楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

平昌冬季オリンピック

 相互RSS募集中です

平昌冬季五輪のアルペン競技場が湧き水、地滑りで崩壊中……自然林に戻すっていう話じゃなかったの?

旌善アルパイン競技場に8つの「地滑りの危険区間」... 青瓦台出た(JTBC・朝鮮語)
[アンカー] 江原道旌善アルパイン競技場の地滑りの危険がより具体的になってきました。過去半月に渡った緊急調査の結果、問題のある8つの区域を危険区間に選定しました。一歩遅れたものの大統領府まで出動し、汎政府の対応を約束しました。 チョ・スンヒョン記者です。

[記者] 排水溝に土砂が詰まり、本来の機能を失っています。
スロープ斜面では、延々と水が湧き出てゴンドラ停留所周辺は水浸しになりました。
浸食と崩壊が生じた場所を、それぞれ確定することすら難しいほどです。
山林庁は去る8日から江原道旌善郡加里王山のアルペンスキー場の緊急調査を行いました。
二重の深刻な問題が確認された練習コースと滑降コースなど8カ所を危険区間に選定しました。
青瓦台も一歩遅れて状況を把握して対策に乗り出しています。

キム・スヒョン/青瓦台社会首席「見た目からは今現在、かなり迅速な応急措置が必要なことが確認されています」

行政安全部と山林庁、江原道は政府タスクフォースを構成して今日から運営を開始しました。
なによりも対策が急がれるのは、実際の地滑りがしている場所をどのように対処するかです。

政府は来月下旬梅雨が始まるまで排水路の整備など応急措置をとることにしました。
危険地域に簡易計測器を設置して地滑りの兆候が表示されたら、アラームを鳴らして住民を避難させる計画です。
旌善郡と国有林管理所は、毎日現場を点検することにしました。
しかし、精密地盤調査や生態復元など中長期の対策は議論さえ行われませんでした。
(引用ここまで)

 江原道は旌善にある加里王山という場所に平昌冬季オリンピックでアルペン競技の滑降、スーパー大回転の競技会場が設置されたのですが。
 韓国国内で滑降の競技場が設置できるのはここだけであろうということから、競技場になったというだけの場所なのです。
 人里離れたザ・僻地。
 競技場としての難度は「誰でも滑れる」「(ISUワールドカップ会場ではなく)オリンピック競技場である、ということならOKかな」というものでした。
 というわけで常用の競技場への転用も難しいということもあり、また貴重な動植物の分布区域であるということからもオリンピック・パラリンピック閉幕後は自然林に戻すという約束をIOCの決定にしていましたね。

 でも、3月末にパラリンピックが閉幕してからたったの2ヶ月で地滑りが危惧される場所になってしまったというオチになっているそうです。
   ……どんだけ安普請なんだ。
 考えてみれば、工事費未払いで作られたような施設なので当然といえば当然なのかもしれません。

 画像を見てみると、湧き水で土がえぐれてしまっていますね(画像はJTBCからのキャプチャ)。

alpine

 ま、こんなんだから春になる度に道路が陥没するのです。
 ……そういえば今年は大きな道路陥没による事故の話を聞きませんでしたね。
 ソウルだけで5年で350ヶ所の道路陥没があったということなので、陥没そのものはあったのでしょうが事故につながらなかったということなのかな。

 むしろ、これからが平昌冬季オリンピックの本番といってもいいくらいですからね?

フィギュアスケートLife Extra 平昌オリンピック2018 フィギュアスケートLife (扶桑社ムック)
フィギュアスケートLife
扶桑社
2018/3/16

キム・ヨナが「4年ぶりにアイスショーに出演」に見るスケーターとしての違和感

キム・ヨナが4年ぶりアイスショー出演へ 5月にソウルで(聯合ニュース)
2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナさんが5月にソウルで開催されるアイスショー「SKテレコムオールザットスケート2018」に特別出演する。マネジメント会社のオールザットスポーツが3日、発表した。

 キムさんがアイスショーに出演するのは14年以来4年ぶり。オールザットスポーツのク・ドンフェ代表はキムさんの出演について「平昌冬季五輪に声援を送ってくれたウインタースポーツファンに恩返しする気持ちで出演することになった」と説明した。
(引用ここまで)

 オリンピック金メダリストが引退後に数えるほどしかアイスショーに出演しない……ってあまり聞きませんね。キム・ヨナの場合は健康問題や故障で引退したというわけでもありませんし。 
 記事によると2014年以来で4年ぶり。
 そして記事の写真についているキャプションによると「2014年5月にソウルで行われたアイスショー」とのことなので、4年前もおそらくは自分(の所属事務所)が主催した韓国でのアイスショーでの出演。

 多くのアスリートと違ってキム・ヨナについては現役当時からCMに出る等で稼いでいるので、アイスショーに出る必要がないという部分もあるのかもしれません。



 下は洗剤かなんかだったかな。

 スターズオンアイスなんか金メダリストだと出演料は1回500万円以上とも聞きます。
 まあ、寡聞にしてキム・ヨナがスケート界でどんな地位であるのか、観客に求められているのかどうかまでは知らないのですが。
 韓国では興業として成り立たないという部分もあるのかな。


韓国で「君が代を地上波にかけた!」と大騒ぎ……オリンピック中継ですらこれ

SBS、冬季オリンピック君が代送出で「論議」(イルガンスポーツ・朝鮮語)
SBS側は24日午後、2018平昌冬季五輪スピードスケート女子マススタートを生中継した。
この日、日本の高木菜那が金メダルを首にかけた。韓国のキム・ボルムは銀メダルの栄誉に輝いた。

問題となった点は、授賞式である。高木菜那がもっともも高い表彰台に上がり、日本の国歌が流れた。日本の国歌は君が代だ。君が代は長い間、日本の国そのもののように呼ばれてきた。日本の天皇の時代が永遠になるようにという内容の歌詞が含まれている。日本植民地時代の朝鮮総督府は、この歌を朝鮮人の皇民化政策のために、一日に1回以上、各学校朝会時、日本の国旗掲揚と敬礼の後には必ず歌わせた。民族の胸の痛む歴史そっくりそのまま盛られている曲だ。

国内大勢のプログラムで君が代が流れ問題になった。放送通信審議委員会で制裁を受けた。オリンピックは特殊性があるので、先にあった事例とは異なっている。また、オリンピックは政治色を排除しなければならないことは国際オリンピック委員会(IOC)に規定がある。

しかし、SBSが君が代をそのまま放送したのとは異なり、MBC・KBSは柔軟に対処した。MBCは男子のマススタートで金メダルを取ったイ・スンフンの競技場面を再び見せ、KBSは広告を出した。また、SBSベ・ソンジェキャスターは「日本の国歌です」と言って論議はさらに加重されている。

SBS側の取り組みに惜しむ人が多い。まだSBSは立場を出していない。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが「日本とは心の通い合う友人になりたい」とか言っていましたが。
 だったらオリンピックの表彰式で君が代が放送されることをまるで犯罪を犯したかのように騒ぎ立てるのをやめろって話です。
 尊敬までしなくてもいいけど、最低限の敬意を払えってことが理解できていない。
 そのあたりが理解できていないから、日本大使館前にも釜山日本総領事館横にも慰安婦像を建てることを黙認してしまう。
 それに対して対抗措置をとられると「そんなバカな話はない」とかリアクションしてくる。

 この騒動から導き出される結論はひとつだけ。「韓国人はいまだに日本人をまともな人間として見ようとしていない」ということなのですよ。
 ちょうどパラリンピックを放送しない理由が「障害者の人口比率が少ないから放送しない」と言っていたことにかぶります。
 韓国人はこんなていどの民度だし、日韓関係はこんなていどの関係なのです。
 そっちの都合のいいようにするのであれば、こっちも同様にするまでってことなのですけどね。

平昌の女子スケート追い抜きでいじめ騒動のキム・ボルム→心が折れて入院、男子モーグル韓国代表は女子選手にわいせつ行為で永久除名

いじめ騒動の韓国スケーターが入院、大バッシングで不安症に(AFPBB)
モーグル韓国代表、日本で女子選手にわいせつ行為(朝鮮日報)
平昌冬季五輪期間中のテレビインタビューでチームメートを辱める発言をしたとして、国民から大量の批判を受けていたスピードスケート女子韓国代表のキム・ボルム(Kim Bo-reum)が、精神治療を求めて入院したことが明らかになった。同国の複数メディアが報じた。

 キムは準々決勝で敗退した女子団体追い抜きの競技後、チームメートのパク・ジウ(Park Ji-woo)と一緒になって、もう一人の出場選手であるノ・ソンヨン(Noh Seon-yeong)がメダル獲得を逃した原因だと批判。これが国民の怒りを買い、大バッシングを受けたキムは「精神的な不安や緊張」に襲われたという。

 キムらの言動はチーム精神に反するものとみなされ、学校や職場でいじめが深刻な社会問題になっている韓国国内では、60万人を超える国民がキムとパクの代表チーム追放を求める嘆願書に署名し、同国大統領府のホームページに提出される事態となっていた。

 複数メディアは「キムは五輪閉幕後も精神的な不安と緊張を訴えている」とする同選手の所属事務所の代理人によるコメントを伝え、医師の勧めを受けて地元・大邱(Daegu)の病院に入院したと付け加えた。 (中略)

代理人は「キムは五輪期間中に私たちが想像した以上のトラウマを負った」「彼女の母親も心を痛めており、医師の勧めを受けて一緒に入院している」と話している。
(引用ここまで)
 平昌冬季五輪モーグル男子韓国代表のチェ・ジェウ(24)とキム・ジヒョン(23)が女子選手たちにわいせつ・暴行したとして大韓スキー協会から永久除名された。 (中略)

 この関係者によると、チェ・ジェウとキム・ジヒョンは3日午後の試合で予選脱落後、部屋に入って大会主催者側が記念品として贈った地元特産の酒500ミリリットル入り4本を飲み、隣の部屋に宿泊していた女子選手たちに「一緒に酒を飲みに行こう」と一方的に要求したという。チェ・ジェウとキム・ジヒョンは拒否した女子選手を抱きかかえたほか、無理やりつかまえて引っぱっるなどの身体接触をしたが、女子選手たちの悲鳴や叫び声を聞いたコーチング・スタッフが部屋に来て、男子選手たちを引き離したとのことだ。トビー・ドーソン・モーグル韓国代表監督(39)=米国=は4日の試合に男子選手たちを出場させなかった。
(引用ここまで)

 あら、孤児輸出された元韓国人のトビー・ドーソンが韓国のモーグル代表監督をやっていたのですね。
 ドーソンが銅メダルをとったトリノオリンピックはもう12年も前かぁ……。あの頃の韓国代表はお情けでなんとかオリンピックには出してもらえるというようなレベルの選手しかいなかったように記憶しています。
 確かに韓国の強化にはうってつけの人物かも知れませんね。

 ちなみにトビー・ドーソンはトリノ五輪で銅メダルを獲得して「韓国にいる実の親に会いたい」と言ってアピールしたら、なんと200人が「私こそが親だ」と名乗り出たという逸話の持ち主。トビー・ドーソンが、というか韓国社会がというか。
 そしておまけに「科学的方法(DNA照合)で親を探したい」と申し出ると、検査に応じる人間はひとりもいなかったというオチ。
 その後、ちょうど1年後くらいに父親が名乗り出て出会えたはずですね。英語Wikiによるとその後、母親とも会えたそうですよ。
 父親は「釜山の市場ではぐれた」「いくつもの孤児院を巡ったが見つからなかった」と言っていたそうですが。ま、それを追求しても誰も幸せにならないか。

 韓国人監督であればこういった話も有耶無耶になっていたのかもしれませんが、さすがにアメリカ人の養父母に育てられただけあってドーソンには通用しなかったということでしょう。
 生後4ヶ月で孤児輸出されても、韓国人のアイデンティティを捨てられないようなレーサーもいましたけどね。

 もうひとつのキム・ボルムに関しては、なんというか……アスリートを育てても人間を育てられないとこうなるんだよ、という戒め。
 なにがあったかは過去エントリをごらんください→平昌五輪:韓国女子パシュート選手「後ろの選手が遅れたから負けた」と笑いながらインタビューで大炎上……その姿から見える「韓国社会」の構図とは?

 得意だったはずのマススタートでも、よりによって日本人の高木菜那に負けての銀メダル。
 あそこで金メダルをとっていたら、また違っていたのかもしれませんね。
 マススタートの会場で韓国国旗を氷上に広げて徴収に向けて土下座したのですが、今度は「国旗を地面に置いた!」と責められるという始末でした。

 その後、記事にある大統領府への数十万人の請願によって大統領府から「どのようなことがあったのか調査する」とアナウンスされるほどの事態になったのでした。

韓国大統領府、スピードスケートで”仲間置き去り”キム・ボルム選手らの資格剥奪に「調査着手」へ(Wow! KOREA)

 ……大統領府がなにかやるような話でもないと思うのですが。
 もはや韓国におけるパブリックエネミーとなってしまったのでしかたないですかね。
 スポーツができるのなんてトップ選手でも10年とか20年。でも、人生はそれよりもはるかに長く続いていく。ここから先の将来、すべての人生の地点においてこのキム・ボルム選手は「あいつはああいうことをやった人間だ」と後ろ指指されることになるのです。
 韓国で天狗になってたらこうなるよ、という韓国の道徳の教科書にでも載せるべき話かもしれませんね。

 平昌オリンピック開催に向けて有力選手を育てることだけに注力してきたのでしょうね。特にキム・ボルムはメダル獲得が有力視されていた選手でしたから、韓国での扱いがどのようなものであったのか目に浮かぶようです。
 こういう話が終わった後もいくつも続きそうな気がしますね。
 どちらとも氷山の一角なんじゃないの、という感じです。

平昌パラリンピック、韓国で中継時間が五輪の1/5……その理由は「障害者の人口比率が少ないから」だってさ

韓国地上波テレビ局、平昌パラリンピック中継を敬遠(朝鮮日報)
 9日に開幕する平昌冬季パラリンピックを前に、韓国の地上波テレビ各局は平昌冬季五輪に比べ障害者五輪の中継を渋っている、という批判が起こっている。

 韓国の地上波テレビ3社が8日に明らかにしたところによると、KBSは二つのチャンネルで開会式・閉会式を含め計25時間のパラリンピック生中継を行う予定で、五輪主管放送局のSBSは生中継20時間を含め約30時間を放送する計画。またMBCは、ライブ10時間を含め、全体で17時間55分をパラリンピック関連放送に当てることが判明した。

 これは、各放送局が17日間で150時間以上、1日平均9時間以上も番組編成していた冬季オリンピックに比べ、はるかに短い時間だ。しかも、平昌冬季オリンピックとパラリンピックの中継時間にほとんど差を付けない米国や日本のテレビ局に比べ、格段に低い水準だ。

 オリンピック組織委員会によると、NHKの場合、平昌パラリンピック関連で62時間の番組編成を行い、米国NBCは94時間、英国のチャンネル4は100時間、それぞれ放送時間を割り当てているという。これは、1日平均6時間から10時間の放送に相当し、平昌冬季オリンピックと比較しても決して少なくない水準だ。

 これについて、韓国の地上波テレビのある関係者は「障害者の人口比率は全人口の4.8%ということを考慮し、どの程度放送時間を割り当てるべきか、一般視聴者の視聴権を侵害する要素はないか、悩んで編成した」と語った。またKBSの関係者は「地上波テレビで中継しない放送をモバイルアプリ『マイK』で生中継するなど、これまでよりも多くの競技を登場させるため努力している」と語った。
(引用ここまで)

 オリンピックは3つの地上波全部で同じ競技を放送していたのに、パラリンピックの扱いはコレ。
 ちなみにワールドカップでもWBCでも同様で、地上波はどのチャンネル見ても同じ中継やっているって状況があったりします。
 ケーブルテレビ(IP放送含む)の普及率が高いので、地上波は好き勝手やっているという部分があるのです。

 で、パラリンピックについては自国開催なのにオリンピックの1/5ほど。
 その理由が「障害者の人口比率が云々」って言い出す。
 つまり、「別」なのです。
 なにがって「障害者は同胞でもなく、隣人でもない」ってことですよ。

 まあ、知ってましたけどね。
 しかし、「障害者の人口比率」……か。

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)
オリジナルサウンドトラック
ワーナーミュージック・ジャパン
2018/1/17

あの「モルゲッソヨ像」の作者にインタビュー → 「ある意味で『モルゲッソヨ』が適切な作品名かもしれません」

平昌五輪の謎彫刻、狙いは何か モルゲッソヨの作者語る(朝日新聞)
 25日に閉幕した平昌五輪では、メディア施設近くに置かれた彫刻像がインターネット上で話題を呼んだ。正式名は「Bullet Men(弾丸マン)」だが、日本のスポーツ紙が取材した際、スタッフが「分かりません(モルゲッソヨ)」と返したことから、その名が定着してしまった。作品を手がけた本人はどのように受け止めているのだろうか。韓国人の彫刻家キム・ジヒョンさん(50)にインタビューした。
(引用ここまで)

 モルゲッソヨ像(本名:弾丸マン)の作者であるキム・ジヒョン氏のインタビュー。
 朝日は妙にフットワークの軽いところがあって感心するわ。
 朝日新聞デジタルの記事にしては珍しく、登録なしで全編読めます。

 んで、キム氏ですがしっかりとインタビューの受け答えができていて、なんというか地頭のよさを感じさせる人物ですね。「作家の意図通りに作品を見てもらえるわけじゃない」なんていうのは当たり前のことなんですが、それをさらっと言える人間はあまりいません。
 作家とか芸術家とか超絶エゴイストばっかりですからね(なんかあったらしい)。

 とりあえず読み応えのあるインタビューなので読んでみてもよいんじゃないでしょうか。
 イデオロギーの絡む話じゃない場合、朝日新聞はそこそこいい記事があったりするのです。大半の記事はイデオロギー絡みなのですけどね。

聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書)
阿川佐和子
文藝春秋
2012/1/20

韓国人に殺害予告まで出されたカナダのキム・ブタン選手「身の危険を感じて本当に怖かった」「なぜあんな目にあったのか、まったく理解できない」

韓国ネット民の脅迫受けたカナダ選手「身の危険を感じた」(AFPBB)
 23歳のブタンは、今回の五輪で銀1個と銅2個の計3個のメダルを獲得し、25日の閉会式ではカナダの旗手を務める。それだけを見れば、ブタンの五輪は大成功に終わったようにも思えるが、女子500メートル決勝で韓国のメダル有力候補、崔δ(Choi Min-jeong、チェ・ミンジョン)が失格になった場面に絡んでいたため、韓国のネットユーザーからすさまじい数の中傷を浴び、ツイッター(Twitter)のアカウントも非公開にすることを余儀なくされた。

 500メートルの銅メダル獲得後に受けた扱いに精神的な苦痛を感じたと明かしたブタンは「言葉では表せない気持ちですし、身の危険を感じて本当に怖かった」と話した。そして表彰式では「恐怖と怒り、満足感がないまぜになった気持ち」を味わったと続けた。

「五輪へ出るときは、予想外の事態も予想しておかなくてはならない。自分としては理解しがたい話です。どうしてあんな脅迫を受けなくてはならないのか、まったく理解できない」

「チームは私に寄り添って、あらゆる面で守ってくれました。そのおかげもあって山は越えました。克服することができたし、これからも勝っていきたいと思います」
(引用ここまで)

 韓国人から「おまえを殺す!」というような脅迫を含めた中傷を浴びたキム・ブタン選手の独白。
 まあ、韓国人にとってはネットを通じた脅迫なんてものは日常茶飯事なのでしょうけどね。
 ブタン選手が脅迫されていた時点で、韓国人による脅迫、荒し事件をざっくりとまとめたエントリも書いているのでそちらもごらんください。

平昌五輪:韓国人選手が反則で失格→韓国人が相手選手のSNSに殺到し殺害予告まで……それではこれまで韓国人によって脅されてきたアスリートたちの歴史を見てみよう

 韓国人にとってはいつもやっていることですし、自国選手に対してもやっていることでもある。
 パシュートで遅れた同僚選手を哄笑したキム・ボルム選手が韓国のパブリックエネミーとなったのは記憶に新しいところ。
 なので、韓国人にとっては日常の一部なのでしょう。
 なんでも韓国人の中には「また韓国人が犠牲になった。いつでも犠牲になるのは韓国人だ」というような心証があるそうで。
 あくまでも「韓国人が反則を犯した」とか、フェンシングでも「韓国人が終了寸前に逆転された」とか、「スイスのゴールはオフサイドではない」ということではなく、韓国人は常に犠牲になってきた民族なのだそうですよ。
 きっも。

 オーノ選手くらいになれば「誤解を解いて競技を楽しんでもらえればいい」くらいの余裕のコメントも出せるでしょうが。
 まあ、実際にはワールドカップ転戦中に「オーノが韓国に来たら殺す」と殺害予告が出て、訪韓を取りやめるなんてこともあったのですけどね。ちなみにこの年、オーノ選手はワールドカップの王者になっていたはずです。

 でも、キム・ブタンは23歳の女性。それも初戦の500mでそんな殺害予告までされて、1500m、1000mと出場競技が終了するまでの10日間をその殺害予告を出した民族に囲まれて過ごさなくてはならなかった。
 それなのに3位2回、2位1回の堂々たる成績をとったのは立派の一言ですけどね。
 これと同じようなことが東京オリンピックでも、北京冬季オリンピックでも、ついでにいえば開催されるのであれば来年の光州の世界水泳でも起きるのでしょうね。
 はー、やだやだ。

韓国は、いつから卑しい国になったのか (祥伝社新書)
豊田有恒
祥伝社
2017/4/10

韓国バイアスロン協会「帰化したら練習に集中できる環境を提供する」→実際には通訳すらいない生活で、医療費すら監督の個人負担……

二ヶ月間の説得して韓国帰化したが... 通訳なしで訓練するラプシン(中央日報・朝鮮語)
ロシアから帰化したバイアスロン代表ティモシーページ・ラプシン(30・結合コミュニケーション)が通訳なしで生活している事情が知られて、視聴者を落胆させた。

これらの事実は、ラプシンが昨年11月に放送された2018平昌冬季オリンピック特集ドキュメンタリーSBSスポーツ「青い太極戦士外伝」で語られた。

ラプシンはロシアで生まれたバイアスロン選手で、2015年のチャンピオンとなった。しかし、2016年代表に抜擢される過程で、釈然としないよう脱落した。ロシアの派閥競争で代表からはじかれたと感じたラプシンは帰化の道を選んだ。

その頃、ラプシンは大韓バイアスロン連盟の帰化提案を受けた。バイアスロン連盟は国際競争力の強化のために、ロシア出身の選手の帰化を推進していたためでラプシンを二ヶ月にわたって説得した。ラプシン「(帰化のために)、ウクライナとの交渉が最終段階まで行った状態だった。そのロシアが流暢キム・ジョンミン連盟副会長と会った。オリンピックを控えた開催国の情熱が感じられた。何よりも(派閥争いなく)運動に集中できる環境に心が動いた」と述べた。

ロシアの人気スポーツであるバイアスロントップ選手だったラプシンが実力以外の理由で代表から除外された点、自国の国民スターの座を置いて、オリンピックのチケットのために国籍を変えた点などで韓国のアン・ヒョンスを浮かび上がらせる。彼は「アン・ヒョンスがソチで金メダル3個を獲得し、ロシアのショートトラックの関心を引き上げたように私もバイアスロンの魅力を韓国に伝えたい」と話した。

この日取材陣のカメラに映ったラプシンの訓練の姿はややぎこちなく見えた。パク・チョルソン バイアスロン代表監督がそばにいたが、会話はなかった気まずい沈黙だけが流れた。パク監督とラプシンは無言で自己練習だけをした。

「監督が横について注視か」は、通訳の質問にラプシン「監督がいい。私は負傷し、手術したときの二日間のそばを守ってくれた。本当に感謝している」と伝えた。

彼らの問題は言語であった。二人の会話を通訳する人間がいなかった。ラプシンとパク監督はお互いの表情を読み取りながら疎通するしかなかった。

ラプシンがリハビリ期間中に韓国語読み書きも学んだ。電話で韓国語の家庭教師も受けたものの、まだ韓国語でコミュニケーションするのには、困難があって見えた。

彼は「発音が変で周辺ではたくさん笑われてしまう。それでも「こんにちは」「ありがとうございます」を頻繁に使おうと努力する」とし「オリンピックが終われば本格的に韓国語の勉強をして、韓国の名前も持ちたい」と語った。

選手村に一人で残っているラプシンに大変な点を尋ねると、彼は「(ここで)身体の状態がどうなるかの説明ができないくれる」とし「言語のために聞いても詳細な部分は理解をできないならない」と訴えた。

これに対して、選手村医務室の担当者は「言葉の壁もあって、細かいことまでは伝達が難しく試行錯誤がある」と言いながらも「本人(ラプシン)が熱心にする選手と大きくオーバートレーニングしなければ十分に回復するだろう」と説明した。

ラプシンこの日、撮影で村を訪れた通訳に、これまで言えなかったすべての質問を書いて渡した。彼は「私は気になる細かい質問をすることができる状況ではない」とし「だから、いつも聞いてみたいことを書き留めてた」と述べた。

さらに残念なのはラプシン治療費をパク監督が出していたこと。「費用は国から出てきたのか」という質問にパク監督は「保険金請求をすること」とし「今は方法がない私が代わりに計算している。これまで600万ウォンていどを使った」と述べた。

オリンピックに先立って冬季種目団体長は懇談会などを通じて帰化選手を積極的に支援方案などを設けてくれることを数回提案したことがある。これに対して大韓体育会は「懇談会の内容を専門家グループや未来企画委員会などの諮問機関で補完し、より深く議論する」と明らかにしたが、帰化選手たちの処遇はまだ劣悪な実情である。新しい祖国にメダルをもたらそうという夢を抱いて、今回のオリンピックに出た帰化選手たちに、より多くの関心が必要な時だ、

一方、ラプシンは今回平昌舞台に韓国選手として一人バイアスロン種目に出場してスプリント16位など、韓国史上最高の記録を立てた。オリンピック直前の負傷を経験したうえ通訳もなく大変訓練してきたラプシン。彼の輝く闘魂のおかげで韓国の雪上に希望の足跡を残した。
(引用ここまで)


 特別帰化させておいて競技や治療に必要となる通訳もつけない。
 治療費は監督の個人負担。

 うむ、ひどい。
 いつもの韓国であるといえばいつもの韓国ではありますけどね。
 ちなみにNHL所属選手が出場しないことから、特別帰化選手が7人いるという男子アイスホッケー韓国代表は成績がそれなりに期待されていました。
 予選リーグで3敗して、かつ準々決勝進出決定戦にも負けて終了。
 まあ、そんな甘くはなかった。

 その他、女子アイスホッケーには3人、バイアスロンには記事のラプシンを含めて3人。リュージュ、フィギュアスケートが各1人の計15人が特別帰化選手であるとのこと。
 今回、韓国の出場選手は150人ほどだということなので、実に10%が特別帰化選手。
 以前の国籍を持ったままでの二重国籍を認める特例措置です。

 あとクロスカントリーで二重国籍から韓国籍を選んだ選手がいましたね。何人かは海外僑胞からの帰化もあるので、そういった選手は韓国社会になじむこともできるかもしれませんが。
 他の純粋な帰化選手の待遇も気になりますね。
 これら特別帰化選手ですがあまり活躍を耳にしません。けっきょくはそれぞれの国で代表になることができなかったていどの選手、ということなのです。韓国では代表になることはできても、……ということなのでしょう。
 特別帰化の目的であり、目標だった848(金メダル8個、銀メダル4個、銅メダル8個)も絶望的。

 記事中ではラプシンは「将来、韓国の名前を持ちたい(姓を立てたい)」と語っていることから、韓国への本格的な帰化を見据えているようです。ロシアでは協会の内紛に巻き込まれて代表になれなかったということが、韓国に来た大きな理由だとも語っています。
 ……いまのところバイアスロンが弱小種目だから内紛がないというだけで、もしあるていど以上の強化費用が出るようになればロシア以上の争奪戦が繰り広げられることは間違いないのですけどね
 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ