産が続出しつつあり、かなり追いこまれているとの話。  済州島の現地紙による社説はもう哀願に近い形になっていますね。
 去年4月の海洋水産部長官による「日本が漁業協定を妥結しないなら非情な決断をするしかない」とかいう言葉も、これら漁業関係者に向けたものだったのでしょう。
 まあ、実際にはなにも起きなかったのですけどね。

 日本の漁船もそれほど資源管理をきっちりしているわけではありませんが、韓国、中国のそれは本当に根こそぎかっさらっていきますからね。
 日本側の漁業関係者にしたら、韓国漁船が入ってこないことは天の恵みにも等しい状況でしょうよ。
 これまでは韓国に対してこういった対応をした場合、どこからか「韓国もかわいそうじゃないですか」みたいな声が漏れてきたものですが。
 もうまったく同情の声が聞こえてこない。

 韓国と日本のEEZを交換するといったような協定だったのですが、基本的に日本側の漁場を貸すだけの協定と成り果てていたのが現実でした。
 こういった片務的な日韓関係は終わるのでしょうね。
 ちなみに2016年の後半から日韓漁業協定は妥結されずにいます。
 その2016年の12月にあったのが、釜山の日本総領事館横に慰安婦像を設置したことでしたね。
 ま、因果応報ってヤツですわ。釜山と済州島の漁業関係者には「安心してください。日韓関係の犠牲になるのは君たちで最後ではないからね」という慰めの言葉でもかけておくといいんじゃないでしょうか。

サカナとヤクザ 〜暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う〜
鈴木智彦
小学館
2018/10/16