韓国の自動車生産の3年連続の「後進」... メキシコに抜かれ世界7位(聯合ニュース・朝鮮語)
昨年、韓国の自動車生産量が10大自動車生産国の中で唯一、3年連続で減少し、メキシコに押されて、世界7位に落ちた。

韓国自動車産業協会が10日に発表した「2018年10大自動車生産国の現況」によると、韓国の国内自動車生産量は前年比2.1%減の402万9000台と集計された。

韓国の自動車生産量は2015年455万6千台レベルだったが後に2016年422万9千台、2017年411万5千台、2018年402万9千台などで、3年連続で減少傾向を示した。

これにより、韓国の自動車生産量順位は2016年にインドに5位の座を明け渡したから2年ぶりに戻って一段階下落し、メキシコに押されて、世界7位に落ちた。

世界の自動車生産量で韓国が占める割合は4.1%で、やはり前年比0.1%ポイント減少した。 (中略)

自動車協会は、生産量の減少の要因について「対立労使関係と硬直労働市場の構造などによる高コスト・低効率の生産構造固着で生産競争力が失われた」とし「昨年2月に韓国GM(GM)の群山工場閉鎖による生産中断、内需と輸出の同伴不振などが複合的に作用した」と分析した。

協会は引き続き「インドとメキシコは賃金水準に比べ、高い生産性で成長を続けている」と付け加えた。

業界では、国内外の世界の自動車産業が不況期に入るにつれ、今年の自動車生産が追加で減少し、400万台のラインが崩れるという見方を出している。 (中略)

韓国は、自動車の輸出も競争力が弱体化する傾向にある。

協会によると、韓国の自動車輸出量は、2012年317万1千台、2013年308万9千台、2014年306万3千台、2015年297万4千台、2016年262万2千台、2017年に253万台、2018年に245万台に6年連続で減少を記録した。
(引用ここまで)

 韓国の自動車生産量が前年比マイナス2.1%。
 製造台数ではメキシコに抜かれ、輸出台数ではスペインに抜かれることが、去年のうちから確実視されていました。
 実際にそうなってしまったよ、という数字。

 自動車製造というのは部品数も多く、下請けを潤すこともできる「雇用に効く」産業なのですね。
 ヒュンダイ自動車での半分以下の賃金となる光州型雇用でも「工場での直接雇用は1000人ていどであったとしても、下請けまで含めれば1万人単位の雇用となる」としていました。
 どれだけ自動化してもしてれない部分があり、どうしても人の手での作業というものが必要になるのです。
 さまざまな国が工場誘致しようと必死になるし、日産がイギリスでの工場建設を中止するという話がイギリス経済にけっこうな衝撃を与えるわけですね。

 今後何年か、自動車業界は急速に業績悪化を迎えそうだと心配されています。
 リーマンショックではまさかの(後から見てみれば当然でもあった)GM倒産という結果が生まれ、業界再編のきっかけになりました。
 今回はどんな形で噴出するのか。
 GMが倒産したのは労働組合があまりにも強すぎたからという背景がありました。

 まったく同じ構造を現在の韓国の自動車会社は持っています。
 ルノーサムスンは親会社のルノーから警告を受けており、ヒュンダイ自動車は強すぎる労組に頭が上がらずにラインの車種変更すらできない
 危機になる前からすでに現時点で韓国国内の工場は大きな弱点を抱えているともいえるわけですよ。
 それでなくともコスト高の工場を抱えている韓国の自動車会社にとっては、ある意味「ご破算で願いましては」となるのは本望かもしれないなぁ……とも感じますが。
 GMは国有化でスリム化を果たして復帰することができました。
 さて、ヒュンダイ自動車は……というか、韓国国内の自動車工場はどうなるのでしょうね。