「韓国版ディズニーランド」建設再始動、中・日との集客合戦に(朝鮮日報)
 京畿道華城市に国際的な大規模テーマパークを建設する事業が、2度の頓挫を経て、新世界グループの主導により再始動することになった。これまで「韓国版ディズニーランド」の建設を目指しながらも12年の間に2度も計画が頓挫し、構想自体が白紙化される危機に直面したが、ようやく「主人」が決まった格好だ。土地の所有権を持つ施工主の韓国水資源公社は28日「華城国際テーマパークの優先交渉対象者に、新世界プロパティーによるコンソーシアムを最終選定した」と発表した。

 華城テーマパークは京畿道華城市の松山グリーンシティ東側に建設される予定で、面積は315万平方メートル。アジアの代表的なテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の約6倍に達する。新世界グループの直接投資額は総額4兆5300億ウォン(約4530億円)。コンソーシアムは、大型ショッピングモール「スターフィールド」を運営する新世界プロパティー(持ち株比率90%)と新世界建設(同10%)で構成される。

 テーマパークは、ジェットコースターなどのアトラクション、家族で楽しめるウォーターパーク、恐竜の卵の化石発見地帯と連携した恐竜探検パーク、子ども向けのおもちゃの国と大きく四つのテーマに分けられる。さらに、1000室規模のホテル、ショッピングモール、K−POPの公演会場、ゴルフ場も建設され、アジアを代表するテーマパークタウンが韓国の首都圏にお目見えすることになる。 (中略)

 新世界は「スターフィールド」を成功させたノウハウを華城国際テーマパーク事業にも生かすとしている。新世界の関係者は「華城国際テーマパークは、ショッピングに娯楽と飲食を融合させたスターフィールドのモデルに、アトラクションとスポーツ(ゴルフ場)、宿泊(ホテル)を追加したものだ。グループの全ての力を結集して臨む」と意欲を見せた。
(引用ここまで)

 タイトルだけ見たら「ついに韓国にもディズニーランドができるのか」と誤読してしまいそうですが。
 大規模なテーマパークだかアミューズメントパークだかができるというだけで、ディズニーランドができるというわけではないのですね。
 USJ、ディズニーランドの6倍の規模といっても4つのテーマパークに分かれているということは、個々ではさほどの差はないイメージかな。
 とはいえ、東京ディズニーリゾートとは比較にならんだろうなぁ……。
 上海にも香港にもディズニーランドあるにも関わらず、わざわざ中国から東京ディズニーリゾートに来るリピーターが多数いるように、世界観が異なっているのですよね。
 USJが復活できたのもそのあたりに遅ればせながらも気づいたことが重要でしたね。

 独自の世界観を出すことができるのか。
 入場者をパーク全体の意思としてもてなすことができるのか。
 韓国のこのアミューズメントパークにそれができるのか、ということが問題になると思うのですが。
 アミューズメントパーク云々ではなくて、なんとかして観光都市としてやっていきたいという意識が見え見えなのですよね。

 ……まあコンセプトをうまく真似ることができれば、決して不可能ではないと思います。
 ほら、ディズニーが1000億円出すから譲ってくれって懇願したポロロとかいうアニメもあることですし?

 ちなみに事業主である新世界グループはeマートをはじめとしたショッピングモールを多数展開している企業で、テーマパークへの参入ははじめて。
 記事にも「スターフィールドを成功させたノウハウを活かす」ってありますが、スターフィールドは大規模なショッピングモール。イオンモールみたいなものですよ。
 まあ、この一文で逆に行ってみたいと思っていますわ。
 ノ・ムヒョンセンターK-カルチャーバレー仁川ロボットランドと行きたいところがいっぱいだなー。