楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

パン・ギムン

 相互RSS募集中です

速報:パン・ギムン、大統領選不出馬を宣言 → 有力候補はサヨクかつ反日主義者だけに

[現場映像]潘基文、大統領選挙不出馬電撃宣言(YTN)
 パン・ギムンが今日の午後、緊急記者会見を開いて大統領選への不出馬を宣言しました。
 実弟と甥が贈収賄容疑で逮捕・起訴された上に、パン・ギムン本人が韓国に戻ってからこっちすべての行動がマイナスの意味にとられていました。
 特養ホームを訪問しておばあさんにおかゆを食べさせるシーンでなぜか自分がよだけかけをしてみたり、空港特急のA'Rexに乗ろうとした時に自販機にお札を2枚一緒に入れようとしたことで「庶民コスプレ」と嘲笑されたり。
 あ、韓国の自販機は複数の紙幣を入れることができないのです。たとえICカードへのチャージであろうとも。
 最高権威者である元慰安婦からの面会拒絶も効いたかもしれませんね。

 これで支持率2位だった候補者が消えて、1位のムン・ジェイン独走態勢は強化されるでしょう。
 保守派は本当に誰もいなくなってしまいました。
 慰安婦合意を覆すことを言明したことでナヌムの家への訪問を赦された正しい政党のナム・ギョンピルは保守派ですが支持率は表記なしのレベル。
 現状だとムン・ジェインとイ・ジェミョンの一騎打ちって感じですかね。そのあとを数字が消えないレベルでアン・チョルスが追うってところです。
 ほぼオール左翼で反日オールスター。
 ……朝鮮日報が「韓国はみんな狂った!」って書いても不思議はないか。

戦後リベラルの終焉 なぜ左翼は社会を変えられなかったのか (PHP新書)
池田信夫
PHP研究所
2015/4/6

元慰安婦らがパン・ギムンの訪問拒否 → 韓国の最高権威者はやっぱり……

潘基文氏、慰安婦施設を訪問できず…「被害者が強く拒否」(中央日報)
潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が旧日本軍慰安婦被害者のための施設「ナヌムの家」を訪問する予定だったが、拒否されていたことが最近分かった。

「ナヌムの家」によると、潘基文氏側は17日の訪問を打診したが、被害者は潘氏の訪問を強く拒否した。このため「ナヌムの家」側は拒否の意を伝えたと明らかにした。

潘氏は2015年、韓日慰安婦合意交渉について「歓迎する」という公式声明を発表し、論議を呼んだ。これに関し潘氏は「その程度でも進展したことを評価するという意味」と釈明したが、批判の声は続いている。
(引用ここまで)

 一昨日、ちらと「現在における韓国の最高権力者は誰なのか」という話をしましたが。
 まさにそれをあからさまにした現象が起きていますね。

 いってみれば「権威の付与者」として元慰安婦たちがいるのですよ。
 「おまえは大統領選挙に出てもいい」「おまえはダメだ」という選別が元慰安婦たち、もっといえばその背景にいる団体、さらにいえばその団体の背景にいる国から行われている。

 建前上は「慰安婦合意に歓迎の意を示したから」、あるいは「憲法裁判所が『慰安婦問題を放置しているのは違憲』とした時期、ノ・ムヒョン政権の外交部長官だったのがパン・ギムンだから許せない」というように語られているのですが。
 実際には他の候補者に比べて保守的であり、挺対協の意のままに動かないと考えられているからではないですかね。
 しかし、韓国内の序列では世界大統領様よりも元慰安婦が上であるとは……。

 カノッサの屈辱のように、ナヌムの家の前に裸足のままで断食して赦しを請うのであれば入ることができるのかもしれませんね(笑)。

神聖ローマ帝国 (講談社現代新書)
菊池良生
講談社
2003/7/20

パン・ギムン、大統領への野心をまったく隠さず。「祖国のために働きたい」と宣言 → パク・クネの大ディスり大会になる模様

国政介入:潘事務総長、CNNアンカーに発言が「政治的」と指摘されるも…(朝鮮日報)
 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は22日(現地時間)、米CNNテレビとのインタビューに応じ「退任後、祖国のために働く最善の方法について考えたい」と述べた。

 最近韓国で朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の退陣を求める大規模なデモが行われている現状を念頭に、大統領選挙出馬の意向などを尋ねる質問に潘事務総長は「今はまだ国連事務総長としてやるべきことが多くあり、任期最終日となる12月31日までは全ての時間とエネルギーを(国連に)注いでいきたい。これは国連加盟各国との約束だ」と強調した。ただその一方で潘事務総長は「来年1月1日が来れば、私と私の家族、そして韓国の未来について考え、祖国のために働く最善の方法について考えるようになるだろう」とも述べた。

 潘事務総長は最近の韓国における情勢について「国連事務総長として、純粋な国内問題についてはいかなる公式のコメントも出すべきではない」としながらも「ただし韓国国民の一人として深く懸念し、現状を注意深く見守っている」と明かした。潘事務総長は「(韓国で)起こっていることに誰もが挫折を感じ、非常に怒っていることは理解している」とも述べた。

 潘事務総長は自らの一連の発言について、その場で「政治的なものに聞こえる」との指摘を受けると、それに対するコメントは避け「国連事務総長として韓国が世界平和と安全保障、人権問題改善に貢献してきた点は非常に誇らしく思うし、韓国が今後も引き続き世界平和と安全保障に貢献することを願う」と述べた。
(引用ここまで)

 パク・クネが辞任せずに国政に復帰することで、最大の利益を得たのはパン・ギムンでしょう。
 国連事務総長の任期が今年の年末まで。もしも年内にパク・クネが辞任、そのまま大統領選挙公示にでもなったら手の出しようがありませんでした。
 弾劾であれば弾劾成立から憲法裁判所の判断まで数ヶ月かかるので、国連事務総長の任期が終わったあとに大統領選挙となります。

 ただまあ、パン・ギムンはパク・クネの後継者と目されているのでそれほど支持は集まらないとは思うのですけどね。
 この構造を覆そうと前のエントリで書いたように、後継者ではなく易姓革命としてパク・クネを切り離す方向に行くことでしょう。
 現在、パク・クネは韓国においてパブリックエネミーと化しています。
 いわば「絶対の悪」なので、叩けば叩くほど善であるというアピールができる。
 その結果としてパク・クネへのディスが際限なくエスカレートすると予想したのですよ。

 パク・クネのやったイ・ミョンバクへのそれどころではない。
 もはや人格否定まで公的コメントとして出されるほどのものになるでしょうね。
 よりパク・クネを強烈にディスったほうの勝ちという競争にならざるをえない。どこまででもエスカレート可能ですから。
 韓国語の悪態の種類は日本語のそれをはるかに上回っていますが、その例を目撃することになるでしょうね。
 そして、その悪態をどうやって翻訳すればいいのか頭を悩ませるコリアウォッチャー続出となるのです(笑)。

悪口をバネに成長する。理不尽な陰口・悪口への対処法。まず聞く価値があるのか見極める。10分で読めるシリーズ
上杉有 / MBビジネス研究班
まんがびと
2016/8/5

「私はパン・ギムンの甥だ。ビル売却? 仲介人を任せろ!」 → 本当に世界大統領の甥だった → 結果……

潘国連事務総長のおいに6千万円賠償命令=ソウル北部地裁(朝鮮日報)
 故・成完鍾(ソン・ワンジョン)氏が会長を務めていた韓国の建設・開発会社「京南企業」が潘基文(パン・ギムン)国連事務総長のおいであるパン・ジュヒョン氏を相手取り、契約書類を捏造(ねつぞう)した違法行為の責任を問い59万ドル(約6000万円)の損害賠償を求めた訴訟で、ソウル北部地裁は3日までに59万ドルの支払いを命じる原告勝訴の判決を言い渡した。

 地裁によると、2014年にベトナム・ハノイで京南企業が超高層ビル「ランドマーク72タワー」を売却しようとした際、パン被告は売却の主幹会社「コリアーズ・インターナショナル」の実務担当者を務めていた。このビルは京南企業が1兆2000億ウォン(現在のレートで約1110億円、以下同じ)の事業費を投じて11年に完成させた。成前会長が社運を賭けて建設したビルだったが、オフィス賃貸の不振などにより会社は1兆7000億ウォン(約1570億円)を超える負債に苦しめられた。

 京南企業はビルを売って危機を脱却するため、コリアーズと売却代理契約を締結。売却交渉を担っていたパン被告は、カタールの政府系ファンドであるカタール投資庁が買収に関心を見せているとして買収意向書などを京南企業に渡した。この際、パン被告は同社に「潘事務総長を介してカタール国王(首長)と接触できる」という趣旨の話をしていたとされる。だが、カタール投資庁は1年近く目立った動きを見せなかった。

 昨年7月、京南企業はパン被告に渡された買収意向書が偽の書類だったとして契約金59万ドルの返還を求める訴訟を起こした。だが、海外に居住するパン被告は裁判に出席せず、地裁は公示送達の手続きを取って裁判を進め、約1年で原告勝訴の判決を出した。

 公示送達は、訴訟相手が住所不明だったり裁判に応じなかったりした場合、裁判関連書類を官報などに掲載することで送達したものとみなして裁判を進める制度だ。
(引用ここまで)

 韓国では「私は大統領の裏金庫番だ」とか「大統領の遠い親戚だがおいしい話がある」とか本当に多いのです。
 ミシェル・ウィーの叔父を語って100億ウォンを集めた詐欺師がいました。
 それが本当に遠い親戚だったというオチがありましたっけ。

 今回は本当にパン・ギムンのコネに期待したのでしょう。カタールでよりよい売却条件を受けるために「世界大統領」が活躍してくれるはずだと。
 なにしろ、本物のパン・ギムンの甥が仲介人なのですからね。

 韓国では有力者のコネというのは万能で、日本人の想像の及ぶところではないのです。
 上場企業なのに「社長の知り合いだ」って自称して面接受けて、そこそこの職位につけるなんてことがあるくらい。
 もちろん、その「社長の知り合いだ」という話が嘘であっても。いや、本当にそういう事件があったのですよ。
 韓国のコネがいかに万能であるか、そして上に逆らうとどうなるか分からないという韓国社会の歪みが分かりますね。

 で、その結果は「パン・ギムンを介してカタール投資庁から接触できる。買収意向書ももらった」としていたものが、偽造だったと。
 ……うん、まあ既定路線ですかね。

おいしい話に、のってみた。 (SPA!BOOKS)
多田 文明
扶桑社
2012/9/2

韓国メディア「もう今年は自然科学部門のノーベル賞は無理だ! 平和賞に期待!」

日本に3年連続ノーベル賞…韓国メディア、潘氏のノーベル平和賞の可能性提起(中央日報)
ことしのノーベル生理学・医学賞に日本人が選ばれたことを受け、韓国メディアは韓国人の受賞の可能性を集中的にうらなっている。

スウェーデン・カロリンスカ研究所のノーベル委員会は3日(現地時間)、「オートファジー(autophagy・自食作用)」現象に関与する遺伝子を発見してその機能を究明した功労で東京工業大学の大隅良典栄誉教授を受賞者に選定したと発表した。これで日本人のノーベル賞受賞は3年連続となり、これまでの受賞者は合計25人となった。

ノーベル生理学・医学賞に大隅氏が決まったことで、ことし韓国人で最も有力な候補とみられていたソウル大のキム・ピッネリ客員教授の受賞可能性は消えた。これに先立ち、聯合ニュースなど韓国メディアは、韓国研究財団が最近、基礎科学分野の核心研究者144人を対象にアンケート調査を進めた結果、キム教授が最も有力な候補に選ばれたと報じていた。

7日に発表される平和賞に潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の可能性が提起されている。韓国メディアのKBS(韓国放送公社)などは「昨年末に地球温暖化の防止を防ぐために妥結されたパリ気候協定が高く評価されている」とし「今回の交渉を支援した潘氏の受賞の可能性が提起されている」と伝えた。

一方、韓国人ノーベル賞は2000年に金大中(キム・デジュン)元大統領が平和賞を受賞したのが唯一だ。
(引用ここまで)

 大隅教授の受賞があったのでマイクロRNAによるキム・ピッネリ教授の今年の受賞はなくなった。ということで物理、化学の両賞を飛び越して「じゃあ、パン・ギムンの平和賞に期待しよう」と。
 諦め早いな。
 というか、キム教授にこれから毎年、こうやって粘着するんでしょうかね。
 「ノーベル賞 待ちの美学」という討論会で、「韓国人でもっともノーベル賞に近い人物」なんてされてしまったばっかりに。
 コ・ウン詩人のように毎年毎年居住所に押し入って、「どうですか今年のノーベル賞は?」って尋ねるようになるとしたらご愁傷様としか。

 でもって、国連事務総長であるパン・ギムンが平和賞を受賞するのでないかということなのですが。
 うーん、これまたどうでもいい……。
 もし、パン・ギムンに受賞させるようなことがあれば、それでなくても価値の軽薄化が議論されている平和賞をさらに軽くすること間違いなしですわ。
 ふたつめの平和賞受賞となったら、それはそれで面白そうですけどね。

国連の政治力学 日本はどこにいるのか (中公新書)
北岡伸一
中央公論新社
2007/5/25

韓国最大野党党首「パン・ギムンは大統領選挙に出馬してはならない!」

韓国大統領選:「潘基文氏の出馬は国家の品格をおとしめる」(朝鮮日報)
 野党・共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表は29日、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長について「国連事務総長は各国政府の秘密の相談役を担うため、退任直後には政府のいかなる立場の人でも事務総長に何かを提案してはならず、本人も承諾してはならないという(国連の)規定がある」として、「絶対に(大統領選挙には)出馬しないだろう」と主張した。

 秋代表はこの日、ソウルの世宗文化会館で行われた放送記者クラブ主催の討論会で「与党が潘総長を大統領候補に擁立しようとしてはならず、潘総長がそれを受け入れてもならない。それは国家の品格をおとしめる行為だ」として、冒頭のように述べた。
(引用ここまで)

 ほほう。
 実際に国連事務総長を退任した後にそんな規定が適用されるのかどうかは分かりませんが。
 なかなかに面白い話。
 というのもこれで出馬するとしたらセヌリ党からであるというのがほぼ確定したのですよ。

 以前からパク・クネが後継者としてパン・ギムンを指定してくるのではないかという話はありまして。
 前大統領として影響力を保持するためにもうまく権力を受け渡すのではないかとされていたのです。
 ノ・ムヒョン政権で長らく外交部長官(外務大臣に相当)を勤めてきたこともあって、政治傾向としてはとても保守であるとはいえません。
 ですが、大統領候補としてセヌリ党から出馬というのはなかなかに面白いのではないかな。

 で、現状では大統領候補として人気ナンバーワンという世論調査が出ているパン・ギムンを封じ込めようと、最大野党である共に民主党がこういう手段に出てきたと。
 ねじれの構造がなかなか面白い。
 第2野党である国民の党の前代表であるアン・チョルスあたりが暗躍しそうな状況ではありますね。


英エコノミスト誌「パン・ギムン……ダメだ、こりゃ」と失格の烙印を押す

英誌エコノミスト、潘基文事務総長を酷評(東亞日報)
Master, mistress or mouse?(The Economist/英語)
英国の経済誌エコノミストが21日の最新号で、次期国連事務総長の選出問題を扱い、潘基文(パン・ギムン)事務総長を「失敗した事務総長であり歴代最悪の事務総長の一人」と酷評した。

エコノミストは、「潘氏は(国連内の)行政能力でも(国連外の)統治能力でも失敗した事務総長と見られている」とし、「コフィ・アナン氏など歴代の事務総長に比べて強大国に対抗することを嫌った」と指摘した。また、「話が下手で手続きに執着し、懸案への素早い対応能力や業務の深さも不十分だった。任期9年が経ったのに『占領』のような問題になる単語を使う失敗も犯した」とし、「最も活気のない最悪の事務総長の一人」と厳しく批判した。

潘氏が3月、北アフリカ歴訪中、アルジェリア南西部ティンドゥフ地域のスマラ難民キャンプを訪れ、モロッコが西サハラ地域を「占領」していると言ったことを非難したのだ。潘氏のこの発言で、1975年に西サハラを併合して自治権を与えているモロッコ政府は激怒し、西サハラに展開している国連平和維持活動(PKO)部隊の要員を撤収するよう要求し、軍事連絡事務所を閉鎖した。潘氏に対する大規模な非難デモも起こった。

エコノミストは、「潘氏は優れた能力と資質を備えた人物ではなく、拒否権を持つ常任理事国5ヵ国が特に反対する理由のない無難な人物だった」とし、後任の事務総長はそのような人になってはならないと強調した。そして、「後任の事務総長は『東欧出身の女性でなければならない』という声があるが、地域や性別ではなく多くの難題を抱える国連をうまく率いる能力のある人でなければならない」とし、「ドイツのメルケル首相が候補に立つなら公式に支持する」と明らかにした。
(引用ここまで)

 ごく一部には「パン・ギムンはよくやっている」という言説がないわけではないのですが、大まかにこういった評価なのは間違いないところですかね。
 エコノミストの記事も読んだのですが、東亞日報の記事に書かれているとおりのことがざっと書かれていて、あとは後継者の話がけっこうな紙幅であるって感じです。
 パン・ギムンの話に関しては珍しく翻訳で省略している部分とかがほとんどありません。
 「最悪のひとり」(The one of the worst)ではなく「さえのない最悪の事務総長」ですけどね。

 10年前に比べて、国連の威信は確実に低下しています。
 国際紛争の時にも以前はもうちょっと解決手段としての国連の立場というものがあったような気がするのですが。
 この10年というもの、手をこまねいている印象しかありませんね。
 アメリカの基本方針である国連の無力化には貢献している……ってところですか。

 そういう意味においては「求められていた通りの仕事」をした事務総長であったとは言えるかもしれませんね。


 

パン・ギムン、アフリカの領土紛争地域で「占領が続いている」と発言、モロッコを激怒させる → まさに六韜のアレ

あの国連事務総長がアフリカでトンデモ発言 PKOの一部が撤収(ZAKZAK)
 とうとう言ってしまったのですね。ある種の琴線にふれる一言を。その一言によって、国連の事務総長が地域の不安定化を招いてしまうかもしれないとは。

 3月上旬、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、領土問題が未解決となっているアフリカ西部の西サハラをめぐり、西サハラを実効支配するモロッコの「占領」が続いていると発言、「実効支配は正当なもの」と怒ったモロッコが、国連平和維持活動(PKO)に従事する文民の一部を撤収させてしまったのです。

 鉱物資源が豊富な西サハラは、スペインが1975年に領有権を放棄すると独立派住民らがポリサリオ戦線を結成して翌年独立を宣言。モロッコは自国の主権下で西サハラの自治を認めるという立場をとっています。西サハラを国として承認しているのはアフリカを中心に70〜90カ国ほどとされていますが、欧米は承認していません。世界でも極めて難しい地域のひとつです。

 潘氏の「占領」発言はモロッコの隣国アルジェリアにある西サハラ難民キャンプを訪問した際に出たもの。難民の姿に同情してのことだったそうです。

 モロッコの首都ラバトでは「潘氏は中立でない」との抗議プラカードなどを掲げた民衆100万人の抗議デモが行われました。モロッコは、同国が世界各地に派遣しているPKO要員約2300人全員を引き揚げる方針や300万ドルのPKO関連資金提供の凍結も示しているそうで、憂慮すべき事態です。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルが、「『占領』というこの一言が、国連と北アフリカの王国、モロッコとの間に亀裂を生むことになった」と指摘したように、国連加盟国の多くは「それだけは言ってくれるな」というような微妙な地域・民族紛争や領土問題を抱えています。
(引用ここまで)

 以前からこの発言をピックアップしようと考えていたのですが、うまいことタイミングが得られなかったので今回のは渡りに船ということで。
 本当にね、ろくに国連事務総長としての仕事なんてやっていないくせによけいなことだけはしてくれるのですよね。
 パク・クネと一緒になって抗日戦勝パレードに出席していたりなんていうのはその最たるものですね。
 その後、日本に対しても「国連は中立ではない」なんてドヤ顔をしていましたが、この解釈も間違っているのですよ……。

 で、今回はモロッコの実効支配地域に対して「モロッコの占領が続いている」って言ってしまったと。
 それに対してモロッコが大激怒して、PKO引き揚げや資金提供まで凍結しようとしている。

 アメリカがパン・ギムンが立候補したときに、パン・ギムンの当選に向けてすごい支持をしていたのですよ。
 日本に投票への圧力をかけるくらい。
 あれは今になって考えるとアメリカの進めようとしていた国連威信低下政策に役立つ=無能であるってことを見抜かれていたんだな。
 ま、考えてみたらあのノ・ムヒョンの外交部長官(外務大臣)をやっていたのですから、

 「交渉のために隣国から使いがきて、もしその者が無能であれば大いに与え、歓待せよ。そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。そしてやがては滅ぶ」(六韜)

 思えばアナン事務総長の頃の国連はまだまだ無視できない存在感がありましたよね。紛争があっても国連の場に持っていってなんとかしようという努力がつづけられていました。
 それがもはや現在では紛争を片付けられないどころか、さらに炎上させてしまう。
 無能というか、そういうものを越えた存在となっていますね。

 この人が大統領候補の最右翼。ノ・ムヒョンから続く無能大統領の系譜を継ぐ人間としては、韓国の大統領にふさわしい人物かもしれませんね。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ