麻生氏、送金・ビザ発給停止例示(共同通信)
 麻生太郎副総理兼財務相は12日の衆院財務金融委員会で、韓国の元徴用工訴訟で賠償を命じられた日本企業の差し押さえ問題を受け、韓国への報復措置を例示し具体的に検討していると述べた。「関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とかいろんな報復措置があろうかと思う」と語った。

 日本維新の会の丸山穂高氏に対する答弁。麻生氏は「そういったものになる前の所で交渉しており、きちんとした対応をやっていかないといけない」と語り、報復措置の実施に至らないよう努力していると説明した。
(引用ここまで)

 徴用工裁判についての対抗措置に関して政府内部で検討されている、という段階から対外的にもアナウンスするようになりました。
 というか一足飛びに閣僚からの発言。それも麻生副総理から。
 しかも、国会の場で。
 関税以外にも日本からの送金の停止、ビザ発給停止等を考慮ということで先日の報道よりもやや幅が拡がっていますね。
 対抗措置ありきではなく、まずは徴用工判決を韓国側がなんとかしろってことが優先されますが。

 その一方で韓国政府からは先日の報道に対してのリアクションが出ています。

韓国「日本は慎重な対応を」=徴用工訴訟の対抗措置で(時事通信)

 日本政府は慎重な対応を……って、まさに冗談のような反応。
 これ、おそらくは韓国側にも「日本企業に損害が出たら対抗措置」っていう基本方針が届いているのでしょうね。
 一昨日も書きましたが、日本政府がここまで対応するようになったんだと感慨深いですわ。
 おまけにそれを話しているのが麻生財務相ってこともあって、韓国側のリアクションも楽しみで仕方ないって感じです。