楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

カプチル

 相互RSS募集中です

甲の横暴:後輩を自殺に追いこんだ部長検事が解任へ。韓国も横暴が拡散されると罰せられる時代に……?

「後輩検事自殺」部長検事電撃解任... 17回もの不正確認(聯合ニュース/朝鮮語)
検察が、故キム・ホンヨウン(33)前ソウル南部地検検事に暴言・暴行をして死に至らしめた上級者キム・デヒョン(48・​​司法研修院27期)部長検事について解任という最高レベルの懲戒を下すことに決めた。

最高検察庁監察本部(本部長ジョン・ビョンハ検事長)は26日、監察委員会の会議を開き、キム・スナム検察総長にキム部長検事の解任請求を勧告することを決定したと27日、明らかにした。
監察委員会の勧告に基づいてキム総長は、法務部にキム部長検事の解任を請求する予定である。法務部は検査懲戒委員会を開き、解任するかどうかを最終決定する。

最高検察庁はキム部長検事が法務部とソウル南部地検に勤務していた2014年1月から今年6月までに最近2年5ヶ月を対象に監察した。
この査察でキム検事から他の検事、検察職員、公益法務官などへの暴言・暴行など17件の不正を確認した。
監察の結果、キム部長検事は結婚式場で個室を設けていなかったか、予約したレストランのメニューが気に入らないとし、キム検事に不快感を与える言動をしたことが明らかになった。飲み会や会議中に仕事の処理を問題視して、手で肩・背中を数回平手打ちした。
法務部勤務当時法務官が酒の席に来ないか、一度の休暇決裁を上げたという理由で悪口をしたり、検査や弁護士を呼んで立ててレポートが気に入らないとくしゃくしゃに丸めて床に投げたりしたことが分かった。

チョン監察本部長は「マスコミなどで提起されたすべての疑いを確認し、そのほとんどが事実であると明らかになった」とし「所属検事と従業員などを指導・監督する過程で、人格冒涜的言動をしている点、被害者がひどく苦しんでいたことなどを考慮して彼の品性や行為にはこれ以上の検事職を実行するには不適切と判断した」と述べた。
後輩検事への暴言と暴行不正で解任された事例は、金部長検事がはじめてであると判明した。検事は検察庁法第37条の規定により国会で弾劾されたり、禁固以上の刑を受けないかぎりは罷免されないために解任は、最も重い懲戒だ。

解任が確定されると、キム部長検事は弁護士法に基づいて、弁護士開業が3年間禁止されており、年金も25%削減される。
監査本部はまた、直上級者であるキム・ジンモソウル南部地検長は指揮責任を問い、検事総長の警告措置を勧告した。

キム・ホンヨウン検事は5月19日、自宅で死亡して発見された。彼は遺書に仕事のストレスと検事の職務の圧迫感を吐露した。キム検事の親は、息子が直属の上司であるキム部長検事の暴言と侮辱に自殺に追い込まれたとの事実を明らかにしてもらいたいと検察に嘆願書を提出した。
最高検察庁は南部地検に真相の把握を指示し、キム部長検事は先月10日、ソウル高等検察庁に連行された。キム検事が友人に送った「上司が酒に酔って暴力を振るう」、「死にたい」などのメッセージがメディアに公開されて疑惑が増し、最高検察庁は今月1日監査に着手した。
チョン監察本部長は「遺族と国民に心から謝罪」と「今回の事件をきっかけに、検察内に望ましい組織文化を作っていき、キム検事の死が無駄にならないように事後措置に最善を尽くしたい」と述べた。
遺族は加害者の処罰を要求して告訴することを検討している。キム検事の父キム・ジンテ(62)氏は、聯合ニュースとの通話で「解任だけでは息子の名誉を取り戻せない」と息子の司法研修院41期同期と相談して刑事告訴を検討すると述べた。
(引用ここまで)

 韓国では究極の甲であると思われている法務関係者である検事にもそれぞれに甲乙が存在して、上からの命令や理不尽な扱いがある。
 一部の中に全体の構造が含まれているというホロンの状態ですな。

 かつてあれば握りつぶせていた告発だったのでしょう。
 ですが、「民衆のほとんどは犬か豚」発言と同様にSNSやスマートフォンが普及したいま、こういった甲の横暴はすぐに拡散されるようになった、という時代であると。

 韓国の甲にとってもやりにくい時代になっているということなのでしょう。
 同じことがロッテ創業者の長女の逮捕、起訴にもいえるのかなぁ……と。かつてであれば(韓国の上位層にとっては)たかだか2億円ぽっちの裏金工作で逮捕なんて考えられなかったことですが。
 新興財閥であればともかく、ロッテのような政権にべったりで利益供与もしてきたであろう大財閥をつつけばどんな蛇が出るかも分からないのです。
 これまで旧大宇財閥会長だった金宇中が数兆円単位の追徴金を科せられていても払いもせずに悠々自適の生活を送れてきたのはそれが原因なのですが。

 あまりにもカプチル=甲の横暴がひどいと世論が沸いているので、ガス抜きとして中枢部以外はランダムに摘発するようになったのかもしれませんね。
 たとえばサムスン電子のイ・ゴンヒに買春疑惑がかかっていますが、そこに捜査の手が伸びるようであれば「もはや中枢ではない」というように判断された、という状況なのでしょうね。
 もっとも、「リハビリ中」のイ・ゴンヒが中枢であるわけがないのですが。

図解 韓国四大財閥早わかり (中経出版)
金美徳
KADOKAWA / 中経出版
2015/3/20

韓国ヒュンダイ自動車、またもやストライキ → 韓国雇用労働部大臣が激怒「おまえらさえいなけりゃ富の配分もまともだったのに!」

イ・ギグォン長官「現代自動車賃金9700万ウォン、協力会社は、情熱ワーク」(マネートゥデー/朝鮮語)
イ・ギグォン雇用労働部長官が18日、5年連続のストライキに出た現代自動車に向かって決心して批判した。 平均9700万ウォンに達する現代自動車労組の高い賃金が2・3次協力会社の「常時情熱ワーク」によって支えられているというものである。
長官は同日、政府世宗庁舎で「2016年下半期の主な雇用労働政策の方向」のブリーフィングを持って「現代車組合員の給与が平均9700万ウォンであることが、ひたすらその組合員だけの努力の対価なのか、それとも2・3次協力メーカーの対価も含まれているではないか冷徹に判断して見なければならない」と明らかにした。

この日発表された後半の雇用労働政策の核心方向に大臣は、青年雇用拡大を挙げた。
ただし、6月、青年失業率が10.3%を記録するなど、既存の雇用サービスセンターでは限界があるだけに、大・中小企業の格差解消を介して青年たちが行くべき中小企業を育成しなければならないと、この長官は強調した。

現代車の発言も、このような文脈で出てきた。大臣は「自動車業界の元請を100と見たとき、1次サプライヤーは64、2次協力会社は34、3次協力会社は、29レベル」とし「このような統計を見ると、2・3次の労働者たちの努力の対価を(元請が)持っていっているではないか、いわゆる常時的な情熱ワークが行われているのでは冷徹判断しなければならない」と述べた。
続いて、この相は、「2・3次協力会社の労働条件を改善し、元請が自制していれば、2・3次協力会社に私たちの青年たちが、はるかに多くの就職することができた」とし「(ストを通じた賃金引き上げ要求が)青年の就職希望を奪う利己的な行動であることができる部分を現代車労組と組合員が深く認識しなければならない」と述べた。

現代車労組は先に6日から13日まで行われた争議行為賛否投票を介して86.3%の圧倒的賛成率で可決させた。来る19日、一部の事業場が部分ストに入る。来る22日には、起亜自動車、韓国GMと一緒にゼネストに突入する計画だ。

(引用ここまで)

 雇用労働部の長官、日本でいえば経産大臣だか厚生労働大臣あたりから「もうヒュンダイ自動車労働組合はいい加減にしろ」と苦言。
 正規労働者であれば1000万円クラスの収入があるにも関わらず、もっとくれとねだりまくり。
 「彼らのその強欲さがなければ、もっと他の雇用が増えていたのではないか」とまで言及。
 なかなかありえない話ですね。

 ですが、そうやって一部の「上層国民」が「9割の豚や犬」である民衆を搾取する、というのは李氏朝鮮以降の伝統なのです。
 甲乙葛藤=カプチルで搾取しまくる。
 元請けが下請けに非常な値段で仕事を出す。下請けはそれがないと生きていけないからやらざるをえない。
 そして、その下請けも2次下請けに出すというようにして立場が変われば甲乙入れ替わって搾取する。
 だからひとりあたりのGDPでは伸びているように見えるのだけども、富が偏在していてちっとも平均的ないい暮らしが見えてこない。

 韓国人も実はそれを望んでいるんじゃないかなぁ……と思うことが多々ありますね。
 富を偏在させておくことで、自分もいつかそこに入り込めるチャンスがある、というようにしておきたい。
 自分も徹底した甲になりたい。
 そして「民衆なんざ9割が豚か犬だ」って心の中で思っていたい。ただし、口にすると炎上して身を滅ぼすので言わないようにしたい。
 なにしろ本当のことですからね。人はなによりも本当のことを言われたときに激怒するのです。

 下層の人間が「民衆はブタだ!」とか言ってもさほど威力はありませんが、本当に豚扱いしている公務員2級試験に受かるような上級国民から言われるからこそ威力があった。真実なだけに。
 ソウル大学に行くほどの実力があった人間が「この国は土匙をくわえてきたらもうおしまいなんだ」といって自殺するから説得力があった、というのと同じことで。

 先日も「過激な闘争しか手段が残されていない」(となる前になんらかの対策を政府は出せ)という記事がありましたが。
 こうして青年層の失業率が上昇すると、どんどん社会不安が増えるんだよなぁ……。
 ヨーロッパの混沌は移民問題とそれに伴う部分のある雇用問題が理由の大半ですから。
 移民もなしにそういう問題に直面できるのだから、韓国はすごいですよね(棒読み)。

[まとめ買い] レッド 1969〜1972(イブニングコミックス)
講談社
山本直樹

韓国の上級公務員「民衆は犬や豚のように扱う身分制が望ましい」とつい本音がぽろり → 韓国で大バッシング

韓国教育省高官「民衆は犬や豚」と発言、韓国紙記者との酒席で 教育省、暴言処分へ(産経新聞)
 韓国教育省の局長級の高官が韓国紙、京郷新聞記者との酒席で「民衆は犬や豚のように扱い食わせるだけでいい。身分制になることが望ましい」と発言したと同紙が9日報じた。

 朴槿恵政権が進める歴史教科書の国定化など、重要教育行政に関わる高官の「本音」が出たと非難が拡大。教育省は同日、高官を処分すると発表した。

 高官はナ・ヒャンウク政策企画官(47)。7日に同紙記者2人や同省報道官らとの席で発言した。暴言をとがめた記者と論争になっても発言を問題と認めなかったが、8日に「飲み過ぎていた」と弁解したという。

 酒席で「米国を見ると黒人やヒスパニックは高い地位も求めない」とも述べ、米国を例に差別的な待遇が既に他国に存在するとの認識を示した。

 さらに困窮の中で危険な仕事を伴う非正規職に就く若者の存在に胸が痛まないのかと記者が抗議すると、自分には関係のない話だと一蹴し「(指摘は)偽善だ」とまで口にしたという。
(引用ここまで)

 うむ、韓国の上位層にいる人間の本音ですね。
 「おまえらはおいしい蜜を運んでこい、俺らはそれを食べて暮らすから」という認識です。
 産経新聞の記事には詳しくは書いていませんが、47歳の教育部政策企画官。局長級というよりはもはや次官級です。
 一般企業でいうと平の取締役より上……専務クラスですかね。ま、考えかたはいろいろでしょうが。
 韓国の公務員の2級になるのかな。これ以上はたぶん補佐官とかスポークスマンしかいないんじゃないかと思われます。公務員としてはほぼ最高位。
 これ以上は実力以外に任命のタイミングだのなんだのといった運も必要になるレベルです。

 で、その人物がお酒の席で「(ある映画のセリフにあったように)民衆は犬や豚のように扱って、食わせるくらいでちょうどいい」「アメリカの黒人やヒスパニックは上昇志向がない。代わりに上下院のような人々かそういった人々を食べさせていけばいい」、ソウルの地下鉄駅でホームドア修理中に事故で亡くなった青年に対しては「彼を自分の子供のように思えと言われているが、そんなのはただの偽善だ」といった発言を連発したそうですよ。

 で、「酒を飲み過ぎたから」という言い訳をしているのですが。
 違うのです。
 アルコールには理性を司る前頭葉を麻痺させる効果があります。酔っている間は、理性が抑えられてより衝動的になっているわけです。
 実際の考えがぽろりと出てきたのです。
 よく「あの人はお酒さえ飲まなければいい人なのだけど」とかいう人がいますが、酒を飲んでいる状況こそがその人の本質。桜井章一氏が「麻雀の時にこそ、その人の本質が出る」というような話をしていますが、それと同じことです。

 つまり、こっちのほうがむしろ純粋な本音なのですよ。
 財閥の人間が下々の人間に暴力を振るうのも、恫喝するのもこういう考えに基づいていますね。
 労働組合が自分たちだけ異常な額の給料を受け取るのも同様かな。
 これは「ウリとナム」ではなくてカプジル、甲の横暴のほうですかね。

 で、韓国社会はそうなっているのですよ。
 でも、それを口に出して言っちゃおしまいよねっていう。
 それがたとえ事実・真実であったとしても口にしてはいけない言葉というのがあるのです。
 現在、韓国ではこの「妄言」で蜂の巣をつついたかのような大騒ぎです。
 ね、ホントのこと言っちゃうから。

 韓国には極端に実力主義の部分があって、それを勝ち抜いてきた公務員2級の「上級国民」であるからこそ口にできる言葉なのでしょうが。
 記事にはありませんが、すでに自宅待機命令が出ているそうです。
 処分待ち。まあ、辞職せざるを得ないところに追いこまれています。
 ただ顔写真もさらされていて、これからなにをするにもやりにくくなるでしょうね。
 一般企業に就職でもした日には一斉にその企業がバッシングを受けるでしょう。

 こうなったら「犬と豚の店」とかやってパイをぶつけることができる店でも開業するくらいしかないんじゃないでしょうか。
 この「お酒の席の話題」で「上級国民」がどうなっていくのか楽しみな部分でもありますね。


「韓国の大学では教授は神! 助教、院生になにをしてもOK!」 → 実例をご覧ください

[インタビュー]大学院生は教授の奴隷…ウェブ漫画で教授の横暴告発(ハンギョレ)
 「助教の分際で教授を置き去りにバスを出発させる?」「申し訳ない?申し訳ないなら土下座して謝れ」

 ある教授が、遅れてきた自分を待たずにセミナー会場に先に出発したといって、2時間余りも自分の助教に暴行する。ウェブ漫画『悲しい大学院生の肖像』第1話に登場するエピソードだ。ウェブ漫画の話に過ぎない?いや、2010年に高麗大で実際に起きたことだ。その教授は弟子に対する常習的暴行や暴言が問題になり、今年初め停職3カ月の懲戒処分を受けた。

 自分が指導する大学院生を「奴隷のように」働かせる教授社会の素顔を逐一明らかにして話題を集めたウェブ漫画『悲しい大学院生の肖像』が17日、書籍として出版された。昨年11月から今月初めまでポータルなどに連載された11編をまとめたものだ。ウェブ漫画のストーリー作家として参加した高麗大一般大学院総学生会(院総)のヨム・ドンギュ学術局長(25)は、本の序文で「大学院生の問題を今のまま放置したら、今後もこの国でノーベル賞のようなものは夢見ることさえできないだろう」とし「大学院生研究者の問題を解決することは、韓国の学界の未来、学問の発展と直結した問題」と書いた。 (中略)

 ウェブ漫画のエピソードはすべて大学院生が実際に体験したことだ。「刺激的だ、誇張ではないかという反応もあるが、誰のことかを特定できないように脚色をするだけで、情報提供の内容を誇張したり膨らませたことはありません。それどころか、あまりに刺激的な内容については実際に提供された情報より縮小することもあります」。女子院生に対する男性教授のセクハラ問題を扱った第3話『続けられるだろうか?』編で、教授が院生を相手にした話(「新入生の○○のことなんだがね、まだ来たばかりなので分からないことが多いだろう? 私が個別にいろいろ教えてやりたいんだけど。私の学生でさえなければ、なんとか一度してみるのに…」)には、元の情報提供には「モーテル行って指導を受けるか?」というコメントもあった。「教授のセクハラ発言はワーディング(表現)までそっくり同じという事例がとても多いのです。情報提供を受けて私達どうしで話をすると『この言葉は本当にいつも出てくるね』と言っています」 (中略)

「金にならない学問」の博士課程に通い「この学問は今後、人が生きていくのに絶対に必要だ」という自負心で頑張ってきたある大学院生は、教授の指示で一人で完成させた論文に先輩と共同で名前を上げなければならなかった。その先輩は以前、こう話したことがあった。「俺たちが学生だとでも思うのか?勘違いするな。俺たちは奴隷だ。人気もないし研究費も少ない。奴隷の中でも一番下の奴隷」

 ウェブ漫画が連載された間、高麗大院総は全国の大学院生の「人権侵害申告センター」になった。論文を捏造をした指導教授のせいで、大学から「教授とともに60億ウォン(約5億2千万円)を弁償しろ」という訴訟にあった成均館大学生3人の事情をウェブ漫画にして、まもなく「特別版」としてインターネットに掲示する予定だ。「当事者たちが直接Eメールをくれました。情報提供者の学校にも院総はあるのに、私たちに連絡をくれるケースが多いです」
(引用ここまで)

 どの世界でもこういう軋轢は少なからずあるものですが。
 韓国ではこういう話があまりに極端かつ苛烈なのです。
 甲乙問題、甲の横暴(甲質=カプチル)とよく言われますが、あからさまに儒教の影響ですよね。
 冒頭の「2時間、助教を殴り続ける大学教授」っていうのが特別かというと、そうでもなかったりします。

 実際、去年には江南大学の教授が教え子をバットで殴り続けたり、人糞を食わせたりして懲役12年の判決を受けていました。
 今年にも名門私立大学(大学名は不詳)では教授を父親に持つ大学院生が、後輩に同様の暴行を働いていたというような事件もありました。「俺が(親の威光で)教授になったらおまえの世話を見てやる」と言っては、こうした暴力を振るっていたというような事件でした。
 もうひとつ今年に同じような事件があったのですが、こっちは同級生だったかな……。あまり楽韓Webではこういう暴行だのなんだのの事件は扱わないようにしているのですけどね。

 SKグループ会長の甥(つまりは財閥2世)がトラック運転手に「1発100万ウォンだ!」って叫んで、やっぱりバットで殴打したという事件がありましたね。あれと構造は同じ。ちなみにこの人物、逮捕されて一審では実刑判決だったのですが二審ではいつもの執行猶予がついたというオチでした。
 なぜか決まって野球のバットなんだよな……。

 上の立場に立ってさえいれば、下の人間にはなにをしてもいいのですよ。
 ひん曲がった儒教意識が蔓延していて、どんな扱いをしても構わない。JYJのユチョンの「婦女暴行事件」も似たような意識の下にあるんじゃないかと思われます。
 以前はこういう事件があったとしても、ここまで苛烈ではなかったような気がするのです。
 世相の反映、なんでしょうかね。



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ