反日煽る文在寅大統領に関係修復は困難とみる米国(JBPress)
 筆者は、日韓の現状について、東京とソウルに特派員として常駐したことのある2人の米国人ジャーナリストと話し合った。2人とも日韓問題には強い関心をもっている。 (中略)

 「歴史認識を巡って日韓が国を挙げてやり合うことはこれまでにもあった。その都度何となく収まってきた。だが今回はちょっと様相が異なっている」

 「文在寅大統領が政権を取ったことで韓国では大文化革命が起こったような状況だ」 (中略)

「コリアンの反日機運は司法、行政、立法の三権にも伝染してしまって、ちょっと直しようがない」

 「メディアも濃淡はあるが、こうした民心を慮ってか、冷静な報道をしようとしない。大衆の間でも反日がまるでファショナブルなものになってしまった」 (中略)

「文在寅大統領はそれを沈静化させるどころか、先頭に立って煽っている。日韓外交をこれからどうしようということは全く考えていないように見える」

 これが米国の「日韓オタク・ジャーナリスト」の率直な感想だ。
(引用ここまで)

 この記事、2部構成になっています。まず、前半部分の引用はここまで。
 アメリカ人ジャーナリストに現在の日韓関係を問うたところ「これまでとは様相が異なってきている」「ムン・ジェイン政権がそれを煽っている。日韓関係をどうすべきかはまったく考えていない」との認識にあるとのこと。
 ムン・ジェインが煽っている原因にまでは言及していません。

 楽韓Webではその原因を「パク・クネ政権を徹底的に否定するための一過程である」と考えています。
 執拗なまでに慰安婦合意を攻撃しているのは「ムン・ジェイン政権の指向性が反日である」というよりも、それを結んだ反パク・クネ政権であり、かつ保守派攻撃の手段であると。
 これに関しては今後、詳しく語ることができればまた書きましょう。
 あるていど日韓の事情に通じているジャーナリストが、現在の日韓関係を憂えるくらいの状況にはなっている、ということですね。

 で、後半はマイケル・ブリーン氏を中央日報がインタビューした「韓国、日本より中国が協力国というのは古代史的観点」という記事についての話。
 この記事、英語版の中央日報に掲載されていないのですね。
 一応、中央日報にもNAVERニュースにも韓国版は掲載されているのですが、それほど反響はありません。NAVERニュースでコメント数はわずか12。
 このインタビュー記事ではかなり強力に韓国、およびムン・ジェイン政権を批判し、日本と協力すべきだというように話しています。
 シンシアリーさんのところのエントリにもあるように、このマイケル・ブリーンという記者は韓国内で欧米の記者にかなり知られている存在であるとのこと。言ってみれば、超親韓派だった記者です。
 これまでは超親韓派であったにも関わらず、いきなりこんな話を書いているのはなぜか……という理由をいぶかしんでいる……という感じ。

 韓国メディアが自国内には掲載しても、外国語版には掲載しないということはそこそこあることなので、なんの不思議もないのですけどね。
 ムン・ジェインファンクラブの話も、聯合ニュースの韓国版にあっただけで日本語版、英語版からは削除されていましたっけ。

 ……むう、記事自体の論旨がばらけているので、それを扱ったこのエントリもばらけ気味。
 まあ、全体としてはそこそこ読める記事なので一読してもよいとは思います。