「文大統領は金正恩の首席報道官」、発言巡り韓国国会紛糾(朝鮮日報)
 韓国の保守系野党・自由韓国党のナ・ギョンウォン院内代表は12日、国会での演説で文在寅(ムン・ジェイン)大統領について「(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首席報道官」と皮肉った。これに対して与党・共に民主党の議員らが「謝罪せよ」「大統領に対する冒とく」などと激しく抗議し、一時は議員同士でもみ合いが起こった。 (中略)

ナ院内代表はさらに「北朝鮮に対する際限のない擁護と代弁ももはや恥ずかしい」「これ以上、大韓民国の大統領は金正恩氏の首席報道官といった、恥ずかしい話は聞かれないようにしてほしい」などと指摘した。自由韓国党はこの「首席報道官」という言葉について、昨年9月26日付の米ブルームバーグ通信の記事「文大統領が国連で金正恩氏の首席報道官になった」を引用したものと説明した。

 するとこの時点で共に民主党の議員らが一斉に「何を言っているのか」「やめろ」などと叫び始めた。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長はナ院内代表に続けるよう指示したが、共に民主党の議員らは謝罪を要求するなどして抗議を続けた。共に民主党には席を立って会場を後にした議員も複数いた。自由韓国党議員らは机をたたきながら「傾聴、傾聴」と声を出して要求したが、共に民主党の議員らが「謝罪せよ」と叫び続けたため、演説は30分以上にわたり中断した。 (中略)

 共に民主党のイ・ヘチャン代表は演説が終わった直後に緊急の議員総会を招集し「大韓民国の国家元首に対する冒とく罪だ」「国家倫理委員会でこの問題を検討する」と述べた。
(引用ここまで)

 ブルームバーグが「ムン・ジェインは北朝鮮の代弁者となった」と報じた際のエントリはこちら。
 欧米で北朝鮮核問題、アジア関連の話題に興味を持っている知的階層の人々には共通認識になっている、といっても過言ではないでしょうね。
 国会が紛糾したのも、これが事実であって共に民主党としても痛いところを突かれたからこそ。
 米朝首脳会談で北朝鮮が要求した「段階的非核化に対しての見返りによって制裁緩和」というのは、そもそもムン・ジェインの持論でもあるわけで。

 フランスをはじめとしたヨーロッパ歴訪で主張しまくっていたじゃないですか。
 ヨーロッパでは誰にも受け入れられず、その後ASEANで言ってみたけどこちらでも却下されていましたね。
 世界中、どこを見てもこんな話に賛同してくれるのはムン・ジェインだけ。
 北朝鮮の主張をそのまま喧伝しているのですから、「キム・ジョンウンの首席報道官」という表現は間違っていないと思えますけどね?

 ちなみに現在、ムン・ジェインはブルネイ・マレーシア・カンボジアを歴訪しているところ。
 どうやら今回は北朝鮮核問題については言及していない模様。さすがに学習したか……。
 ムン・ジェインには臆さずに、北朝鮮擁護の話を雄弁に語ってほしいものですけどね。

たのしいプロパガンダ (イースト新書Q)
辻田真佐憲
イースト・プレス
2015/9/10