日本の知識人たち「日本は反省・謝罪に基づいた歴史問題解決をすべき」(聯合ニュース・朝鮮語)
日本の知識人21人が日本の韓国植民支配に対する謝罪の内容を盛り込んだ1995年の村山談話などを根拠に韓国、北朝鮮に関連するすべての歴史的問題を解決しなければならないと日本政府に促した。

和田春樹東京大学名誉教授ら6人が6日午後、東京千代田区の衆議院第2議員会館で記者会見を開き、このような内容を骨子とした「2019年の日本の市民の知識人の声明」を発表した。

声明には、和田教授を含めて著名な日本人教授、弁護士、ジャーナリストなど20人と早稲田大学イ・ジョンウォン教授など全21人が署名し、この日の会見には、6人が直接参加した。

2010年の韓日併合100周年にも、両国関係の改善を望む声明を出したこれらの知識人は、現在の異常な対立と緊張関係を憂慮し、緊急声明を発表したと説明した。

彼らは「『村山談話』と「菅首相談話』を土台にした植民地支配への反省と謝罪こそ韓日、日朝関係を継続的に発展させる鍵」と強調した。 (中略)

今年は「3・1独立宣言が発表されてから100年になる記念」と「日本に併合され、10年間の苦しみを経験しながらも、朝鮮民族はこの日、日本人たちに、日本のためにも、朝鮮が独立しなければならないと説得した」と記した。

3・1独立宣言を引用しながら、「今、私たちは、朝鮮民族の偉大な説得の声に耳を傾けて東洋平和のために、北東アジアの平和のために植民地支配への反省と謝罪をもとに、日韓、日朝間の相互理解、相互扶助の道を進むべき時」と結論を結んだ。
(引用ここまで)

 聯合ニュースにはこの日の画像があるのですが。

wadaharuki
引用元・聯合ニュース

 後ろの声明タイトルがさぁ……模造紙に手書き?
 今の時代、大型プリンターで印刷くらい簡単にできるでしょうし、本人ができなくても周囲の人間にやってもらうか業者に頼むかすることはできるでしょうよ。
 見栄えをさせるっていうのも、説得力を増すためのひとつの努力であるということを誰か教えてやれ。数千円でできるから。
 周囲にPCを使えたり、外注できるほどの若者がいないのでしょうね。やっていることが50年前と同じ。
 ちなみに彼は自分のサイトを持っていまして。wadaharuki.comというところなのですが、これが見事なくらいのWeb0.1な出来栄え。
 なかなかの懐かしさで隠しページとかないか探りたくなるほどでした(笑)。

 和田春樹名誉教授ももう80歳か。
 まあ、言論人としては「横田めぐみさんは拉致されているとは思えない」と言った時点で死んだも同然ですけどね。
 ま、学者としてはまた別なのでしょうけども。
 残念ですが彼が夢見るような日朝友好やら日韓友好はもうあり得ない。
 その責任の一部は彼らが韓国を甘やかし続けてきたことにあると考えています。
 まともな大人の対応をしてこなかった。「そのままでいいんでちゅよー」みたいなやりかたで接してきたことが現状の日韓関係を作り上げてきているのですよ。
 まあ……「法律を守れ」からやらなくちゃいけないんで、大人の対応っつーても大変でしょうけど。
 古田博司教授による日韓歴史共同研究についての「韓国に愛はないのか!」っていう話なんか見ても、正直「それを相手にするのかよ……」くらいにしか思えませんしね。

拉致問題はメディアの限界というものも見せていた、という本
メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道
阿部雅美
産経新聞出版
2018/5/28