韓経:中国人観光客は来ず、限韓令はちびちび解除…「中国がこれほど偏狭だとは」(韓国経済新聞)
韓経:中国から撤退する中低価格Kビューティー「Kビューティーの華麗な時期は過ぎ去ったのか」(韓国経済新聞)
「高高度防衛ミサイル(THAAD)事態以前より売り上げが70%も減りました。回復する兆しもありません」。化粧品ブランドショップを運営中のある店主の愚痴だ。東南アジアからの観光客が多少増えたが、「買い物額は比較できないほどなので大して役に立たない」という。露店でアクセサリーを販売するある商人は「中国人観光客が戻ってくれば道が開けそうだ。中国がこんなに偏狭な国とは知らなかった」と話した。

中国でも韓流を制限する「限韓令」は続いている。韓国ドラマは中国のテレビから姿を消し、韓国の有名芸能人が出演する商業広告も消えた。K−POPスターの大規模公演も中断された。小規模ファンミーティング程度が時々開かれるのがすべてだ。ある大手企業駐在員は「大衆が触れられるメディアから韓流コンテンツが消えて久しい」と伝えた。
(引用ここまで)
コスメブランドTONY MOLY(トニーモリー)加盟店主協議会は7日午後2時頃、ソウル瑞草洞(ソチョドン)のトニーモリー本社前で「本社は加盟店主と共生するという経営方針を実行せよ」とし、集会を開いた。同日、店を閉めて抗議の意向を明らかにした加盟店オーナーは100人余り。集会には40人余りが参加した。キム・ジソン加盟店主協議会会長は中央日報の電話取材に「商売にならず会社は赤字を出しているのに経営陣は配当金を取るなど加盟店主の利益を考慮しない」と明らかにした。

トニーモリーのオーナーらが団体行動に出た根本的な背景は実績悪化、特に中国事業の苦戦だ。2016年に2331億ウォン(約229億円)を上げた売り上げは2017年には2057億ウォンに減った。昨年は前年より12%少ない1809億ウォンの売り上げを記録した。営業利益は2016年は176億ウォンだったが2017年には19億ウォンの営業損失を出し、昨年は51億ウォンに損失規模が増加した。危機の核心は中国商圏だ。 (中略)

中国から撤退したのはトニーモリーで3社目だ。昨年5月にTHE FACE SHOP(ザ・フェイス・ショップ)は130店舗余りの中国単独店舗をすべて閉店した。THAAD(高高度ミサイル防御システム)問題による売り上げ減少、中国現地ブランドの成長による競争過熱などが原因だ。 (中略)

化粧品業界では「ブランドショップは数百個の製品を陳列し在庫負担を抱えなければならない高コスト構造だが企業がKビューティーの看板だけを信じて競うように中国に進出したのが失敗原因」と見ている。
(引用ここまで)

 中国市場ではサムスン電子のスマートフォンがマーケットシェア1%を割りこんでだいぶ経ちます。
 サムスンのスマートフォンなんてもう誰も使わないなんて言われる始末。
 てこ入れで若者向けファッションメーカーとタイアップしようとしたら、実は中国製偽メーカーだったなんてオチもつきましたね。このタイアップは立ち消えになったそうです。
 追いこまれて折りたたみスマートフォンとかに走ってますが、まあ……意味ないですわな。典型的な「コレジャナイ」ってヤツ。
 ヒュンダイ自動車も現地企業から追い上げをくらって営業利益が半減どころか数年で1/4になるような状況
 ついに5つある工場のうちもっとも設備の古い第1工場の操業停止に追いこまれました。工場の閉鎖も噂されています。

 サムスンとヒュンダイ、どちらも言うまでもない韓国のトップ企業ですが中国市場に通用しなくなっています。
 苦戦の理由を「THAAD葛藤」に求めることが多いのですが。
 もう、中国企業が充分に追いついてきているというのが実際で、どちらの企業もブランド力を発揮できる状況ではなくなっているのですよ。

 今回、ピックアップしたふたつの記事は中国人の韓国旅行が増えてくれないってことと、韓国コスメが撤退を続けているって話なのですが。
 やはり同様に「原因はTHAAD葛藤」としています。

 韓国旅行自体が魅力に欠けている実態が中国人に知れ渡ってしまったというだけ。
 強制的に免税品店に連れていって買い物させるような旅行なにをしてもぼったくりまくりが楽しいのかってことです。
 自分たちでも警鐘を鳴らしていたのを忘れたんですかね?
 コスメもなぁ……流行りに乗って一回使ってもあわなければそれまで。
 どれだけリピーターを得られるのかが問題っていうのは、観光にも似ているかな。
 日本でも韓国コスメは撤退に次ぐ撤退で、韓国では最大手のパシフィックアモーレすら存在できませんでした。
 スマホ、自動車、観光旅行にコスメ。
 どれもきっかけとしては「THAAD葛藤」があったのかもしれませんが、けっきょくのところは韓国製品なり韓国の観光事業なりが根本的に魅力に欠けているってことが原因でしょう。
 そもそもが国内旅行に見向きもしないて年間延べ700万人も日本に来ている時点で、コンテンツとしての韓国に魅力がないことは丸わかりでしょうに……。
 だからこそ慌ててアミューズメントパークを設立しようとしているのでしょうけども。