日本、釜山国際海洋訓練への参加をめぐり一進一退(中央日報)
海自観艦式、韓国を招待せず レーダー照射で溝(産経新聞)
4月末に韓国釜山沖で開かれる海上共同訓練参加をめぐり韓日が神経戦を繰り広げている。両国の国防当局が日本海上自衛隊の参加をめぐり交錯した発表を出してだ。朝日新聞は23日、「岩屋毅防衛相は23日、4月29日から5月2日まで韓国・釜山沖で行われる海上共同訓練に海上自衛隊が参加することを表明した」と報じた。

海上共同訓練は東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国や韓日米露など計18カ国が国際海上の犯罪に共同で対応して海洋施設の保護のために実施する合同訓練だ。釜山(4月29日〜5月2日)とシンガポール(5月9〜13日)の2回に分けて行われる。この訓練には計11カ国から16隻の艦艇が参加する。

ところが朝日新聞は23日、日本の参加を報道しながら「韓国国防省は22日に海自は参加しないと発表し、日本側は戸惑いを見せている」と伝えた。防衛省が韓国国防部が間違って発表したと、とがめるようなニュアンスだった。
(引用ここまで)
 今年秋に行われる海上自衛隊の観艦式について、防衛省が韓国海軍の招待を保留していることが分かった。韓国海軍駆逐艦が海自のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題などが影響しているとみられる。

 岩屋防衛相は25日午前、国会内で記者団に「招待しないことを決めたという事実はない。諸情勢を勘案しながら適切に判断していきたい」と述べた。海自の観艦式は3年に1度行われ、友好国などの艦艇が参加している。政府関係者によると、米国や中国などはすでに招待した。
(引用ここまで)

 韓国国防部からは「海上自衛隊は海上共同訓練に参加しない」と発表があり、岩屋防衛相からは「参加する」という言葉が出る。
 これについてはいまひとつ事態が見えていないので、とりあえずコメントしませんが。
 韓国とだけの共同訓練というわけではないので、海自も積極的に参加すべきでしょうね。
 海上自衛隊は釜山、シンガポールで行われる訓練の両方共に参加。釜山港には寄港せずに帰ってくる……ということなのかねぇ。
 韓国国防部が海上自衛隊を共同訓練から排除しようとしている、ということかもしれませんが。
 正直、これに関してはあちら側に悪意があるのかどうかはまだ判断しかねる感じです。

 で、今年秋にある海上自衛隊の観艦式に韓国を招待していない、と。
 少なくとも現状では招待状を出してはいないということですね。
 火器管制レーダー照射事件もあるでしょうが、なによりも去年秋の韓国で行われた観艦式で「旭日旗の持ち込み不可」ってされたことの「返礼」ですわな。
 友軍ではないどころか、下手したらこちらに危害を加えてくる可能性すらある輩を招待するわけにはいかんでしょう。
 むしろ、招待したらダメ。

 10月に予定されている即位礼はどうなるんでしょうかね?
 少なくとも5月には招かれていない、というのは実際の模様。G20には来るんでしょうけども。

大統領府「文大統領訪日スケジュール、決定しているものはない」(ニュース1・朝鮮語)

 19日の定期会見で「5月にトランプ大統領が訪日を予定しているとのことですがムン・ジェイン大統領の訪日予定はどうですか」という質問に対して「関知していない」との答をしたとのこと。
 まあ、5月とかの御面会はないでしょうが、即位礼については招待してもよいのではないか、いやしかし現状の日韓関係で招待するっていうのは韓国側の態度を容認することにもつながるよなぁ……と、個人的にはそんな感じです。
 ただ、今回の観艦式への招待状がまだっていう状況を鑑みると、即位の礼に呼ばれなかったときのリアクションはさぞかし面白いだろうな……とか思ってしまいますね。