楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

中韓関係

 相互RSS募集中です

中国「韓国特使が習近平の下座だったのは他国と同じ扱いで冷遇ではない」 → それでは検証してみよう

韓国だけの冷遇ではないとした習近上席儀典、他の国ではどのように大したか確かめてみたところ……(東亞日報・朝鮮語)
「儀典改革次元でそのような配置をしたのであって、韓国だけを儀典で冷遇するのではない。他の国でも同じように配置した」

中国の外交当局者による最近の言葉です。3月12チョン・ウィヨン青瓦台国家安保室長の訪中時に習近平中国国家主席が北京人民大会堂で上座に座ってチョン・ウィヨンを下座に座らせたことに対する答えでした。
韓国政府も以前、「中国側から新たに定着している慣行という回答だった」とし「私たちは(特使訪朝結果を説明する)重大な問題について形式的な側面ではなく、内実に興味を持った」と説明しました。中国側は「(チョン室長訪中時と同じ椅子の配置)の事例が多くなっている」と語りました。中国は当時、チョン室長を「ムン・ジェイン大統領の特使」と呼称していました。
特使は一国の首脳が自分のメッセージを相手国首脳に伝えるために特別に派遣された使節です。大統領の親書や特別なメッセージを相手国に伝えるために、大統領の代わりをする任務を持ちます。 (中略)

では、中国がこのような席配置が「新しい慣行」であり、「他の国も同じだ」と述べていますが、他の国はどうか確認してみましょう。
(引用ここまで)

 韓国が異常なくらいに席次や格の扱いに敏感なことはこれまでの実例でよく知られていると思います。
 日本に来ては「椅子が小さい」だのなんだの。
 トランプ大統領の訪日と訪韓オバマ大統領の訪日と訪韓の日数を比べて「日韓を平等に扱うべきだ」だのなんだの。
 アメリカに国賓で行くか実務訪問で行くか、ブッシュ大統領の私邸であるクロフォード牧場に小泉は招かれたのに、ノ・ムヒョンは招かれなかっただのなんだの。
 まあ、うるさいのなんの。

 そんなわけで北朝鮮に特使派遣後、その特使がどのような扱いを受けたかについても事細かに追求があったのですよ。

 で、それに対して中国側は「あれは最近になってできたプロトコールであって、多くの国をそのように扱っている」と語っていたのですが。
 実際にそれを検証してみた、という記事。

 椅子を平行に配置している相手として……

・ティラーソン国務長官(当時)
・カリフォルニア州知事
・二階幹事長
・ベトナム特使
・ラオス特使

 といった面々が挙げられています。
 インドの補佐官が関係悪化時にはチョン・ウィヨンと同様に下座に座らされていたものの、特使派遣時には平行になっていたりしました。
 下座に座らされたのはBRICs外相会議に来た外相らとの会談くらいなもの。
 それ以外には香港、マカオなどの行政長官は下座に座らされるとのことだそうです。
 つまり、1対1で下座に座らされたのは自治区の行政長官と韓国特使。

 ……なるほど、「韓国の位置」というものがよく分かりますね。

淋しいのはお前だけじゃな (集英社文庫)
桝野浩一
集英社
2008/3/19

「国際政治の大家」ミアシャイマーが「北朝鮮は絶対に非核化に応じない」と断言。「韓国は中国の下で『半主権国家』になる」とも……

「国際政治学の大家」ミアシャイマー教授に聞く韓半島の未来(下) - (朝鮮日報)
−北朝鮮が非核化の意向を表明し、米朝首脳会談が5月に行われると韓国政府が発表した。見通しはどうか。

 「見通しよりもまず、2人が首脳会談を行うかどうかが不確実だ。首脳会談の準備ができているかも不明だ」

−トランプが会いたがらないということか。

 「トランプはブレーンたちに相談もなく、米朝首脳会談を受け入れた。トランプの立場では、『金正恩には本当に会いたいが、まだ双方の基本的な準備ができていないようだ』として、会談条件について、先に実務交渉をしようというのがスマートだと思う」

−予定通りに会い、非核化について前向きの合意が成立する可能性は。

 「前向きの合意が何を指すのか分からない。米国にとっては、北朝鮮が核を放棄することだが、そんな可能性はない。北朝鮮にとっては、核を放棄することは愚かしいことだと思う。北朝鮮のNSC(国家安全保障会議)の最高責任者は金正恩に核を絶対に放棄するなと言うはずだ」

−北朝鮮が核を放棄する可能性はそれほど低いのか。

 「その可能性は0.05%、0%と1%の間だ。分かりやすく、1%以下だとしよう(笑)。リビアのカダフィは愚かにも米国を信じ過ぎた。大量破壊兵器を放棄した結果はどうだったか。そんな事情を知っているのに北朝鮮が核兵器を放棄するだろうか」

−韓国には交渉で北朝鮮の核放棄が可能だと考える人もいる。

 「北朝鮮は絶対に応じない。中国もそうしろと圧力をかけない。韓国から戦術核兵器を撤収したのは、冷戦終結ムードによるものだったが、誤りだった。ウクライナが核を放棄したのも、ウクライナにとっては大きな失敗だった」
(引用ここまで)

 おっと、ミアシャイマー教授からも北朝鮮核問題に言及がありました。
 一定以上のインテリジェンスを持つ人間は押し並べて「北朝鮮は非核化に応じない」と断言していますね。
 そもそも20年以上かけて核開発してきた国が、交換条件もなしに手放すかという話なのです。

 そして米朝首脳会談についても不透明であるとの話。
 そもそも開催されるかどうかすら分からない。個人的には首脳会談を開くこと自体がアメリカの罠ではないかと感じていますが。
 北朝鮮がいうところの「非核化」と、アメリカのいうところの「非核化」には差異がありすぎて詰めることはできない。
 ついでに言えば「北朝鮮が『非核化』する」と言っているのはあくまでも韓国の主張に過ぎませんからね。

 でもって、この記事の上編もなかなか面白い部分がありまして。

「国際政治学の大家」ミアシャイマー教授に聞く韓半島の未来(上)
 「中国がアジアで覇権国家に浮上することを阻む方法はない。覇権国家になった中国に韓国が便乗する可能性がある。そうすれば、韓国は『半主権国家(semi-sovereign state)』になるだろう」

−半主権国家は中国の植民地を意味するのか。

 「そうではない。経済的には自立性を持つが、外交・安全保障面では思いどおりにはできず、中国のコントロールを受けることを意味する。その場合、韓国は中国という鳥かごにとらわれた鳥になるだろう」
(引用ここまで)

 もうすでに現状がこうなっていますけどね。三不の誓いによって外交・安保の主権はすでに中国に差し出したも同然ですから。韓国でのインタビューということもあって、あえてそこまでは言及していないのでしょうが。
 「半主権国家」はいかにもミアシャイマー的な物言い。
 引用部分以外も面白いので一読をお勧めします。

完全版なんて出てたのか……高いけど買うか……。
大国政治の悲劇 完全版
ジョン・J・ミアシャイマー
五月書房新社
2017/12/10

中国がキム・ジョンウンを歓待、「一人飯」の塩対応だったムン・ジェインとは大違い……そこにある理由とは?

中国、金正恩委員長に「一人飯」文在寅大統領と違い高密度・高品格のもてなし (中央日報)
 習主席が金正恩氏に提供した最初の歓待は食事の回数と質の違いだ。文在寅大統領は習近平主席と訪中2日目に国賓晩餐で共に食事をするのにとどまった。晩餐には彭麗媛夫人、丁薛祥中央弁公庁主任、楊潔チ政治局委員が参加した。中国で党と国家指導者と呼ばれる政治局委員級要人では4人が参加した。「ナンバー2」である李克強首相との翌日の昼食は実現しなかった。政治局委員である陳敏爾重慶市党書記との昼食まで3泊4日間の日程の間、中国側要人との食事はただ2度に終わった。 

  一方、金正恩委員長の場合、北京到着初日である26日公式歓迎式、首脳会談に続いた歓迎晩餐を習主席と共に参加した。翌日、釣魚台国賓館養源斎では両国の首脳夫妻〔習近平主席・彭麗媛夫人、金正恩委員長・李雪主(リ・ソルジュ)夫人夫婦〕のための特別晩餐が提供された。習主席は「釣魚台国賓館は中朝の伝統友情の発展を目撃した」として「両党両国の過去の世代の指導者の親密で間隙のない関係は我々にとって手本になる。金正恩委員長夫婦がいつでも中国を訪れることを歓迎する」と話した。  (中略)

文大統領と金正恩委員長に対する歓待の違いは金正恩委員長の帰国後、中国が出した発表文の格別な長さだ。中国が官営新華社を通じて発表した発表文は約3500文字に達する。文大統領との会談結果発表文は1263文字。今回の北朝鮮発表文の3分の1水準にとどまった。1月、中国・フランス首脳会談の場合は1700文字、米中首脳会談発表は2200文字だった。発表文の長さで外交の重さを暗示する中国の外交慣例を考えると、中国は北朝鮮→米国→韓国の順で重視するという対外メッセージを伝えたわけだ。
(引用ここまで)

 おや?
 ムン・ジェインの訪中での一人飯は「庶民と同じ目線で食事をする」というアピールだったんじゃないんですか?
 粥と油条で朝食をとる庶民目線の大統領がどうのこうのって話。
 少なくとも大統領府はそんな風に言ってました。
 同様につい先日のベトナム訪問でも庶民と共に食事をするムン・ジェインという演出をしていましたし。

【写真】文大統領、ベトナムの飲食店で「庶民外交」(中央日報)

 中国での失態をフォローするためにやっている、というのもあるのかな。「あれは冷遇されたわけではなくて、ポリシーとして毎回やっているのだ」という。
 もちろん、韓国国内の支持層に対して、「あなたたちとムン・ジェインの視線は同じだ」と庶民派であることをアピールしたいという両方の意味を持っているのでしょうね。

 中国側の視点としても北朝鮮のキム・ジョンウンを「厚待」することで、韓国への塩対応とのコントラストを強く描いて、キム・ジョンウンを気持ちよくさせようという部分もあるのでしょう。
 もちろん、ここのところ米朝と韓国だけで事態が進行していた北朝鮮核問題でキャスティングボートを握りたいという意向もからんでいるのは間違いないところ。
 訪中でどんな話が出てきたかというのも分かりませんし。
 中国の再参入で5月末にかけての混沌さがさらに増したって感じですね。

中国からも「韓国を信頼できない」とする世論調査結果が……コウモリ外交は結局こうなる運命

中国人の韓国好感度、周辺カ国中5位…日本より低い(中央日報)
中国人の韓国に対する好感度点数は日本より低いことが明らかになった。

韓国統一研究院が作成した「中国人の韓国に対する認識調査報告書」によると、中国人の韓国好感度点数は10点満点中3.4点で、周辺8カ国のうち5位を記録した。1位は米国(5.84)で、次いで日本(4.49)、ロシア(3.77)、インド(3.44)となった。 (中略)

また「韓国国民は信頼できるか」という質問項目に対して、「全く同意しない」(43.1%)、「特に同意しない」(34.3%)など、同意できないという回答が77.4%に達し、「信頼することができる」と答えた回答者は全体の22.6%に過ぎなかった。
(引用ここまで)

 なかなか面白いアンケート結果ですね。
 日本人から見た韓国の印象も「信頼できない」というものが約8割
 中国人から見た韓国の印象も「信頼できない」が77%と約8割。
 コウモリ外交の帰結するところはこうなるのだよといういいサンプルといえるのではないでしょうか。
 両方にいい顔をしようとしている相手というのは、どちらからも「敵の味方」と見られるのです。
 できることならこれにアメリカでの知識人の印象も重ねたいところですが、なかなか難しいかな。

 中国に関しては「恭順したはずの属国」が三不の誓いを掲げたにしても、いまだに在韓米軍が駐留しているところも気に入らないだろうし、中国の頭越しで北朝鮮との会談を行ったというところも気に入らないって感じですかね。
 今回のキム・ジョンウンの突然の訪中は、そのあたりのチャイナパッシングを正そうという中国側の意向もあるのかもしれません。
 ますます東アジア情勢は面妖になりつつあるなぁ。

 しかし、「信頼できるか」と問われて「まったく信頼できない」って答えるのが43.1%っていうところが中国の激しやすい部分となっていますね。
 なんだかんだで、こういう統計を取るとそれぞれの国のありようというのが答えから透けて見えてくるのが面白いところです。

中国が下座に韓国特使を置いた件、ある意味で「特別扱い」だった模様

下座に韓国特使、中国は「新しい慣行」と釈明(朝鮮日報)
 当時の座席配置は、習国家主席が上座に座って会を主宰し、韓国大統領特使である鄭義溶室長一行と中国側関係者がその左右に座る形で、儀典上、明らかに目下に対する扱いだった。

 北京の外交筋は26日、「会談後、中国側は『今回の座席配置には新たに定着しつつある慣行という側面がある』と言った」と伝えた。中国側はこれと共に、昨年6月に中国で行われたBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)外相会議で参加国の外相らと習国家主席が会談した際のことなどを例に挙げ、「他国に対してもそのような座席配置にした事例がある」と説明したという。

 ところが、この時の会談は定例外相会議に出席したブラジル・ロシア・インド・南アフリカ外相が集団で習国家主席に会ったもので、首脳の代理である特使との会談とは性格が違う。

 「新しい慣行」という説明とは異なり、中国は昨年10月のベトナム共産党書記長特使・ラオス人民革命党書記長特使との会談時や、同年11月にミャンマー軍司令官との会談時は、習国家主席と訪中団メンバーのいすを同列に並べた。

 つまり、中国が「特使」と呼ぶ訪中団メンバーをぞんざいに扱った事例は事実上、韓国以外にないことになる。中国は昨年5月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した李海チャン(イ・ヘチャン)議員が習国家主席と会談した時から、こうした座席配置をしていた。
(引用ここまで)

 去年5月に派遣された特使に続いて、キム・ジョンウンとの会談の報告のために特使として訪れたチョン・ウィヨン国家安保室長も下座に座らされる
 中国からの説明では「この座席配置は新たな慣行」とのことなのですが。
 韓国の特使以外に下座に座らされたのはブラジル・ロシア・インド・南アの外相が集団で会談したときだけ。
 1対1の会談で実際にそうやって座らされていたのは韓国の特使だけ。

 韓国特使だけは下座に置かれるという特別扱い、ということじゃないですかね。
 ムン・ジェイン本人が来れば座席配置的には同列には扱ってもらえる。
 ただし、現実的な扱いは国賓なのに次官補級が出てきたことをはじめとして、とんでもないものでしたけども。

 そんな国家元首の名代としてやってきた特使であれば、一段下として扱われて当然というのが中国のやりかたということなのでしょう。
 外交プロトコールとして、韓国特使はそう扱うべき存在であるという中国の主張なのです。
 中国に対して三不の誓いを掲げて主権を放棄したのだから、当然といえば当然の扱いではないかと思いますけどね?

プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書)
寺西千代子
文藝春秋
2016/11/20

韓国の特使が北核問題の報告に中国訪問 → またもや下座に座らされる……まあ大統領の扱いもアレだったしね……

韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争(中央日報)
中国の習近平国家主席が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と面談した際の席順が再び外交欠礼論争を呼んでいる。

12日午後、北京人民大会堂で行われた面談で、習主席はテーブルの中央上座についた。しかし鄭室長は習主席よりも格が落ちる下座につき、外見上、習主席主宰の業務会議に参加したような格好になった。

これは昨年5月、李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が特使として訪中した時と同じ席順だった。当時は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題で韓中間に葛藤があった時だったので、習主席が韓国の大統領を故意に冷遇したという指摘が出ていた。
(引用ここまで)


 一般に特使と言えば、派遣してきた国の最高権力者の代行ともいえる存在。国賓とまではいかないにしても、実務訪問に準じた扱いを受けるのは当然ですね。
 では、ムン・ジェインが訪中した際にどのような扱いを受けてきたかチェックしてみましょう。

外交天才ムン・ジェイン、国賓としての中国訪問での扱いをまとめてみた

 フルボッコだったのを思い出していただけたでしょうか。
 大統領本人が行ったってこの扱いなのですから、代行である特使なんてどうなるか予想がつきそうなものです。
 そもそもがチョン・ウィヨン国家安保室長は特使団の中でも最上位の権力者ですが、それでもキム・ジョンウンの前で必至にメモとっていたわけですから。
 そんな小物を中国がどう扱うべきなのか、と考えたら当然の結果。

   というか、習近平になにを期待しているんだかな。
 中国としてみたら三不の誓いを捧げてきた韓国はどう見ても属国。よくて冊封国。
 韓国人にしてみたら、現代の皇帝である習近平と同じ部屋に入れただけでも感謝すべきくらいのものでしょうね。
 なお、チョン・ウィヨン国家安保室長は帰国した足でそのままロシアに向かうのだそうです。

韓国大統領府関係者「中国が怖かったからWTO提訴もせずに三不の誓いを立てたのだ」と激白

【時視各角】中国と米国は別々に?=韓国(中央日報)
1カ月ぐらい前のことだ。通商にかかわっている政府高位関係者Aと会った。ドナルド・トランプ大統領がサムスン・LG洗濯機に対して緊急輸入制限措置(セーフガード)を発動して騒がしい時だった。本音を尋ねた。なぜ昨年、中国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)の報復に出た時は世界貿易機関(WTO)に提訴しなかったのかと。また、なぜ今米国には直ちにWTO提訴をいうのかと。しばらくためらっていたAが口を開いた。

「中国はどう出るか分からない。さらに強い報復をする可能性が大きい。だから提訴することが難しかった。実益はなく、むしろより大きな害を受ける可能性があると考えた。米国は違う。法と制度によって動いて理性のある国だ。トランプ大統領の独断で何でもできる国ではない。だからWTO提訴で応酬することができる」

遠まわしに話したが、意味は明らかだった。「法よりげんこつが恐ろしい」ということだった。十分理解はできたが、心地悪かった。町の露店なら分かるが、大韓民国の通商政策がそのように決定されてはいけないことだった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が最近、米国に対して「通商と安保は別」を話した時、その理由として「堂々とした態度」を耳にした時、1カ月前の心地悪さが思い浮かんだ。普段なら百回言っても正しいことであり、心情的にも十分理解できる。トランプの退行的・暴力的な保護貿易措置でこそ非難されて当然だ。ところで、なぜ心地悪かったのだろうか。3つの理由がある。

まず、時期だ。なぜ今なのか。よりによって中国のTHAAD報復に最後まで沈黙で一貫した後だ。どうせなら中国に3不を約束する前に、WTO提訴どころか抗議一言もできず退く前に、大統領の一人飯論議が起きる前に「堂々とした態度」を述べれば良かっただろう。そうしたとすれば今のように「中国と米国は別」か「反米奉中」かという議論は起こらなかっただろう。 (中略)

さらに懸念されるのは大統領の現実認識だ。「通商と安保は別」は非現実的だ。歴史を少し振り返ってみても分かる。アヘン戦争が何か。アヘンの輸入を防ぐ中国を列強が強制的に侵略した帝国主義戦争ではないのか。日帝の江華島(カンファド)侵攻も口実は大院君(テウォングン)の保護主義政策だった。トランプは「北朝鮮の仲違いに我々は(韓国に対して)貿易という手段がある」とした。「通商=安保」と見るという意味だ。習近平主席が「通商と安保は別」と考えたとすれば、THAAD報復はなかっただろう。ところで、なぜ韓国大統領だけが「安保と通商は別」というのか。

3つ目、大統領の耳をとんでもない人が捉えているのではないか。彼が誰なのかは分からないが、少なくとも経済・通商専門家ではないようだ。そうしたとすれば、この敏感な時期に大統領が「韓米FTAの法的体系が公正でない」として古い論争、解決法のない論議の的を取り出したわけがない。もっとも青瓦台には目を皿のようにして探そうとしても通商専門家がいない実情なので別に大統領に言う口もあるわけがない。
(引用ここまで・太字引用者)

 はあ……。
 いま思い起こしてみても三不の誓いはあまりにも唐突だったのですよね。
 いくら年内に中韓首脳会談が控えていて、態度表明をしなければならない状況だったとしてもアレはまともな国だったらない。
 マクマスター大統領補佐官もつい「主権を放棄したとは思っていない」とか口走っちゃうほどの行為。つまり、「一般的にはああいった行為は主権放棄に見られると思うが、個人的にはそうではないと思いたい」って言っちゃうくらい。
 朝鮮日報はもっと直接的に「主権の再確認をしなければならない」とまで言ってましたっけ。
 同じエントリで「海外メディアは『中国は一発の銃声も響かせずに韓国に勝った』とした」としていますが、あれはもはや戦争に負けたも同然の話であったということです。

 この記事を見るに要はいじめられていたほうが切れちゃって、まともな判断力を行使できなかったということだったのですね。
 韓国メディアは「なんで中国をWTOに提訴することくらいのことができないんだ!」って言ってましたが、当事者としては怖くて怖くてしかたがなかった。
 カン・ギョンファ外交部長官はカウンターパートである王毅が怖くてTHAAD圧迫への抗議すらできなかったほどに。

 そこまでしてどうにか得ることができたムン・ジェイン訪中での扱いはアレ

 政権内に対日外交専門家はいない
 知米派と呼べる閣僚もいない
 あの経済政策を徹底しているところから見て経済の専門家もいない。
 そして、通商の専門家もいない ← NEW!!

 っていうかなんだったらいるんだよって話ですが。そもそもが徹底したお友達内閣なので、できることといったら「積弊清算」くらいなものですかね。政権の最重要課題だそうですし。
 ムン・ジェインの口からは二言目には「ツートラック外交で行く」とかいうセリフが出てきますが、現実がさっぱり分かってないのであれば納得できますね。

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2016/3/18

中国人が選ぶブランドパワートップ30に日本企業は3社、「中国で人気」のはずの韓国企業は……?

看懂2018年的中国消费者:全球品牌中国影响力指数首发(腾讯科技・中国語)

 昨日、ちらっと書いた中国消費者のブランドパワートップ30。
 スマホ、ネット企業、大衆自動車、高級自動車、銀行、不動産チェーン、レストランチェーンでそれぞれ中国の消費者にとって高いブランド力を持っている企業をピックアップした中国の腾讯(テンセント)傘下のペンギンインテリジェンスによる格付けです。
 まずはざくっとベスト30行ってみましょうか。

 1.腾讯 *1
 2.アップル
 3.ファーウェイ
 4.アリババ
 5.ケンタッキーフライドチキン
 6.シャオミ
 7.バイドゥ
 8.フォルクスワーゲン
 9.海底撈 *2
10.メルセデスベンツ
11.マクドナルド
12.万科地産 *3
13.BMW
14.アウディ
15.ピザハット
16.スターバックス
17.ポルシェ
18.京東 *1
19.恒大地産 *3
20.ボルボ
21.レクサス
22.リンカーン
23.キャデラック
24.ベントレー
25.トヨタ
26.カントリーガーデン *3
27.ランドローバー
28.ホンダ
29.全聚徳 *2
30.保利地産 *3

*1 ネット企業 *2 チェーンレストラン。火鍋と北京ダック。日本に支店あり *3 不動産業

 「ブランドパワー」の調査に不動産業と銀行が入ってくるのが中国の現状を表していますね。
 韓国企業はサムスンが唯一スマホ部門4位に入っています。ざっくり総合では32〜33位といったところ。
 その他の日本企業は大衆自動車でマツダと日産がランクイン。

 ヒュンダイはそこそこ売れてはいます。THAAD騒ぎもあって、28%減とかなり販売台数は下がってはいますが。それでも82万台は売れているのです。
 だけども中国人にとって「ブランドではない」ということでしょうね。
 ちなみにヒュンダイはアメリカでの販売台数でも11%減。どこか根本的な問題があるのでしょう。

ただいま63%オフ。
中国 目覚めた民衆―習近平体制と日中関係のゆくえ (NHK出版新書)
興梠 一郎
NHK出版
2013/1/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ