【産経・FNN合同世論調査】韓国国会議長の発言「撤回すべき」82%(産経新聞)
元徴用工問題、政府対応「評価」64% 本社世論調査 (日経新聞)
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。韓国の文喜相国会議長が「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言し、天皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と評したことについて、発言を撤回すべきだとの回答が82・7%に達した。

 慰安婦問題が収まらないのは「韓国側」「あえて言えば韓国側」に問題があると答えたのが67・7%に上った。「両国ともに問題がある」は26・7%で、「日本側」「あえて言えば日本側」は3・7%だった。韓国を「信頼できない」との回答は77・2%、「信頼できる」は13・9%にとどまった。
(引用ここまで)
日本経済新聞社の世論調査で、韓国の元徴用工訴訟問題をめぐって日本政府が第三国の委員を交えた仲裁委員会の設置申し入れを検討していることを聞いたところ「評価する」が64%だった。「評価しない」は23%。内閣支持層では71%、内閣不支持層でも57%が「評価する」と答えた。野党支持層や無党派層でも過半数がいまの日本政府の対応を評価した。
(引用ここまで)

 ムン・ヒサンの発言について撤回すべきと思うとの答えが82.7%。
 思わないとの答えが12.0%。まあ、ムン・ヒサンの発言についてはうちも撤回すべきだとは思わないので、そういう層も存在することでしょうよ。
 ただまあ、一般の日本人の大多数が不快感を覚えている、ということは間違いないと判断してよいでしょう。

 今日の菅官房長官による会見でも「発言は甚だ不適切」とし、世論調査について聞かれた時には「憤りを禁じ得ない」とムン・ヒサンの反論に対しての怒りを露わにしていましたね。



 「憤りを〜」は9分過ぎくらいから。
 しかし、82.7%ってのもホントすごい数字だよな……。

 で、その一方で日経の世論調査では徴用工裁判について協議申し入れや仲裁委員会設置検討を行っていることについて評価するが64%。ざっくり2/3。
 野党支持層や無党派層でも過半が支持しているということから、現状の「条約に従って粛々と行動」がよいと考えているのは間違いないところ。
 過激な行動に出たところで、国民からの支持が得られなかったらなんの意味もないのですよね。
 ただまあ……そろそろ執り得る手段というものを精査しておいたほうがいいとは思います。