ボルトン、「非核化の定義」公開……「北、核・生物化学兵器・ミサイル放棄しなければならない」(KBS・朝鮮語)
ボルトンホワイトハウス国家安保補佐官がフォックスニュースとのインタビューで、トランプ大統領がキム・ジョンウン委員長に伝えたという「ビッグディール」の内容を電撃公開したものです。

ジョン・ボルトン/米ホワイトハウス国家安保補佐官/米フォックスニュースのインタビュー「トランプ大統領は『ビッグディール』、すなわち非核化を要求し続けています。核生物化学兵器、弾道ミサイルを放棄する決定をするように促しました」

北米首脳会談の結果に対する非難世論を意識したのか、ボルトン補佐官は米メディアと相次いでインタビューを持って協議詳細を具体的に説明しました。
トランプ大統領は、それぞれハングルと英語の文書を提供したが、北朝鮮の核とミサイルのほか、「生物兵器」まで含まれている「大規模な非核化」を求めました。
これまで核弾道ミサイルのみを「非核化」対象として取り上げられていた米国が「生物兵器」まで言及したのは初めてです

ボルトン補佐官は、第2次北米首脳会談が決裂した、いわゆる「ノーディール」に終わったことについては、米国の国益が保護された会談とし「失敗したと思っていない」と評価した。
(引用ここまで)

 ボルトン大統領補佐官が北朝鮮に提示した「非核化」の定義を公開しました。
 核兵器・生物化学兵器・弾道ミサイルを廃棄するように迫ったと。
 こうすれば北朝鮮の経済発展のために手を貸すことができる、という交換条件だったわけですね。

 その一方で北朝鮮は寧辺の核施設の一部だけを差し出すことで、経済制裁の大半を解除してもらえないかと申し出たと。
 すなわち、段階的非核化に対する「相応の措置」が中国との貿易、および韓国との経済協力になるということですね。
 それだけでここ数年に渡って課されている「最強の制裁」を解除してくれって話に持っていこうとしたのか。

 まあ……これじゃあディールせんわなー。
 歩み寄りようがない。
 なんでこれで取引が成立するって思いこんだのやら。
 んで、韓国の大統領府もこんなんで制裁解除されて輝かしい未来が訪れるみたいな寝言を言い続けることができたのやら。
 トップダウンでトランプ大統領さえ攻略できればなんとでもなるくらいに思っていたのかねぇ……。
 首脳会談にボルトン補佐官が参加した時点でそんな芽はなかったですね。