楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

秘線国政介入事件

 相互RSS募集中です

リオ五輪4位の韓国人新体操選手が引退→韓国人「あいつはパク・クネの一党だ! 叩け!」 → その理由がこれまたひどい……

【コラム】引退した孫延在に石を投げる人たち(朝鮮日報)
「五輪金メダリストでもないくせに何で記者会見するんだ」

 新体操の孫延在(ソン・ヨンジェ、22)=延世大学=が17年間にわたる選手生活を終えた4日の引退記者会見。このニュースを取り上げた記事の下に書き込まれたコメントには孫延在に対するねぎらいではなく、非難の声が驚くほど多かった。(中略)書き込みだけで数万件に達しているようだった。

 単に誰かのことが嫌いで非難するならどうしようもないことだ。(中略)しかし、とんでもないデマを事実であるかのように流布し、さらに大きな誤解を生じさせて非難しているとしたら、話が違う。孫延在のケースがそうだ。孫延在は「崔順実(チェ・スンシル)国政介入疑惑」の主役の一人チャ・ウンテク被告が主導した国民体操「ヌルプム体操」のデモンストレーションに参加していたことが昨年11月に伝えられ、あっという間に「政権からの特別待遇」を象徴する人物になってしまった。「新体操選手としての善意からデモンストレーションに参加した」という釈明は聞き入れられなかった。デモンストレーションが行われた2014年は「崔順実」という名前すら誰も知らない時期だった。孫延在がそのデモンストレーションの背景をどうやって知って参加したのか説明している人もいない。同じデモンストレーションに参加して非難を浴びた2012年ロンドン五輪体操男子跳馬金メダリストの梁鶴善(ヤン・ハクソン、24)は「私も大韓体操協会の要請で参加したが、私にどんな恩恵があったのか自分自身、考えている」と言った。

 孫延在が朴槿恵(パク・クネ)大統領の処方せん疑惑にかかわったチャウム病院に通っていたことも非難の的となった。このため、「崔順実寄り」というレッテルが貼られた。けがや故障が付きものという種目の特性上、孫延在はチャウム病院のほかにも複数のリハビリ・漢方病院に通っていた。チャウム病院では主に食事メニュー構成の指導を受け、治療費も正しく支払っていた。同じ病院に通ったことが問題ならば、チャウム病院の患者は全員、「特別待遇リスト」に入れなければならないだろう。孫延在の引退宣言に対しても、一部には「今となってはひも(崔順実被告の人脈)が切れたので、逃げるように引退したのでは」と荒唐無稽(むけい)なことを言う人もいる。孫延在は五輪前から引退の意向を表明してきたという「ファクト(事実)」は無視しているのだ。

 世界の新体操界において、韓国は存在すらしない国だった。孫延在はそうした国で生まれた「突然変異のパイオニア(開拓者)」だった。7年間にわたり異国・ロシアで一日10時間というハードな練習をした結果が、韓国初のアジア大会新体操金メダルと五輪4位という成果だった。韓国人の誰も成し遂げられなかったことであり、五輪のメダルと同じくらい価値があることだ。

 孫延在はこのように屈辱的なレッテルを貼られたまま引退した。韓国の新体操界は再び不毛の地に戻った。開拓者を励まし、「孫延在キッズ」を育てるため力を入れても不十分だろう。こんなことをして私たち韓国人が何を得られるのか問いたい。
(引用ここまで)

 穢れの思想、ですね。
 このソン・ヨンジェという選手は元々、毀誉褒貶の激しい人物なのだそうですね。リオオリンピックで4位に入賞し、引退を表明。
 韓国では唐突に現れたキム・ヨナ、パク・テファンのような「突然変異」タイプのアスリートだったそうです。

 さて、チェ・スンシルの操り人形であった(愛人であったともされている)チャ・ウンテクの肝いりではじまったヌルプム体操というものがありまして。
 韓国のラジオ体操的なものとして浸透させようという話だったのですね。
 そのプロモーションにパク・クネも参加していて、ソン・ヨンジェら韓国の著名な体操選手もプロモーションに参加させられた、とのことです。
 それが2014年の末頃の話。
 この一連の動きの中に、文化事業利権をあさるチェ・スンシルの陰があったのではないかとされています。
 いわゆるチェ・スンシルによる国策介入事件が明らかになる2年以上前の話です。

 けっきょく、件のヌルプム体操なんて誰もやっていないというオチになったようですが、そのプロモーションに参加した体操選手は悪の烙印を貼られている、というのが今回の記事。
 なぜならチャ・ウンテクが主導した事業に参加したから。
 パク・クネやチェ・スンシルと袖すり合うようなことがあれば、すなわち悪。
 そして悪即斬。

 日本でもまだまだ「穢れ」や「言霊」に操られている部分が少なからずありますが、韓国のそれはウリとナム意識によって強化されているので質がなおのこと悪い……。
 ナムとして位置づけられた人物はそれを覆すことができず、パク・クネとその一党として扱われ続けるということでしょう。
 親日派(チニルパ)としてレッテル貼りされたらそれで人生終わり、という構造とダブって見えますね。

井沢元彦の最高作はこれではないかと思う。
穢れと茶碗 日本人は、なぜ軍隊が嫌いか (祥伝社黄金文庫)
井沢元彦
祥伝社
1999/2/20

チェ・スンシルの娘、送還決定も「絶対に帰らない、デンマークの最高裁まで争う」と宣言、最後は難民申請まであり?

デンマーク検察、チョン・ユラを韓国への送還決定……チョン・ユラ側「最高裁判所まで訴訟」(ソウル経済新聞・朝鮮語)
デンマーク検察がチョン・ユラ氏を韓国に送還することを決定した中でチョン氏の弁護士は、これを不服として裁判所に訴訟を提起すると明らかにした。

デンマーク検察は17日(現地時間)、「韓国検察で処罰受けるためにチョン氏を送還することを最終決定した」と明らかにした。
チョン氏は去る1月、デンマークオールボーから地元警察に逮捕され、後にデンマーク検察は、韓国側の要求に応じて送還するかどうかを検討してきた。モハマド・サン デンマーク検察庁次長検事は「韓国のチョンさん送還要求に対して徹底的に検討した結果、すべての要件がデンマークの送還法に準拠すると判断した」と述べた。

この日チョン氏の弁護を引き受けたピーター・マーティンブルリンケンベル弁護士は「今回の決定は、非常に政治的だと信じている」とし「韓国検察がチョン氏を通じて母親(チェスンシル)を圧迫しようとする懸念を持っている」と述べた。
続いて彼は「検察の送還決定に対して異議を申し立てをするということは、以前から決定していた」とし「私たちは、まず地方裁判所に訴訟を提起し、続けて高裁に行くだろう、可能であれば、最終的には最高裁判所まで行くだろう」と付け加えた。

ブルリンケンベル弁護士はいつ異議を提起するか、特定の日付を明らかにしなかった。チョン氏側は、今月21日までに裁判所に送還拒否訴訟を起こすことができる。
(引用ここまで)

 チェ・スンシルの娘であり、韓国の若年層にとってはスプーン階級論の象徴として憎悪の対象となっていたと言っても過言ではないチョン・ユラ。
 韓国で21世紀中は語り継がれるであろう名言、「親の金も実力のうちだ」を生み出した人物としても知られていますね。
 そのチョン・ユラ、海外逃亡していて20歳にしてすでに結婚、出産、離婚を経験しているそうです。

 今回、デンマーク検察から送還決定を知らされても、最高裁まで徹底的に粘るという宣言をしているのは息子がいるからでもあるとのこと。
 以前から韓国には帰らないと宣言してましたけどね。
 海外には1兆円ともされるチェ・スンシルの財産もありますし、なにより韓国に帰れば地獄が待っているのは間違いない。
 チェ・スンシルやパク・クネがどう扱われているか知っているでしょうから、最大限の抵抗をするでしょうよ。
 それよりなにより嘲笑の対象となるのが辛いでしょうね。「ダイヤモンドの匙」を持っていて受験でも学内でも他人を見下していたはずが、いまや韓国における最下級の人間ですから。

 ユ・ビョンオン(もはや懐かしいな。セウォル号の実質的オーナーです)の長女は3年前にフランスで逮捕されたのですが、いまだに韓国に送還されていません。
 最終的には政治難民の申請まであるのではないかとの話もあります。
 チュ・シンスではないですが「韓国に帰ったらなにもかも終わり」ですからね……。

この1冊で韓国問題丸わかり!Part.2―――やっぱりこの国はホントにおかしい【歴史通増刊】
ワック編集部
ワック
2016/11/4

韓国ろうそくデモ主催者「デモをやりすぎて借金1000万円できました」 → 支援者から寄付殺到であっという間に……

ろうそく集会の1千万円の借金に市民たちが8千万円寄付(ハンギョレ)
 ろうそく集会を主催する朴槿恵(パク・クネ)政権退陣のための非常国民行動(退陣行動)が、1億ウォン(約1千万円)の借金を抱えた事実が伝わり、市民たちが「ろうそく(集会)後援運動」を行い、8億8千万ウォン(約8800万円)を集めた。退陣行動は17日午後、ホームページ(bisang2016.net/b/notice/2178)に「1億ウォンの借金に対する市民後援への感謝メッセージ」を掲載し、このような結果を知らせた。

 退陣行動は「借金を抱えながらも、後援をお願いするのをためらっていた。お願いすれば集まると信じてはいたものの、お金に関する敏感な問題であるため、心配した」と切り出した。さらに、「借金を返せなければ、業者が負担を抱えることになるのが目に見えており、恐る恐る勇気を出してみたが、瞬く間に奇跡が起きた」と明らかにした。(中略)

 退陣行動によると、集会を1回開催するたびに、装備レンタル・設置などの費用で1億ウォンほどがかかるが、最近相次いだ集会で2億ウォン(約2千万円)を超える借金を背負うことになった。舞台設置会社8社で構成されたろうそく集会の舞台チームが、1億ウォンの舞台設置費用を後援する意向を示したが、それでも退陣行動には1億ウォンの借金が残る。

 このような事情は、退陣行動のパク・ジン共同状況室長が14日、「退陣行動の口座が赤字に転じた」という書き込みをフェイスブックに掲載したことで、外部に知られた。パク室長は「広場でなければ、集会の費用を用意できない状況だ。苦労した舞台チームに未収金を残すわけにはいかないが、赤字幅は1億ウォンを上回る。それも1億ウォン近い費用を舞台チームが後援してくれたにもかかわらずだ」とし、「再び市民の皆様にお願いするしかない」と書いた。このニュースが伝わると、市民が自発的に後援に参加し、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に(振り込みの)スクリーンショットを掲載した。
(引用ここまで)

 こんなのあと何ヶ月か待ってれば、ムン・ジェインが帳消しにしてくれたでしょうに。

 どう考えても次期政権とはずぶずぶの関係。共に民主党から依頼されてデモをやっていてもなんの驚きもない。
 次期政権で予算が組まれたって不思議がないくらいの団体ですからね。
 木村幹教授が「総連のスパイか!」とされて警察に突き出されたのだって、まったく故のない話ではないのですよ。
 木村教授が総連の回し者であるということではなく。
 太極旗デモ=保守派が「自分たちに敵対行動を取るのは北朝鮮からの工作員」であると考えるのは自然なことなのです。
 それが「日本から来た」と言い出せば、「総連のスパイ」と考えるのもいわば当然のことです。

 前回のろうそくデモであった2008年の牛肉デモも発生はともかく、北朝鮮が支援していたのは事実。
 パク・チェフンなる朝鮮大学の元副学部長は工作機関である225局の責任者であり、北朝鮮からの指令を受けて韓国の協力者に伝えていたことが判明しています。
 当時のイ・ミョンバク政権を打倒するために、北朝鮮は水面下で工作活動をしていたのです。

北朝鮮が日本国内から韓国内の工作員を操っていた! 明かされた情報機関「225局」活動の一端とは(産経新聞)

 前回がそうであれば、今回もそうであると考えるのは至極自然なことでしょう。
 ましてや、パク・政権を打倒することで最大の利益を得るのは共に民主党とムン・ジェイン。
 その政治傾向を考えれば……ね?

 あ、いや。
 ろうそくデモの主催者=北朝鮮の狗とは言っていませんよ。言っていませんからね。

工作員の話で抜群に面白かったのはこれでした。
「北朝鮮帰還」を阻止せよ―日本に潜入した韓国秘密工作隊―
城内康伸
新潮社
2013/1/18

パク・クネは本来、弾劾されるべきではなかった……韓国の国民情緒法で裁かれた結果

「儒教式法治」を極める韓国(日経ビジネスオンライン)
──「宣告がおかしい」という意見は、韓国紙の日本語版には見当たりません。

鈴置:韓国語版も同じです。保守、左派を問わず韓国紙は「朴槿恵下野」を要求してきましたから、自分たちの主張に沿った宣告に疑義は挟みません。ただ瞬間的にですが、宣告に首を傾げる法曹関係者の姿が垣間見られました。

 TV朝鮮の「<ニュースを撃つ> 弾劾審判 憲法裁判所の要旨…「容認」決定の争点は?」(3月10日、韓国語の動画)で、です。

 座談会の焦点は、大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏による「国政壟断事件」に関し、朴大統領が罷免されるに足る憲法・法律違反をしたか、でした。

 国会がそれ以外の訴追事由としてあげた言論の自由の侵害や、旅客船「セゥオル号」沈没の際の行動に関し、憲法裁判所は宣告の中で罷免するには当たらない、との判断を示したからです。

 この座談会で、ヨ・サンウォン弁護士(前・ソウル地裁副所長)とイ・サンギョン弁護士(前・憲法裁判所裁判官)の2人が大略、以下のように述べました。

憲法裁判所は罷免の理由に、国政壟断を許した職権乱用に加え、大統領が検察や特別検察の事情聴取を拒否したことをあげた。しかし、後者は弾劾訴追案には入っていない。訴追されていないことまで罷免の理由とするのはおかしい(それぞれ動画開始後8分20秒後と11分48秒後)。

──裁判官が、検察官が訴えていないことまで裁いてしまった、ということですね。

鈴置:その通りです。朴大統領の弁護団との間でかなりの諍いがあったので、憲法裁判所が感情的になってこのくだりを入れたのだろうとヨ・サンウォン弁護士は解説しています。 (中略)

鈴置:今回の宣告はまさに「情理」――韓国人の気分にのっとったものでした。8割近い人が「大統領を罷免しろ」と考えている。だったら憲法裁判所もそれに従うだろう――という空気の中での宣告でした。

 憲法裁判所としては、訴追案になくても「国民をバカにした罪」かなにかで、とにかく大統領をやっつける必要に迫られたのです。
(引用ここまで)

 鈴置氏のいつものコラム。
 うちもパク・クネの弾劾が成立した際に主文を読んで、頭の上にはてなマークがいくつも出たのですよ。
 要約すれば「事情聴取に応じなかった。つまり、憲法に従う意思を見せようとしなかった態度は大統領として失格である」としか読めなかったのですね。
 そもそもそんな話が国会での弾劾訴追案にあったかな、と。
 ただ、それに言及している韓国マスコミがどこもなかったので「翻訳の問題かなぁー」くらいに思っていたのですが。

 弾劾成立した日の夜にシンシアリーさんが解説していて、「ああ、やっぱり妙な主文だったのだな」ということは理解したのですが。
 どうもうまくエントリにならなかったので放置していたのですね。なにか書くにしても、シンシアリーさんを丸写しして終わりになりそうだったので、若干の違和感を抱きつつスルーしていました。 
 今回、鈴置氏はその原因を「儒教的法治に先祖返りしたからだ」と指摘しています。

 そして、そんな儒教的法治を敷いている韓国は、日本から見ればもはやモンゴルよりも遠い国なのだ……との指摘でとりあえず今回のコラムは締められています。
 基本的価値を共有していない国なのだ、と。

 膝を叩きましたね。頭の上に浮いていたはてなマークが破裂した感じです。
 本来であればパク・クネの「罪状」は弾劾が成立するようなものではなかったということは、憲法裁判所の判決が出る前に楽韓Webでも重ねて指摘していました。
 それでも憲法裁判所は保身のために弾劾を成立させるであろうという話をしていましたね。

 なんのこたぁない、いつもの韓国なのです。
 その強度が国民情緒法によって強化されたというだけの話だったのですね。ただ、その強化のされかたがもはや日本人にとっては違和感を抱くしかない、気持ち悪さを感じるレベルのものになっていたということでした。
 まあ、韓国にとってはターニングポイントになったであろうことは間違いないでしょうけどね。

SAPIO (サピオ) 2017年 4月号 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2017/03/04

【画像あり】光化門広場のゴミのようなテント村が慰安婦合意破棄とつながる理由とは?

【社説】光化門広場の醜悪な違法テント、今こそ撤去の時だ(朝鮮日報)
 キャンドル集会を主催した複数の団体は11日午後、ソウル市中心部の光化門広場で「キャンドル勝利集会」を開くなどまさにお祭り騒ぎだった。これらの団体はこの日をもってキャンドル集会をいったん終わることにしたが、これは言うまでもなく当然のことだ。彼らの願い通り大統領の弾劾が成立したのだから、今後集会を続ける理由はなくなった。しかし大統領の弾劾という国家的な不幸を「勝利」だとか「祝賀」などと口にする彼らの言動は思慮が浅いと言わざるを得ない。

 これらの団体は今なお光化門広場に残る70張り以上のテントを直ちに撤去しなければならない。光化門広場は今や巨大なテント村へと変貌してしまい、見る者をこれほど不快にするものもない。以前からあったセウォル号関連団体の14張りのテントに加え、11月以降は2−3人用のものから数十人が入れる大型のものまで、さまざまな種類のテントが出現し、それは今も残っている。難民キャンプでもないソウル都心が何というざまだろうか。テント周辺には「○○を刑務所にぶち込め」だとか「△△は□□の血を吸い取っている」など見るに耐えない言葉が書き連ねられている。

 また周辺には荒縄に縛られた朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、鄭夢九(チョン・モング)現代自動車グループ会長などの巨大な人形が設置され、その額には「拘束」と書かれた紙が貼られている。またその写真を鉄格子に入れた模型もある。崔順実(チェ・スンシル)事件だけでなく、裁判で解散させられた極左政党・統合進歩党問題、労使紛争、原子力や4大河川開発などに抗議する横断幕も掲げられている。これらはキャンドル集会の原因となった大統領の弾劾や崔順実(チェ・スンシル)問題などとは何の関係もない。またさまざまな落書きが書き込まれた使用済みの不潔な金属製食器が、芸術作品とでも言わんばかりに木に掛けられた不快な光景も目につく。

 国民の多数は弾劾を望んだが、彼らにこんなことをしてほしいとは考えていない。この光景は数カ月前から市民も観光客も不快に感じており、これ以上放置するわけにはいかない。今は誰もが日常に戻るべき時であり、セウォル号関連のテントも撤去すべきだ。
(引用ここまで)

 画像がないと分からない部分ですね。ざっくりと光化門広場はこんな感じになってます。

image

 鉄格子云々はこちら。
image

image
 これが記事中にいうところの「小さなテント」で、これが無数に設置されています。

 大きなテントに関しては以前の光化門広場レポートを見てくださいな。
 1月の段階でこうだったので、さらに進んでいるというか汚染されているというか。
 一応、光化門広場は韓国における観光スポットであるはずなのですが、いや見苦しいのなんの。

 そもそもはセウォル号遺族会がハンガーストライキをするとぶち上げて、「セウォル号事故の真実が明らかにされるまで抗議する」として居座りはじめたのです。
 その初日にちょうど居合わせて、「なんか異様な雰囲気だなぁ」と感じたことを覚えています。
 イルベ民が不法占拠のハンガーストライキに対抗して暴食デモなんてものをやったのもこの場所。

 というわけで、セウォル号遺族会やその支援団体だけがここに居座っていたのですが、それと政治的指向性を同じくする団体がろうそくデモをはじめたことでさらなる混沌が広場を包んでいるのですよ。
 ちなみにサムスン電子本社横にも同様に不法占拠のテントがあったりします。こちらは半導体工場で白血病になった従業員の遺族が居座っています。例の怪人像はその延長線上で設置されたものなのです。
 というような感じで韓国ではそういった「被害者が抗議する」という文化が定着しているのですよ。そして周囲もそれを許容する傾向にあります。たとえ不法であっても。
 たかりや先逃のように李氏朝鮮あたりの風習に由来している感触があるのですが、いまのところこれといってその描写を見つけられずにいます。慰安婦像の不法設置許容も同様の感触なので、絶対に先例というか風習的なものだと思うのですけどね。

 で、保守派=太極旗デモ=パク・クネ支派も同じようにソウル支庁前広場を不法に占拠しています。
 ソウル市長であるパク・ウォンスンは極左といってもいい人物で、保守派のテントだけは撤去させようと法的に働きかけているのですよ。
 自分たちの都合のいい時にだけ法律を恣意的に適用しようとしているのですね。
 法の下の平等とかまったくなし。
 ある意味で韓国を象徴する出来事になっているのです。
 韓国人にとって法律というものがどういう存在であるか、こういう部分から理解できるのですね。
 そりゃ「慰安婦合意」なんて蒸し返されるに決まってますわ。
 それが日本に通用するかどうかは別ですけどね。

動物農場−おとぎばなし (岩波文庫)
ジョージ・オーウェル
岩波書店
2009/7/16

韓国人「チェ・スンシル一族の財産300億円、時効は過ぎてるけど特別法で没収するぞ!」

朴槿惠・チェ・スンシルの財産300億円、還収可能性は?(ハンギョレ)
 朴槿恵(パク・クネ)35億ウォン1924万ウォン(約3億5千万円)、チェ・スンシル不動産228億ウォン(約22億7千万円)、チェ・スンシル一家2730億ウォン(約272億円)。朴前大統領とチェ・スンシル一家の財産だ。2人が裁判所で収賄疑惑と関連して有罪判決を受けるならば、財産の相当部分を追徴されるものと見られる。

 朴前大統領は就任以後の2013年からチェ氏が代納した服代3億8000万ウォン程度が収賄に該当する可能性があるが、これを捜査したパク・ヨンス特別検察官チームはチェ氏に対して贈賄疑惑を適用しなかった。今後、検察の捜査を通じて朴前大統領の犯罪収益が具体的に明らかになれば追徴の規模が決定されるものと見られる。 (中略)

 パク・ヨンス特別検察官チームによって2730億ウォン(約272億円)に及ぶと把握されたチェ氏一家の財産は、不法性がどこまで立証されるかにより還収金額が決定されると見られる。チェ氏と元配偶者など70人の財産は、不動産2230億ウォン(約222億円)、預金など金融資産500億ウォン(約50億円)だ。チェ氏の父親である故チェ・テミン氏は、1970年代から朴前大統領との縁を利用して、セマウム奉仕団、育英財団、嶺南学園などの資産を引き出したという疑惑を受けてきた。すでに控訴時効が過ぎており特別法制定などの手続きが必要で、検察捜査を通じて不法に取得したことが立証されなければならない。国政壟断事件発生以後、国会に提出された財産没収関連法案は10件余りに達する。
(引用ここまで・太字引用者)

 チェ・スンシルはすでに国外にその財産の大半を送金しているという話で、一説にはその額なんと1兆円超
 一部の韓国国内の不動産は売り払うことなく、急いで出国したとされています。
 急激に値下げしたのだけども、出国までの時間がなかったので現金化せずにそのままだったと、チェ・スンシル関連報道が激しかった頃に報じられていました。
 売れなかったのは江南地区の2億円規模のオフィスビルだったと記憶しているのですが、そのていどの金額であれば手にできなくてもどうでもいいようなものだったのかもしれませんね。

 しかし、公訴時効が過ぎているけど、特別法で没収する。
 ヴァントーズ法よりひどいわ……。
 対馬の仏像に関しての返還要求訴訟や、親日派の子孫に対して財産を没収する法律の存在を見ても、この「特別法」も韓国人の大半から認められて財産差し押さえとなるのでしょうね。


 どの「特別法」が自分の身に降りかかることはないと確信しているのでしょう。
 そんなこと誰にも分からないのにね。
 彼らがチェ・スンシルの財産を没収したとき、私は声を上げなかった。
 私は贈収賄罪を犯してなかったから……なんて詩を書かないで済むことを祈ってますよ。

SAPIO (サピオ) 2017年 4月号 [雑誌]
SAPIO編集部
小学館
2017/3/4

韓国で弾劾反対デモで死者、重体者が発生、報道陣からも怪我人……けっこうな混沌状態になっている模様

朴氏支持者2人死亡=警察と衝突、60人負傷−韓国(時事通信)
韓国の朴槿恵前大統領が罷免された10日、ソウルの憲法裁判所付近で朴氏支持者とみられる男性2人が倒れ、病院に搬送されたが、死亡した。また、消防当局によると、厳戒態勢を敷いた警察と朴氏派が衝突するなどし、60人が負傷した。

 韓国メディアによると、死亡したのは72歳と60歳の男性。2人の死因など詳細は不明。72歳の男性は憲法裁周辺の道路上で血を流して倒れていた。60歳の男性は周辺の駅地下で意識を失った状態で発見されたという。

 憲法裁付近では、弾劾に反対する集会参加者らが警察とにらみ合い。一部が「憲法裁を粉砕しよう」などと叫び、警察車両に突進し、バスを破壊。報道陣に鉄パイプのようなものを投げ付けたり、集団で殴りかかったりした。

 共同通信総務局によると、取材中の共同通信の韓国人男性カメラマン(53)が朴氏支持者とみられる複数の男から暴行を受け、頭部に全治2週間のけがをした。

 朴氏支持者と警察のもみ合いの様子を撮影していたところ、後方から投げ付けられた鉄パイプがカメラマンの顔面左側を直撃。さらに後ろから殴りかかられ、後頭部に血がにじむけがをしたという。
(引用ここまで)

 太極旗デモ参加者=パク・クネ支持派=保守派=高齢層っていうことがよく分かりますね。
 まあ、必ずしも高齢者というわけではないのですがメインの支持層は高齢者であることに間違いはないです。
 72歳の男性の死因は、最新の報道では「デモ参加者が警察車両を奪って、他の警察車両にぶつけた際にその車両のスピーカーが脱落し、男性の頭にぶつかった」というものだそうです。
 ……けっこうな混沌状態じゃないですか。
 60歳の男性の死因はまだ不明。
 その他に重体が2名。軽傷者が60名とのことです。

 判決前日に太極旗デモの主催者が「私はもう充分に生きた(ので、このデモで死んでもかまわない)」という趣旨のことを言っていましたが、何人かの人間にとっては実際の話になっていますね。
 逮捕者も出ているそうです。そりゃそうだ。
 もはや太極旗デモ参加者は捨て鉢気味。
 世の中でもっとも怖いのは、ひろゆきが言うところの「無敵の人」、すなわち持たざる者であるという話がありますが。
 それを地で行っている感じですね。

底辺の人間がゼロから金を稼ぐ方法
底辺
底辺
2013/1/17

パク・クネの弾劾が8-0という完全試合で成立した理由とは?

韓国憲法裁、朴大統領の罷免を決定(中央日報)
朴槿恵(パク・クネ)大統領が10日、罷免された。

憲法裁判所は10日午前11時に大審判廷で開かれた朴大統領審判事件の宣告裁判で、裁判官8人の全員一致で朴大統領の罷免を決定した。
(引用ここまで)

 ピックアップするニュースはどれでもよかったのですが、とりあえず時間で消えない中央日報のにしておきました。

 楽韓Webでの事前の予想通りに……というか大方の予想通りに弾劾が成立し、パク・クネは罷免となりました。
 判決言い渡しの途中、セウォル号事故に関しては「大統領の職務ではない」とまっとうな話も出ていたので「おや、これはもしかして弾劾なしになるのかな」とも思っていたのですが、チェ・スンシルによる国政介入事件になってからは風向きが変わりました。それも圧倒的に。
 事前に100%弾劾になるとまでの断言は難しかったのですが、確率としては90%以上であったのは間違いなかったのです。
 日本で報道されているニュースを見ているよりも、遙かにろうそくデモ側の勢いがあったのですよ。
 「ウリとナム」論でいえば、パク・クネはすでに究極のナムとなっていたわけです。誰もパク・クネをウリと認定していない状況ではどれほど法的に理があろうとも、韓国では終わっていたということになるのでしょう。

 あえて意外な点を挙げるとすれば、8-0という完封で罷免が決まったことくらいなものでしょうかね。
 少数意見として反対したいけれども、火中の栗を拾うまでにはいかなかった……という感じだと思われます。
 今回は特別にどの判事が賛成したのかを知らせ、かつテレビカメラが法廷に入って生中継するという異常事態でした。
 その圧力によってパク・クネによって任命されていたことからパク・クネ派ではないかとされていたふたりの判事も空気を読んで弾劾に賛成。
 彼らも「パク・クネはウリではない」というように断じたということです。

 終わってみれば「国民情緒法大勝利!」ですね。
 言うなれば韓国人は彼らの「名誉革命」を成し遂げたのですよ。
 問題はその後にどんな時代がやってくるか、ということなのですが。
 なお、楽韓Webでは「大分断時代」が訪れると予想しています。
 さてはて。

大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS [オンラインコード]
任天堂
2014/09/12

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
もやしもんがようやくKindleで解禁。純血のマリアもね。
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ