【コラム】三・一運動記念式典会場の日本大使(朝鮮日報)
 日本側は、韓国が今回の三・一節を契機に反日へ疾走するだろうと懸念している。

 しかし和田春樹・東京大学名誉教授の言う通り、日本側が「己未年(つちのとひつじ年。1919年)独立運動」をきちんと理解すれば、そう心配するほどのことではない。三・一運動は、侵略国を非難するよりも説得し、両国が東洋平和のため共に進もうというものだった。「朝鮮独立は(中略)日本をして邪路より出(い)でて東洋支持者たるの重責を全うせしめんとするもの」という宣言文に、その精神が十分要約されている。宣言文の「公約三章」は「決して排他的感情に逸走すべからず」と戒めた。

 日本の懸念とは異なり、三・一運動100周年は、その精神をきちんと生かせば、韓日関係の新たな分岐点を作ることができる。安倍晋三首相と日本の政治家が、50年前の金山大使の決断を一度でも熟考してみることを切に望む。相手を排斥するより、心から日本を説得して共に進もうとしていた三・一運動は、単に日本にのみ教訓を与えるものではないと思う。
(引用ここまで)

 「和田春樹・東京大学名誉教授の言う通り、日本側が「己未年(つちのとひつじ年。1919年)独立運動」をきちんと理解すれば、そう心配するほどのことではない」
 「三・一運動100周年は、その精神をきちんと生かせば、韓日関係の新たな分岐点を作ることができる」
 うん、まあ……。
 分岐点になることは間違いないでしょうね。

 実際にやろうとしていることは日本企業の財産の侵害ですし。
 あと釜山の日本総領事館横に「徴用強制労働者像」を設置しようと再チャレンジしています。

釜山の日本総領事館前に「労働者像」設置か 三・一運動記念日に(聯合ニュース)

 去年は日本総領事館の敷地横には置くことができず、隣接するブライダルショップの前に置かれて超迷惑だったというアレを再設置チャレンジ。
 去年は設置はもちろん、自治体による撤去についてもそれほど盛り上がらなかったのですよ。
 もちろん、批判の声はありましたが慰安婦像の時のように自治体の業務が滞るほどのものではなかったとのことです。

 今回、3月1日を狙っているというのは当然、国民の盛り上がりを期待してということなのでしょう。
 あの北朝鮮シンパである「世界最悪の労働組合」とも言われている民主労総がそういう狙いでやっている以上、「心配するほどのことではない」なんてことにはならないのは自明の理。

 本当に日本でもテロ行為等に注意してください。
 韓国になんらかの由縁を持つ施設は危険だと思います。前例のある靖国神社はもちろん、ホテルオークラや国立博物館の東洋館ですら気をつけたほうがいいと思っていますからね。