慰安婦:天皇に謝罪求めた韓国国会議長、発言の趣旨を説明(朝鮮日報)
 文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長が、従軍慰安婦問題で「天皇(原文は日王)謝罪するのが)望ましいと思う」と発言して騒動になっていることについて、「責任ある指導者の真摯(しんし)な謝罪が(重要だという)趣旨だった。韓日両国間の不必要な論争を望んでいないし、起こってもいけない」と11日(現地時間)に語った。

 訪米中の文喜相議長は同日午前、ワシントンD.C.のホテルで記者らに「韓日のネットユーザーの間でも舌戦になり広がっているようだが、望ましい現象ではない」と述べた。

 また、文喜相議長は「(明仁)天皇は戦争犯罪の主犯の息子」という言及について、「戦争時の日本の国王の息子だという意味だ。重要な地位にいる指導者の心からの謝罪を強調する脈絡から出た表現だ。慰安婦問題は被害者たちが納得できるだけの真摯な謝罪が優先されなければならない。日本側は数十回謝罪したと言うが、私は見るに、そのようなことはない」と言った。
(引用ここまで)

 ムン・ヒサンが「戦争犯罪者の主犯の息子」という表現を使ったという確約が取れましたね。
 韓国国会報道官から「議長がそんな表現をした覚えはない」という反論が出て、Bloombergが捏造報道をしたという疑惑が出ていたこともありました。
 そのためか、インタビューの音声をTwitterで動画として上げています。


 他にも動画中には河野外相やらムン・ジェインのコメントをテロップで出したりしているのですが、そこには音声をかぶせていません。
 韓国の言い訳を封じるための措置でしょうね。あと日王(イルワン)と言っていることも確認できました。

 いつもの嘘をついて発言を繕おうとして失敗するという典型的なパターンでした。
 火器管制レーダー照射事件も同じだったのだろうな、ということが理解できると思います。

 で、ムン・ヒサン議長は「真摯な謝罪が必要だ」としていますが、もう日本人はそんな話に疲れ果てたのですよ。何度謝ろうと同じことだというのがもう知れ渡っている。「最終的かつ不可逆的」な解決としてですらちゃぶ台返しをしてくるのだから、もう何をしても無駄。
 こんな発言をしているのが韓国国内では「知日派」とされている絶望感。
 日韓関係の象徴といえるでしょうね。