「日本が気がかり」…鄭東泳代表、米朝会談決裂の裏として安倍首相名指し(中央日報)
民主平和党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)代表が2回目の米朝首脳会談決裂の背後として日本を名指しした。米朝会談前に日本の妨害工作があったという疑いが提起されていたが韓国政府が対応しなかったという主張だ。

鄭代表は2日、自身のフェイスブックに「日本が気がかりだ」として2回目の米朝首脳会談直後の日本の反応に注目した。

彼はフェイスブックへの書き込みで、「ハノイ会談決裂の裏に日本の影が見え隠れする。世界の指導者のうちハノイ会談失敗に歓呼した人は安倍首相1人だ」とした。

続けて「安倍首相は昨年のシンガポール会談後に終戦宣言NO、制裁緩和NO、経済支援NOを叫んだ。この3つは韓国の保守勢力の主張であると同時に、ハノイ会談撃沈を狙ってきたワシントン強硬派の考えと軌を一にする」と説明した。
(引用ここまで)

 民主平和党は国民の党と正しい政党が合併した際に、反発した国民の党の一部議員が離脱して結成した党。現状だと第4党になるのかな。
 国民の党が中道やや左派くらいに位置していた政党で、正しい政党は保守系政党。というわけで離脱した議員らは中道左派よりももうちょっと左派寄りということになるのかな。所属議員の全員が伝統的に左派の強い全羅道地域の議員だということですから、左派であるという認識で間違いないでしょう。

 で、その民主平和党の党首が「米朝首脳会談が決裂した裏には日本の影が見え隠れしている」と自らのfacebookページへ書き込み。
 決裂直後にはKBSのニュース番組で「背後に日本のロビー活動があるのでは」と伝えられ、ムン・ジェイン政権の閣僚は日本の統一妨害に立ち向かえなんて言葉が出てくる。
 中央日報は「日本が最大の受益者となった」と書き立てる。

 韓国国内では「ハノイでの米朝首脳会談が決裂した背景には日本がいる」とする見方が一定の説得力を持っている、という認識で間違いないところ。
 まあ、自分たちにとって決定的な不利益な出来事が起きたので日本のせいとして精神の均衡をとっているようにしか見えませんけどね。
 フランスドイツ、イギリス、EUASEANと自分たちの持論である「段階的非核化に対しての段階的恩恵」論を否定され続けて、それらの国々から否定されている原因も日本のロビー活動の結果であるとして、自分たちの政策の間違いについて目をそらし続けているくらいですからね……。

 隣国がこんなていどの外交認識と手腕であり続けてくれるのであれば、それはそれでありがたいことですわ。