韓国側「無礼な過剰反応だ」…日本の謝罪要求に(読売新聞)
韓国議長発言めぐり反論=「驚き、残念と伝えた」−河野外相(時事通信)
韓国外交省関係者は16日、天皇陛下に元慰安婦への謝罪を求めた韓国国会議長の発言を巡り、15日の日韓外相会談で日本側から抗議を受けた事実はないと記者団に説明した。会談を通じて正式に抗議を受けたとなれば、韓国政府として日本側の批判に理解を示したと受け止められかねないことを懸念したようだ。

 ドイツで開かれた日韓外相会談後、日本政府関係者は「議長発言について日本の立場を改めて伝えた」と記者団に説明したが、韓国外交省関係者は16日、「今般の会談でこの件に対する日本側の言及はなかった」と反論した。
(引用ここまで)
河野太郎外相は16日(日本時間17日未明)、慰安婦問題をめぐる韓国国会議長の発言に関し、韓国政府が15日の日韓外相会談で河野氏から言及はなかったと発表したことに反論した。ドイツ・ミュンヘンで記者団に「『大変驚くとともに、残念に思う』と申し上げた」と明らかにした。
(引用ここまで)

 読売の記事によると「日本側からの抗議に理解を示したと受け取られかねない」ということで「日本側の言及はなかった」ということにしたとのこと。
 一昨日、楽韓Webで「韓国国内で突き上げを喰らうから、抗議そのものをなかったことにした」と予想しましたが、そのままだったようですね。
 で、もちろん日本側は「そんなわけあるか」と再抗議。
 まあ、額賀日韓議連会長の抗議もなかったことにしたことも含めて、一般的な外交としてはあり得ない反応ですからね。
 ダチョウが砂に頭を埋めたかのように「そんなことはなかった」ってお題目を唱えていればなかったことになるわけでもなし。

 外交プロトコルというものは言葉尻を捉えられて紛争に至らないよう、言葉の角を極限まで丸くしてあるわけですよ。
 そんな中、『大変驚くとともに、残念に思う』というのはかなり強めの表現。
 半ば以上呆れている、という感じですけどね。

 そんな中、韓国側からは「コミュニケーションの行き違いでは」というような話も出ています。
 話が180度食い違っていることから、韓国メディアでは困惑も拡がっているということですかね。

韓国外交部長官「『天皇謝罪』発言に対して日本側抗議なかった」vs日本外相「遺憾伝達」(中央日報)
このように2人の説明が180度食い違うことに関して、一部では両者のコミュニケーションの途中で誤解があったのではないのかという見方も出てきている。東京のある消息筋は「康長官が否定したのは『謝罪と撤回の要求があったか』という質問に『なかった』と明らかにしたこと」と話した。すなわち、会談で文議長の発言が扱われたとしても、河野外相から直接、「謝罪と撤回」を要求する発言はなかった可能性があるということだ。
(引用ここまで)

 いや、ないわーと思ったのですが。
 ふと「そういえばこのカン・ギョンファって人、外交素人だったわ」と気づきまして。
 韓国で「四大国」とされている日本、アメリカ、ロシア、中国へムン・ジェイン政権から派遣されている大使がすべて外交官出身ではないという状況。
 もしかしたら、外交プロトコルを理解できていない……という可能性はなくはないですかね。

 ただまあ、韓国外交部の物言いは「日本側の言及がなかった」というもの。言及そのものを否定してるのですから、このあたりの可能性は非常に少ない。
 意図的になかったことにしようとしている、というほうが正解でしょう。

ワインと外交(新潮新書)
西川恵
新潮社
2007/2/19