【社説】金慶洙知事に有罪判決下した判事を起訴した韓国検察(朝鮮日報)
 韓国検察当局がいわゆる司法行政権乱用事件に関連し、現職判事と元判事計10人を起訴したが、その中には金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事に有罪判決を下した成昌昊(ソン・チャンホ)部長判事が含まれている。成判事は2016年に逮捕状交付担当の判事を務めていた当時、「チョン・ウンホ事件」に関与した裁判所関係者に対する検察の令状請求、容疑者の陳述内容などを法院行政処に漏らしたとして起訴された。一方、司法行政権乱用をめぐる6カ月の捜査期間中、検察の捜査内容は外部に流出し続けた。40件を超える元大法院長の容疑のうち、事前に明らかにならなかったのはわずか1件だけと言われるほどだ。検察は被疑事実をこれだけ頻繁に公にしておきながら、判事の行為については機密漏えいだと主張しているわけで、これもまたご都合主義だ。

 成判事が流出させたという資料は、行政処にだけ報告され、捜査対象に流出したものではないという。それは一種の内部報告に当たるものであって、「故意の犯罪」とは言えないとの指摘がある。他の裁判所でも同様のケースがあったが、検察はそれについては起訴しなかった。成判事の問題は検察の捜査の本質とは無関係な事案であり、枝葉末節だ。それにもかかわらず、検察は「容疑が重大だ」として、成判事を起訴した。検察のものさしが公正なものと言えるのか、他に何か裏があるのではないかと疑われる。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインの側近中の側近として大統領選挙中も活躍していたキム・ギョンスという人物がいまして。現在は慶尚南道知事。大統領選挙中は国会議員。
 ドルイドキングなる人物が主催する団体に大統領選挙中、ムン・ジェイン陣営に有利になるようなコメントをNAVERニュースのコメント欄に書き込んでくれという依頼をしていた人物であるとされています。
 いわゆる「ドルイドキング事件」ですね。ドリューキング事件とも。

 先日、そのドルイドキング事件に対して地裁判決が出ました。
 キム・ギョンス懲役2年の実刑判決。法定拘束でそのまま収監されています。ドルイドキングことキム・ドンウォン本人は懲役3年6ヶ月。
 この判決当時から「前大法院長を逮捕したことに対する報復判決だ!」という声が与党である共に民主党から挙がっていたのですね。あ、それとキム・ギョンス知事からも。
 その後、共に民主党の党代表からは「この裁判官は弾劾に値する」と宣言が出ています。

 でもって、今回はその裁判官を検察が起訴。
 理由は機密漏洩。法院行政処に供述を報告した、ということが「機密漏洩」にあたるそうですが。
 この法院行政処は大法院(最高裁)の事務機関。言ってみれば裁判所の身内。
 朝鮮日報の記事内容を見るかぎり、起訴されるような事例とも思えませんが、起訴されたと。
 つまり、ムン・ジェイン政権に逆らうものはすべて高く吊す、というわけです。
 「聖なるろうそく革命によって成立した政権に逆らう反革命勢力には死を!」ということですね。

 日本のヒダリ側の人たちから「安倍政権は独裁だ」とか「安倍政権がメディアに圧力をかけている」といったような主張が盛んに出ていますが。
 「本物の弾圧ってものを見せてやるぜ!」 とばかりにやってくれるムン・ジェインにある意味、頼もしさすら感じてしまいますね。
 あと習近平も。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧」〈2018年10月23日号〉 [雑誌]
ニューズウィーク日本版編集部
CCCメディアハウス
2018/10/16